Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

IntelliJのTemplateを使おう

3b082ecdc2765f92251a27e8b5fdd7f4?s=47 Suwashimizu
November 15, 2018

 IntelliJのTemplateを使おう

IntelliJのテンプレート機能についてです

3b082ecdc2765f92251a27e8b5fdd7f4?s=128

Suwashimizu

November 15, 2018
Tweet

Transcript

  1. IntelliJのTemplateを使おう 俺の話を聞け!!LT⼤会 #12 suwashimizu

  2. kanegae Androidエンジニア ととお絵かきおじさん

  3. None
  4. IntelliJ JetBrains社が開発したIDE AndroidStudioはIntelliJをベースに開発されている

  5. IntelliJのテンプレートとは? • 複数のファイルを⾃動⽣成してくれる便利機能 • カスタムすることでボイラープレートを⾃動⽣成し てくれる • railsのscaffoldのようなイメージ

  6. メリット • CleanArchitectureを例にとって解説すると・・ • ファイルが多いので新規作成が⼿間→⼀括⽣成 • 命名の統⼀が図れる • importを予め記述することが出来る

  7. None
  8. None
  9. Ϟδϡʔϧ໊Λೖྗ

  10. ৽ن௥Ճ͞ΕͨϑΝΠϧ

  11. 使い⽅ Macの場合 以下に新規ディレクトリを作成 /Applications/Android Studio3.0.0.app/Contents/ plugins/android/lib/templates/activities/xxx

  12. 使い⽅ ファイル構成

  13. 使い⽅ 設定ファイル

  14. 使い⽅ ΢Οβʔυը໘ͷ ઃఆΛهड़͢Δ

  15. ೖྗ஋͕ม਺ DMBTT/BNF ͱͯ͠ ఆٛ͞ΕΔ

  16. 設定編 ը໘Λߏ੒͢Δ MBZPVUYNMϑΝΠϧ ͷ ೖྗݩͱ ग़ྗઌͷઃఆ

  17. 設定編 ςϯϓϨʔτ಺Ͱ࢖͏ ม਺ఆٛΛߦ͏ ಉ໊͡લ͸ม਺ఆٛͯ͠ UZQPΛ๷͝͏

  18. 変数定義 • globals.xml.ftlに変数を定義する • idが変数名 • valueが値 • 使⽤時は${変数名} •

    ${className}はウィザードで⼊⼒した値
  19. 変数が使える 複数出るものは変数として定義しよう

  20. 設定編 ιʔείʔυͷೖྗݩͱ ग़ྗઌͷઃఆ

  21. ソース編 KBWB΍LPUMJOͷιʔε ίʔυΛهड़͢Ε͹ ల։͞ΕΔ

  22. ͜͜ʂ

  23. globals.xml.ftlに変数を定義する *1SFTFOUFS/BNFͱ 1SFTFOUFS/BNFΛఆٛ ͦΕͧΕ *4JHO6Q1SFTFOUFS 4JHO6Q1SFTFOUFSͱͯ͠ ୅ೖ͞ΕΔ

  24. 記述⽅法

  25. 記述⽅法 IPresenter.kt.ftl SignUpPresenter.kt

  26. 記述⽅法 Presenter.kt.ftl SignUpPresenter.kt

  27. Presenterのベースが 出来た(๑•̀ㅂ•́)و✧

  28. 課題 エラーを吐かない / テストし⾟い →トライアル・アンド・エラー →git管理しよう →⼤量のファイルが出来るのでgit add . &

    git reset --hard HEAD が使える 構成が変わったりするのでメンテは必須 →がんばるぞい
  29. まとめ • プロジェクトが⾛り出して構成が固まってから作成 するのが吉 • デバッグが⾟いのである程度の時間は覚悟すべし • gitは神

  30. ご清聴 ありがとうございました