Introduction of creating Emacs Lisp Package

Introduction of creating Emacs Lisp Package

97296a20d14bf2a1d6285fbdf33f8279?s=128

Syohei YOSHIDA

April 09, 2015
Tweet

Transcript

  1. 4.

    ヘッダ / フッタ • 1 行目は ファイル名 --- 概要 概要は

    M-x list-packages Desription カラムに表示 される • 最終行は ;;; ファイル名 ends here
  2. 6.

    必要最低限の環境で動作するか • Cask を使おう (el-get でも可 ) – bundler 的なもの

    – 依存関係を記述 • cask exec emacs -Q -l my-package.el としてエラーが出なければ依存関係は適切 ( 特定の関数実行時にロードする場合は除く )
  3. 7.

    Cask ファイル例 ;; repository (source gnu) (source melpa) ;; read

    dependencies from helm-ag.el (package-file "helm-ag.el") (development (depends-on "ert") (depends-on "helm-projectile"))
  4. 8.

    バイトコンパイル • 変数名 , 関数名の typo の検知 • lexical-binding が有効だと未使用変数も指摘

    • deprecated, obsoleted な関数 , 変数の指摘 • バイトコンパイル時も cask exec emacs -Q
  5. 9.

    名前付け ( 関数 , マクロ , 変数 ) • Emacs

    には名前空間が一つしかない – 安易な名前は容易に衝突する • パッケージ名を各名前のプレフィックスに使う • 名前が長くなるが , 補完を使えば耐えられる – 重複するパッケージがないか事前に確認仕様 • melpa, el-get のレシピ名を確認