Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AI(人工知能)の過去・現在・未来―AIは人間を超えるのか―

 AI(人工知能)の過去・現在・未来―AIは人間を超えるのか―

2019年5月31日
中央大学 経友会(学員経済学会)講演会
於:駿河台記念館

Y-h. Taguchi

May 29, 2019
Tweet

More Decks by Y-h. Taguchi

Other Decks in Science

Transcript

  1. 1 AI(人工知能)の過去・現在・の過去・現在・未過去・現在・未来 ―AIは人間を超えるの人間を超えるのか―を超えるのか―超えるのか―えるの過去・現在・未か― 中央大学理工学部物理学科 田口善弘

  2. 2 AIをめぐる最近のを超えるのか―めぐる最近の話題の過去・現在・未話題..... グーグルのの過去・現在・未完全無人タクシー 完全無人タクシー、ついに運行を開ついに運行を開始運行を開始を超えるのか―開始(2019/12/6) https://youtu.be/bpI99o_xPNU 「この過去・現在・未タクシーは人間を超えるのアルのファベット(グーグルの)の過去・現在・傘下のウェイモの過去・現在・未ウェイモ (Waymo)の過去・現在・が保有する(アリ保有する(アリゾナする(アリゾナ州フェニックス州フェニックス郊フェニックス郊外)」郊外)の過去・現在・」

  3. 3 歩行を開始者たちを自動運転たちを超えるのか―自動運転車がどのように検が保有する(アリどの過去・現在・未ように運行を開始検知しているか https://youtu.be/Vu8gmFhiGko

  4. 4 Riding a Waymo self-driving taxi https://youtu.be/WBkgs4u5tW0

  5. 5 一方でで.... 「Googleの過去・現在・未AIの過去・現在・未トップは曰く、人工知は人間を超えるの曰く、人工知能とく、ついに運行を開人工知能という言葉 自体が間違っているが保有する(アリ間を超えるのか―違っている、誇大っている、ついに運行を開誇大宣伝を生む温床だ」を超えるのか―生む温床だ」む温床だ」温床だ」だ」」 Googleエンジニアリング部門のの過去・現在・未SVP John Giannandreaが保有する(アリ、ついに運行を開 TechCrunch Disrupt SFで、ついに運行を開人工知能に運行を開始関する優れた談話する優れた談話をれた談話を超えるのか―

    語った。とくに彼った。とくに運行を開始彼は、人びとは汎は人間を超えるの、ついに運行を開人びとは人間を超えるの汎用の人工知能に対の過去・現在・未人工知能に運行を開始対して心配しして心配しし すぎだ」、ついに運行を開と考えている。えている。
  6. 6 今日は、いわゆるAは人間を超えるの、ついに運行を開いわゆるAIをめぐる最近のとは人間を超えるのどういうもの過去・現在・未で、ついに運行を開 何ができて何がでが保有する(アリできて何ができて何がでが保有する(アリできなくて、ついに運行を開将来我々のの過去・現在・未 生む温床だ」活にどういう影響に運行を開始どういう影響があるかというが保有する(アリあるかということ を超えるのか―説明してみたい。してみたい。

  7. 7 AIをめぐる最近の(機械学習)の過去・現在・が保有する(アリできること ◦画像から物体認識から物体認識物体が間違っている認識 https://pjreddie.com/darknet/yolo/ Y You o only l look

    o once (YOLO YOLO) 非常に高速な物体認に運行を開始高速な物体認識ソフな物体が間違っている認識ソフト。 動画の過去・現在・未リアルのタイム認識が可能にな認識が保有する(アリ可能に運行を開始なった (動画は人間を超えるの一秒間を超えるのか―30コマ程度)。コマ程度)。程度)の過去・現在・。
  8. 8 言語った。とくに彼の過去・現在・未処理に運行を開始も機械学習 機械学習は人間を超えるの使われている。われている。 例えば、機械翻訳えば、ついに運行を開機械翻訳の分野の過去・現在・未分野...。

  9. 9 ◦google翻訳の分野(https://translate.google.co.jp)の過去・現在・ 日は、いわゆるA本語った。とくに彼: 日は、いわゆるA本語った。とくに彼: 「あの過去・現在・未日は、いわゆるA、ついに運行を開駅で『行ってきまで『行ってきます』行を開始ってきます』って笑顔で言ってくれで言ってくれ たよね。あの過去・現在・未笑顔で言ってくれが保有する(アリ最後だった。もうおだ」った。もうお話しできない話しできない んだ」ね」。大阪・付属池田小事件(20コマ程度)。0コマ程度)。1年)の過去・現在・で亡くく なった小2女児、ついに運行を開山下のウェイモ玲奈さんの遺族が翌さんの過去・現在・未遺族が翌年、そんなが保有する(アリ翌年、ついに運行を開そんな 手記を本紙に寄せたを超えるのか―本紙に寄せた。に運行を開始寄せた。せた。 (20コマ程度)。19年5月29日は、いわゆるA「天声人語った。とくに彼」冒頭)の過去・現在・

    英訳の分野: 英訳の分野: "On that day, you said" I will go "at the station with a smile. That smile was the last. I can not talk anymore." A small second girl who died in the attached Ikeda small incident in Osaka, 2001, and the bereaved of Ms. Reina Yamashita sent such notes to this paper the following year.
  10. 10 ◦AlphaZero 囲碁、ついに運行を開将棋、ついに運行を開チェス郊外)」などの過去・現在・未1対して心配し1の過去・現在・未盤面対して心配し戦ゲームのゲーム認識が可能になの過去・現在・未 汎用の人工知能に対ソフト 汎用の人工知能に対ソフト。 自己対して心配し決(一人将棋、ついに運行を開ということ)の過去・現在・だ」けで、ついに運行を開ルのールの以 外、ついに運行を開誰にも全く教えてに運行を開始も全く教えてもらわずえてもら物体認識わず......。 成果1.  学習時間を超えるのか―3時間を超えるのか―で最強チェスソフトにチェス郊外)」ソフトに運行を開始 勝つ強さに。つ強チェスソフトにさに運行を開始。

  11. 11 成果2.  学習時間を超えるのか―8時間を超えるのか―で既存最強チェスソフトに囲碁ソフト (人間を超えるのか―の過去・現在・未チャンピオンに運行を開始勝つ強さに。った)の過去・現在・と10コマ程度)。0コマ程度)。戦ゲームの60コマ程度)。勝つ強さに。 40コマ程度)。敗と勝ち越し。と勝つ強さに。ち越し。し。

  12. 12 もは人間を超えるのや誰かに教えても誰にも全く教えてかに運行を開始教えてもらわずえてもら物体認識うの過去・現在・未じゃなく自分で 勝つ強さに。ち方でを超えるのか―発見できる! できる!  しかも、ついに運行を開ゲーム認識が可能になルのールのに運行を開始依らない汎用性ら物体認識ない汎用の人工知能に対性 ゲーム認識が可能になルのールのに運行を開始依らない汎用性ら物体認識ない汎用の人工知能に対性が保有する(アリ ある....。 成果3. (学習時間を超えるのか―不明してみたい。)の過去・現在・最強チェスソフトに将棋ソフト (もちろん、ついに運行を開羽生む温床だ」さんよりもは人間を超えるのや誰かに教えても強チェスソフトに いです)の過去・現在・と10コマ程度)。0コマ程度)。戦ゲームのして90コマ程度)。勝つ強さに。。

  13. 13 それでは人間を超えるの、ついに運行を開なんでAIをめぐる最近の(機械学習 機械学習)の過去・現在・は人間を超えるのこういう今 までは人間を超えるの難しかったことがしかったことが保有する(アリ急にできるようにに運行を開始できるように運行を開始なっ たの過去・現在・未か、ついに運行を開最近の話題の過去・現在・未AIをめぐる最近のと大昔やちょっと昔のや誰かに教えてもちょっと昔やちょっと昔のの過去・現在・未AIをめぐる最近のは人間を超えるの 何ができて何がでが保有する(アリ違っている、誇大うの過去・現在・未か、ついに運行を開ということから物体認識説明してみたい。したい。

  14. 14 いわゆる元々のの過去・現在・未AIをめぐる最近の: いわゆる元々のの過去・現在・未AIをめぐる最近の: 人間を超えるのか―の過去・現在・未思考えている。を超えるのか―プは曰く、人工知ログラミングで実現する。 例えば、機械翻訳:将棋ソフト ①まず、ついに運行を開ある盤面に運行を開始対して心配しして可能な次の一手をの過去・現在・未一手を超えるのか―  全部考えている。えさせる。 ②次の一手をに運行を開始、ついに運行を開人間を超えるのか―が保有する(アリ「見できる! 込みのなさそうなみの過去・現在・未なさそうな手」を超えるのか―判断し、し、ついに運行を開  候補から削除する。から物体認識削除する。する。 ③残った候補手の次った候補から削除する。手の過去・現在・未次の一手をの過去・現在・未一手を超えるのか―考えている。える。②を超えるのか―繰り返す。り返す。す。

    ④なるべく先の手まで考えての過去・現在・未手まで考えている。えてから物体認識最善手を超えるのか―選んでんで  コンピュータが保有する(アリ指す。す。
  15. 15 この過去・現在・未様なやり方の利点なや誰かに教えてもり方での過去・現在・未利点: この過去・現在・未様なやり方の利点なや誰かに教えてもり方での過去・現在・未利点: コンピュータが保有する(アリ「なぜ、ついに運行を開その過去・現在・未手を超えるのか―指す。したか」を超えるのか―人間を超えるのか― は人間を超えるの完全理解できる。できる。 この過去・現在・未様なやり方の利点なや誰かに教えてもり方での過去・現在・未欠点: この過去・現在・未様なやり方の利点なや誰かに教えてもり方での過去・現在・未欠点: 考えている。えなくては人間を超えるのいけない手の過去・現在・未候補から削除する。数があっという間が保有する(アリあっという間を超えるのか― に運行を開始膨大な数があっという間に運行を開始なる。 → 仮に一手当たり1に運行を開始一手当たり10通りのたり10コマ程度)。通りの「良さそうりの過去・現在・未「良さそうな手」がさそうな手」が保有する(アリ

    あったとする。10コマ程度)。手先の手まで考えて(自分が保有する(アリ5手、ついに運行を開相手が保有する(アリ5手)の過去・現在・ま で考えている。えると10コマ程度)。10コマ程度)。=10コマ程度)。0コマ程度)。億通りの「良さそうりの過去・現在・未手を超えるのか―考えている。えないとい けない。
  16. 16 1 1 2 3 4 5 6 7 8

    9 10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1 10 100 1000 10000 1010=100億 ・・・・・・
  17. 17 コンピュータ:GHz=10コマ程度)。億回/秒。 10コマ程度)。0コマ程度)。億/10コマ程度)。億=10コマ程度)。秒 (もちろん、ついに運行を開上記を本紙に寄せた「一回」でできることは人間を超えるの「1と0コマ程度)。を超えるのか― 足す」みたいな演す」みたいな演算なので「一回」なの過去・現在・未で「一回」で「一手の過去・現在・未 良さそうな手」がし悪し」を判断するし」を超えるのか―判断し、するの過去・現在・未は人間を超えるの到底無理である)の過去・現在・ 将棋:早指す。し=持ち時間切れたらち時間を超えるのか―切れたら30秒/れたら物体認識30コマ程度)。秒/一手 時間を超えるのか―が保有する(アリ全然間を超えるのか―に運行を開始合わないわない....。

  18. 18 そこで.... 機械学習 従来の過去・現在・未AIをめぐる最近のと機械学習の過去・現在・未違っている、誇大い。 機械学習  =「正解できる。」を超えるのか―たくさん持ち時間切れたらってきて学習する。 コンピュータ将棋:Bonanzaの過去・現在・未登場(20コマ程度)。0コマ程度)。6年)の過去・現在・ 製作者たちを自動運転は人間を超えるの日は、いわゆるA本人の過去・現在・未化学者たちを自動運転 (将棋は人間を超えるの素人)の過去・現在・。

  19. 19 特徴: 特徴: ・過去の過去・現在・未六万局の棋譜データをの過去・現在・未棋譜データを探索。データを超えるのか―探索。 ・「現在の過去・現在・未局の棋譜データを面」に運行を開始「似たもの」を探したもの過去・現在・未」を超えるのか―探して次の一手をの過去・現在・未手 を超えるのか―考えている。える、ついに運行を開を超えるのか―なるべく先の手まで考えての過去・現在・未手まで考えている。える。 ・一番得点が保有する(アリ高い手を超えるのか―指す。す。 ①手の過去・現在・未良さそうな手」がし悪し」を判断するしの過去・現在・未判断し、は人間を超えるの人間を超えるのか―が保有する(アリしない 人間を超えるのか―が保有する(アリしない ②「似たもの」を探したもの過去・現在・未」の過去・現在・未定義はは人間を超えるの人間を超えるのか―が保有する(アリする。

    人間を超えるのか―が保有する(アリする。  →従来AIをめぐる最近の型の将棋ソフトにの過去・現在・未将棋ソフトに運行を開始バカ勝ちした。勝つ強さに。ちした。
  20. 20 人間を超えるのか―が保有する(アリ考えている。えるよりデータに運行を開始学ぶほうが保有する(アリ良さそうな手」がい 場合わないが保有する(アリある! (過去の過去・現在・未棋譜データを探索。は人間を超えるのプは曰く、人工知ロ棋士のものなので「の過去・現在・未もの過去・現在・未なの過去・現在・未で「良さそうな手」が い手=正解できる。」が保有する(アリ多いと期待できたいと期待できた)できた)の過去・現在・ → しかし、ついに運行を開「何ができて何がでが保有する(アリ似たもの」を探しているか」は人間を超えるの人間を超えるのか―が保有する(アリ考えている。 人間を超えるのか―が保有する(アリ考えている。 えていた。 えていた。 → 最新のAI=機械学の過去・現在・未AIをめぐる最近の=機械学習では人間を超えるの「何ができて何がでが保有する(アリ似たもの」を探してい

    るか」もコンピュータが保有する(アリ決めている。 コンピュータが保有する(アリ決めている。
  21. 21 ①適当たり10通りのに運行を開始「似たもの」を探している」 という基準を作る。を超えるのか―作る。 ②「似たもの」を探している」という基準を作る。を超えるのか― ランダム認識が可能になに運行を開始ちょっと変更 対して心配し戦ゲームの 勝つ強さに。 負 またちょっと変える ↓

    対して心配し局の棋譜データをさせる ↓ 良さそうな手」がかった方でを超えるのか―採用の人工知能に対 十分強チェスソフトにくなるまで 「似たもの」を探している」の過去・現在・未基準を作る。 を超えるのか―更新のAI=機械学し続けるける 過去の過去・現在・未棋譜データを探索。
  22. 22 こうや誰かに教えてもって「似たもの」を探している」という 基準を作る。を超えるのか―「より強チェスソフトにくなる」ように運行を開始 自動的に変えることでに運行を開始変えることで人間を超えるのか― 人間を超えるのか― が保有する(アリ考えている。えなくて良さそうな手」がくする が保有する(アリ考えている。えなくて良さそうな手」がくする。 同じ発想でいろんじ発想でいろんなことでいろんなことが保有する(アリ可能に運行を開始なる。

  23. 23 画像から物体認識から物体認識の過去・現在・未物体が間違っている認識の過去・現在・未場合わない 人物 学習 人物

  24. 24 機械翻訳の分野 This is a pen. これは人間を超えるのペンです 学習 This is

    a pencil. これは人間を超えるの鉛筆ですです
  25. 25 AlphaZero:自己対して心配し戦ゲームの “Mastering the game of Go without human knowledge”

    Nature volume 550, pages 354–359 (19 October 2017) 更に運行を開始進んで「過去のデんで「過去の過去・現在・未データ」さえ用の人工知能に対いない......。 →「過去の過去・現在・未棋譜データを探索。」は人間を超えるの自己対して心配し戦ゲームの 自己対して心配し戦ゲームので作る
  26. 26 +「似たもの」を探していること」の過去・現在・未基準を作る。A セット1:ランダム認識が可能にな作成 棋譜データを探索。A +「似たもの」を探していること」の過去・現在・未基準を作る。B セット2:ランダム認識が可能にな作成 棋譜データを探索。B 自己対して心配し戦ゲームの⇕ 自己対して心配し戦ゲームの⇕ +「似たもの」を探していること」の過去・現在・未基準を作る。B’

    セット3:セット2を超えるのか―ちょっと変えて作成 棋譜データを探索。B’ ⇑棋譜データを探索。Bから物体認識ちょっと変更 ⇑「似たもの」を探していること」の過去・現在・未基準を作る。B から物体認識ちょっと変更 自己対して心配し戦ゲームの⇕ 自己対して心配し戦ゲームの⇕
  27. 27 セット(旧)の過去・現在・ セット(新のAI=機械学)の過去・現在・ 作成 対して心配し戦ゲームの セット(新のAI=機械学)の過去・現在・勝つ強さに。利! セット(旧)の過去・現在・→消去 セット(新のAI=機械学)の過去・現在・→セット(旧)の過去・現在・ YES YES

    NO NO セット(新のAI=機械学)の過去・現在・→消去 これを超えるのか―十分強チェスソフトにくなるまでひたすら物体認識繰り返す。り返す。す これを超えるのか―十分強チェスソフトにくなるまでひたすら物体認識繰り返す。り返す。す 棋譜データを探索。+「似たもの」を探している」の過去・現在・未ルのールの 過去の過去・現在・未棋譜データを探索。不要!
  28. 28 最近の話題、ついに運行を開AIをめぐる最近のと呼ばれている機械ばれている機械学習が保有する(アリなぜ今までは人間を超えるの なぜ今までは人間を超えるの できなかったことが保有する(アリできていろんなことが保有する(アリ可能に運行を開始 できなかったことが保有する(アリできていろんなことが保有する(アリ可能に運行を開始 なったの過去・現在・未か なったの過去・現在・未かの過去・現在・未基本は人間を超えるの 「データから物体認識何ができて何がでかを超えるのか―出す(画像の中のす(画像から物体認識の過去・現在・未中の過去・現在・未物体が間違っているの過去・現在・未認識、ついに運行を開 日は、いわゆるA本語った。とくに彼を超えるのか―英語った。とくに彼に運行を開始翻訳の分野する、ついに運行を開将棋・囲碁・チェス郊外)」で勝つ強さに。 つ)の過去・現在・は人間を超えるの、ついに運行を開たくさんの過去・現在・未

    データ ⇔ 正解できる。 の過去・現在・未組から「自動的にから物体認識「自動的に変えることでに運行を開始」学習する方でが保有する(アリ人間を超えるのか―が保有する(アリ考えている。える 人間を超えるのか―が保有する(アリ考えている。える よりも高性能が保有する(アリでる よりも高性能が保有する(アリでる」 という事実の過去・現在・未発見できる! に運行を開始ある。
  29. 29 …..が保有する(アリ、ついに運行を開これでは人間を超えるのいくら物体認識なんでも具体が間違っている的に変えることで なことが保有する(アリわから物体認識ないの過去・現在・未ですごく簡単なな 例えば、機械翻訳で「機械学習 機械学習」を超えるのか―体が間違っている験する。する。

  30. 30 3 9 3 2 2 7 5 3 1

    9 5 9 5 8 4 5 2 10 5 7 7 9 1 7 7 1 3 4 5 7 2 8 6 1 2 5 1 5 1 2 4 8 7 2 1 10 4 7 4 7 5 6 9 4 6 4 10 4 2 5 10 10 3 7 10 8 7 6 10 6 6 3 7 9 4 10 10 7 7 9 10 10 5 9 5 9 9 1010 10 10 9 2 6 5 8 9 1 8 1 2393 2393 左の100個の数の過去・現在・未10コマ程度)。0コマ程度)。個の数の過去・現在・未数があっという間 字から右の4桁から物体認識右の4桁の過去・現在・未4桁 が保有する(アリ作ら物体認識れている。 どういうルのールので しょう? 4番目の数字の100の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁の過去・現在・未10コマ程度)。0コマ程度)。0コマ程度)。倍 +3番目の数字の100の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁の過去・現在・未10コマ程度)。0コマ程度)。倍 +2番めの過去・現在・未数があっという間字から右の4桁の過去・現在・未10コマ程度)。倍 +1番目の数字の100の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁 データ 答ええ データと答ええの過去・現在・未組から「自動的にから物体認識学習してデータが保有する(アリ与えられえら物体認識れ たら物体認識答ええを超えるのか―作れるように運行を開始なれるか?
  31. 31 「10コマ程度)。0コマ程度)。個の数の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁の過去・現在・未内の何個かをそれの過去・現在・未何ができて何がで個の数かを超えるのか―それぞれ何ができて何がで倍 かして答ええを超えるのか―作っているが保有する(アリ、ついに運行を開それは人間を超えるの何ができて何がで番目の数字の100の過去・現在・未数があっという間 字から右の4桁でそれぞれ何ができて何がで倍に運行を開始しているの過去・現在・未か?」 という問題なら物体認識、ついに運行を開「データと答ええの過去・現在・未組から「自動的に」が保有する(アリ10コマ程度)。0コマ程度)。個の数 あれば 連立一次の一手を方で程式 の過去・現在・未方で法で解ける。で解できる。ける。

  32. 32 1 10 100 1000 予測 正 解できる。 何ができて何がで番目の数字の100の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁を超えるのか― 何ができて何がで倍するか?

    連立一次の一手を方で程式 答ええ
  33. 33 しかし、ついに運行を開機械学習は人間を超えるのその過去・現在・未方で法で解ける。を超えるのか―知 ら物体認識なくてもこの過去・現在・未問題を超えるのか―解できる。ける (そして、ついに運行を開解できる。法で解ける。が保有する(アリわから物体認識ない問題 を超えるのか―強チェスソフトに引に解くことがでに運行を開始解できる。くことが保有する(アリできるの過去・現在・未が保有する(アリ機 械学習の過去・現在・未方で法で解ける。)の過去・現在・。

  34. 34 (従来型の将棋ソフトにの過去・現在・未)の過去・現在・機械学習の過去・現在・未方で法で解ける。 (従来型の将棋ソフトにの過去・現在・未)の過去・現在・機械学習の過去・現在・未方で法で解ける。 「適当たり10通りのな数があっという間字から右の4桁に運行を開始適当たり10通りのな数があっという間を超えるのか―かけて足す」みたいな演す」と仮に一手当たり1定 (例えば、機械翻訳えば、ついに運行を開1,5,7,9番目の数字の100の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁を超えるのか―6倍、ついに運行を開8倍、ついに運行を開9倍、ついに運行を開 2倍して足す」みたいな演す)の過去・現在・ ↓ 多いと期待できた数があっという間の過去・現在・未「データと答ええの過去・現在・未組から「自動的に」に運行を開始試す。す。 ↓ 当たり10通りの然、ついに運行を開全然合わないわない。

    ↓ 「仮に一手当たり1定」を超えるのか―ちょっと変えて試す。す。 ↓ もし、ついに運行を開一致度が保有する(アリ上が保有する(アリったら物体認識採用の人工知能に対。 ダメだったら他の仮だ」ったら物体認識他の仮定を試す。の過去・現在・未仮に一手当たり1定を超えるのか―試す。す。
  35. 35 →こんな稚拙なやり方でもたなや誰かに教えてもり方ででもたくさんの過去・現在・未組から「自動的に (例えば、機械翻訳えば1万組から「自動的に)の過去・現在・と長い計算時間があい計算なので「一回」時間を超えるのか―が保有する(アリあれ ば答ええに運行を開始達することが可能することが保有する(アリ可能。 →これだ」とまだ」「何ができて何がでが保有する(アリいいか」を超えるのか―人間を超えるのか―が保有する(アリ 仮に一手当たり1定しているレベルの。

  36. 36 何ができて何がで番目の数字の100の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁を超えるのか― 何ができて何がで倍するか? 予測 正 解できる。 答ええ 3.46 -10.01 79.75

    824.66 従来型の将棋ソフトに機械学習:データの過去・現在・未組から「自動的に:100組から「自動的に、ついに運行を開繰り返す。り返す。し数があっという間:100回
  37. 37 従来型の将棋ソフトに機械学習:データの過去・現在・未組から「自動的に:一万組から「自動的に、ついに運行を開繰り返す。り返す。し数があっという間:100回 何ができて何がで番目の数字の100の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁を超えるのか― 何ができて何がで倍するか? 予測 正 解できる。 答ええ -1.89 11.06

    95.15 997.81
  38. 38 従来型の将棋ソフトに機械学習:データの過去・現在・未組から「自動的に:一万組から「自動的に、ついに運行を開繰り返す。り返す。し数があっという間:200回 何ができて何がで番目の数字の100の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁を超えるのか― 何ができて何がで倍するか? 予測 正 解できる。 答ええ 1.00 9.99

    100.00 1000.00
  39. 39 つまり.... 従来型の将棋ソフトにの過去・現在・未AIをめぐる最近の 従来型の将棋ソフトにの過去・現在・未AIをめぐる最近の(ちゃんと理由がわかっているが保有する(アリわかっている=連立 一次の一手を方で程式)の過去・現在・と同じ発想でいろんじ性能を超えるのか―従来型の将棋ソフトにの過去・現在・未機械学習 従来型の将棋ソフトにの過去・現在・未機械学習(数があっという間 字から右の4桁と倍率を適当に選んでを超えるのか―適当たり10通りのに運行を開始選んでんで合わないうまで繰り返す。り返す。す)の過去・現在・でも 出す(画像の中のせるが保有する(アリ「データと正解できる。の過去・現在・未数があっという間」が保有する(アリ10コマ程度)。0コマ程度)。倍必要。 当たり10通りの然、ついに運行を開計算なので「一回」時間を超えるのか―もメだったら他の仮モリーも膨大に運行を開始必要。

  40. 40 (最新のAI=機械学の過去・現在・未)の過去・現在・機械学習の過去・現在・未方で法で解ける。=深層学習 深層学習 「10コマ程度)。0コマ程度)。個の数の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁の過去・現在・未内の何個かをそれの過去・現在・未何ができて何がで個の数かを超えるのか―それぞれ何ができて何がで倍かし て答ええを超えるのか―作っている」 が保有する(アリ正しくないと従来型の将棋ソフトには人間を超えるの正解できる。できない。 ↓ 例えば、機械翻訳えば、ついに運行を開本当たり10通りのは人間を超えるの 「10コマ程度)。0コマ程度)。個の数の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁の過去・現在・未内の何個かをそれの過去・現在・未何ができて何がで個の数かを超えるのか―それぞれ二乗してして 二乗してして

    から物体認識 から物体認識何ができて何がで倍かして答ええを超えるのか―作っている」 が保有する(アリ本当たり10通りのの過去・現在・未答えだ」ったら物体認識いくら物体認識頑張っても正解不可っても正解できる。不可能。
  41. 41 →人間を超えるのか―が保有する(アリ基準を作る。を超えるのか―決めない方で法で解ける。なら物体認識これが保有する(アリ可能。 →それが保有する(アリ深層学習 深層学習。画像から物体認識の過去・現在・未中の過去・現在・未物体が間違っている認識も、ついに運行を開 機械翻訳の分野も、ついに運行を開囲碁・将棋・チェス郊外)」の過去・現在・未汎用の人工知能に対対して心配し戦ゲームのプは曰く、人工知ロ グラム認識が可能になも、ついに運行を開全部この過去・現在・未深層学習を超えるのか―使われている。っている。 →今回の過去・現在・未問題の過去・現在・未場合わない、ついに運行を開「データと答ええの過去・現在・未組から「自動的に」が保有する(アリ 10コマ程度)。万個の数あればほぼ正解できた。正解できる。できた。

  42. 42 ´104 予測 正 解できる。 答ええ 深層学習 深層学習:データの過去・現在・未組から「自動的に:十万組から「自動的に、ついに運行を開繰り返す。り返す。し数があっという間:十万回 誤 差

    繰り返す。り返す。し数があっという間 7万回 最終誤差:3% 最終誤差:3%
  43. 43 なんで急にできるようにに運行を開始最近の話題、ついに運行を開できるように運行を開始なったの過去・現在・未か? 昔やちょっと昔のは人間を超えるの「十分なデータの過去・現在・未数があっという間」が保有する(アリ準を作る。備できなかった。できなかった。 10コマ程度)。0コマ程度)。個の数の過去・現在・未数があっという間字から右の4桁から物体認識正解できる。を超えるのか―当たり10通りのてる、ついに運行を開という場合わないも、ついに運行を開 解できる。法で解ける。既知(連立一次の一手を方で程式)の過去・現在・従来の過去・現在・未AIをめぐる最近の:10コマ程度)。0コマ程度)。組から「自動的に ルのールの(数があっという間字から右の4桁を超えるのか―選んでんで何ができて何がで倍化して足す」みたいな演す)の過去・現在・を超えるのか―与えられえ た機械学習:一万組から「自動的に ルのールのを超えるのか―与えられえない機械学習:十万組から「自動的に →計算なので「一回」機が保有する(アリ高速な物体認識ソフ化してこんな数があっという間でも扱えるようえるよう に運行を開始なった。

  44. 44 AIをめぐる最近の(機械学習)の過去・現在・の過去・現在・未発展・普及で起きることで起きることきること AIをめぐる最近の(機械学習)の過去・現在・の過去・現在・未発展・普及で起きることで起きることきること 事例えば、機械翻訳1:自動運転での過去・現在・未事故 事例えば、機械翻訳1:自動運転での過去・現在・未事故 あなたの過去・現在・未かわいい4歳のお孫さんが自の過去・現在・未お話しできない孫さんが自動運転さんが保有する(アリ自動運転車がどのように検に運行を開始 轢き殺される。調き殺される。調査のされる。調査の結果、「4才の過去・現在・未結果、ついに運行を開「4才の子供が赤い服の過去・現在・未子供が赤い服が保有する(アリ赤い服い服 を超えるのか―来て前方で32度から物体認識近の話題づいた場合わない人間を超えるのか―と認識で きない」という非常に高速な物体認に運行を開始まれな事例えば、機械翻訳(3%の過去・現在・未誤差)の過去・現在・の過去・現在・未 せいと解できる。る(10コマ程度)。0コマ程度)。%再現性あり)の過去・現在・。

    「この過去・現在・未度は人間を超えるのご愁傷さまです。ですさまです。ですが保有する(アリ、ついに運行を開誤差は人間を超えるのゼロに運行を開始 は人間を超えるのできません。自動運転車がどのように検の過去・現在・未導入で死亡事故は半で死亡く事故は人間を超えるの半 減しています。おしています。お話しできない孫さんが自動運転さんの過去・現在・未犠牲は不可抗力でしは人間を超えるの不可抗力でした」でした」 → 論理的に変えることでに運行を開始は人間を超えるの正しい。しかし、ついに運行を開納得できるか?
  45. 45 事例えば、機械翻訳2:ガン保険加入で死亡事故は半拒否 事例えば、機械翻訳2:ガン保険加入で死亡事故は半拒否 あなたの過去・現在・未お話しできない父さんががん保険さんが保有する(アリが保有する(アリん保険に運行を開始加入で死亡事故は半しようとしたと ころ「AIをめぐる最近のに運行を開始よる検査の結果、「4才の過去・現在・未結果、ついに運行を開遺伝を生む温床だ」子と生む温床だ」活にどういう影響習慣からから物体認識 が保有する(アリんに運行を開始なる可能性が保有する(アリ高いの過去・現在・未で加入で死亡事故は半は人間を超えるのお話しできない断し、りします」 予想でいろんなこと通りの「良さそうり癌になる。に運行を開始なる。 「よい治療がありますが、が保有する(アリありますが保有する(アリ、ついに運行を開保険が保有する(アリ効かないので高額かないの過去・現在・未で高額 です」 が保有する(アリん保険に運行を開始入で死亡事故は半れなかった父さんががん保険親は死亡。は人間を超えるの死亡く。

    →高リス郊外)」クの過去・現在・未被保険者たちを自動運転を超えるのか―排除する。するの過去・現在・未は人間を超えるの保険の過去・現在・未経営 的に変えることでに運行を開始は人間を超えるの合わない理的に変えることでで保険料も下がるので一も下のウェイモが保有する(アリるの過去・現在・未で一般加入で死亡事故は半者たちを自動運転に運行を開始 も大きな利益なる。でも、納なる。でも、ついに運行を開納得できる?
  46. 46 保険審査の結果、「4才に運行を開始遺伝を生む温床だ」情報使われている。わず 差別懸念に対応、に運行を開始対して心配し応、ついに運行を開 生む温床だ」保協会が指針策定へが保有する(アリ指す。針策定へ(2019.4.9)の過去・現在・ 国内の何個かをそれの過去・現在・未生む温床だ」保各社が加盟する生命が保有する(アリ加盟する生命保険協する生む温床だ」命保険協会が指針策定へが保有する(アリ、ついに運行を開保 険の過去・現在・未加入で死亡事故は半や誰かに教えても支払いなどの審査のいなどの過去・現在・未審査の結果、「4才の過去・現在・未際に遺伝子検に運行を開始遺伝を生む温床だ」子検 査の結果、「4才結果の過去・現在・未収集や利用はしないや誰かに教えても利用の人工知能に対は人間を超えるのしないとの過去・現在・未見できる! 解できる。を超えるのか―明してみたい。記を本紙に寄せたし た指す。針を超えるのか―策定することが保有する(アリ8日は、いわゆるAまでに運行を開始分かった。 が保有する(アリんの過去・現在・未治療がありますが、や誰かに教えても予防目の数字の100的に変えることでで検査の結果、「4才が保有する(アリ増える中、結果える中、ついに運行を開結果 に運行を開始よって加入で死亡事故は半や誰かに教えても支払いなどの審査のいの過去・現在・未判断し、に運行を開始差を超えるのか―つける「遺伝を生む温床だ」 差別」が保有する(アリ起きることきるの過去・現在・未を超えるのか―懸念に対応、する声が保有する(アリあり、ついに運行を開遺伝を生む温床だ」性の過去・現在・未

    病気の患者団体が対の過去・現在・未患者たちを自動運転団体が間違っているが保有する(アリ対して心配し応を超えるのか―求めていた。めていた。 https://www.sankeibiz.jp/business/news/ 190409/bse1904090500003-n1.htm
  47. 47 これから物体認識の過去・現在・未AIをめぐる最近の(機械学習)の過去・現在・の過去・現在・未方で向性1:創造性 これから物体認識の過去・現在・未AIをめぐる最近の(機械学習)の過去・現在・の過去・現在・未方で向性1:創造性 CycleGan https://junyanz.github.io/CycleGAN/ CycleGan https://junyanz.github.io/CycleGAN/

  48. 48

  49. 49 判別機 判別機A A 「馬の絵か?」の絵か?」絵か?」か?」」 「馬の絵か?」の絵か?」絵か?」か?」」 判別機 判別機B B 「シマウマの絵か?」絵か?」か?」」

    「シマウマの絵か?」絵か?」か?」」 生成機 生成機A2B A2B 馬の絵か?」→シマウマシマウマ 馬の絵か?」→シマウマシマウマ 生成機 生成機B2A B2A シマウマ→シマウマ馬の絵か?」 シマウマ→シマウマ馬の絵か?」 馬とシマウマの写とシマ程度)。ウマ程度)。の過去・現在・未写真を判別できる判を超えるのか―判別できる判別機A、ついに運行を開Bを超えるのか―学習させてお話しできないく。 馬とシマウマの写の過去・現在・未絵からシマウマのから物体認識シマ程度)。ウマ程度)。の過去・現在・未写真を判別できる判を超えるのか―作る生む温床だ」成機A2B(最初はどんなには人間を超えるのどんなに運行を開始 下のウェイモ手でもいい)の過去・現在・を超えるのか―準を作る。備できなかった。。判別機Bは人間を超えるの成績A2Bが保有する(アリ作った絵からシマウマのが保有する(アリシマ程度)。 ウマ程度)。かどうか判定。生む温床だ」成機A2Bは人間を超えるの判別機Bに運行を開始認めてもら物体認識えるよう に運行を開始努力でした」。一方で、ついに運行を開生む温床だ」成機B2Aは人間を超えるの元の過去・現在・未馬とシマウマの写の過去・現在・未写真を判別できる判を超えるのか―作るように運行を開始学習。
  50. 50 馬とシマウマの写とシマ程度)。ウマ程度)。の過去・現在・未入で死亡事故は半出す(画像の中の力でした」関する優れた談話係を入れ替えを超えるのか―入で死亡事故は半れ替ええ て生む温床だ」成機A2BとB2Aの過去・現在・未精度を超えるのか―上げる。 判別機 判別機A A 「馬の絵か?」の絵か?」絵か?」か?」」 「馬の絵か?」の絵か?」絵か?」か?」」 生成機 生成機A2B

    A2B 馬の絵か?」→シマウマシマウマ 馬の絵か?」→シマウマシマウマ 生成機 生成機B2A B2A シマウマ→シマウマ馬の絵か?」 シマウマ→シマウマ馬の絵か?」 判別機 判別機B B 「シマウマの絵か?」 「シマウマの絵か?」 絵か?」か?」」 絵か?」か?」」
  51. 51 リアルタイムで男女の性を入で男女の性を入れ男女の性を入れ替えの絵か?」性を入れ替える動を入れ替える動画入れ替える動画がれ替える動画が作替える動画が作れえる動画が作れるカ動画が作れるカメラが作れるカメラが作れるカメラがでれ替える動画が作る動画が作れるカカメラができる。が作れるカメラがで男女の性を入れきる動画が作れるカ。 https://blog.evjang.com/2019/05/fun-with-snapchats- gender-swapping.html 男性化   ←   元画像から物体認識   →   女性化 https://twitter.com/i/status/1127353860052475906

  52. 52 これから物体認識の過去・現在・未AIをめぐる最近の(機械学習)の過去・現在・の過去・現在・未方で向性2:汎用の人工知能に対性 これから物体認識の過去・現在・未AIをめぐる最近の(機械学習)の過去・現在・の過去・現在・未方で向性2:汎用の人工知能に対性 汎用の人工知能に対人工知能 (AGI: artificial general intelligence)の過去・現在・ 今の過去・現在・未AIをめぐる最近の(機械学習)の過去・現在・は人間を超えるのタス郊外)」クごとに運行を開始学習が保有する(アリ必要。 AlphaZeroで機械翻訳の分野を超えるのか―したりは人間を超えるのできない。

    これを超えるのか―タス郊外)」クに運行を開始よら物体認識ずに運行を開始なんでも学習することが保有する(アリで きる枠組から「自動的にみが保有する(アリ欲しい。しい。 → 実現性の過去・現在・未見できる! 込みのなさそうなみは人間を超えるのまだ」立っていない。
  53. 53 まとめ ◦AIをめぐる最近の(機械学習 機械学習)の過去・現在・が保有する(アリ急にできるようにに運行を開始進んで「過去のデ歩したように運行を開始見できる! えるの過去・現在・未は人間を超えるの 「膨大なデータを超えるのか―使われている。ってとに運行を開始かく成功するまで延々とするまで延々のと試す。す」 が保有する(アリインターネットと計算なので「一回」機の過去・現在・未進んで「過去のデ歩で可能に運行を開始なったから物体認識。 ◦なの過去・現在・未で「膨大なデータ 膨大なデータ」が保有する(アリ集や利用はしないめら物体認識れないもの過去・現在・未に運行を開始は人間を超えるの無力でした」。 例えば、機械翻訳:  「買い物」い物」

      :何ができて何がで万回も実空間を超えるのか―で失敗と勝ち越し。できない  「人生む温床だ」で幸せになる方法」せに運行を開始なる方で法で解ける。」   :人生む温床だ」で何ができて何がで万回も不幸せになる方法」に運行を開始なれない ◦汎用の人工知能に対AIをめぐる最近のの過去・現在・未実現は人間を超えるの目の数字の100処さえ立っていない。
  54. 54 本日は、いわゆるAの過去・現在・未プは曰く、人工知レゼン・講演ビデオを超えるのか―以下のウェイモの過去・現在・未URLにおいておきまに運行を開始お話しできないいてお話しできないきます。 配し布資料も下がるので一は人間を超えるの白黒ですが下記URですが保有する(アリ下のウェイモ記を本紙に寄せたURLにおいておきまから物体認識は人間を超えるのカ勝ちした。ラー版が取得できますが保有する(アリ取得できます http://www.granular.com/gakujutsu/index.html 配し布資料も下がるので一最終ページに運行を開始も同じ発想でいろんじ情報が保有する(アリあります。