Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

UnityとZapWorksで始めようWebAR開発

 UnityとZapWorksで始めようWebAR開発

2021年12月11日:ハンズオン資料を公開しました。
2022年02月26日:スライドをリニューアルしました。

357c9e58ecce2865f9eb748192e5143f?s=128

TakashiYoshinaga

December 11, 2021
Tweet

More Decks by TakashiYoshinaga

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Unityで始めようWebAR ZapWorksを使ったAR開発

  2. ⾃⼰紹介 ⽒名︓吉永崇(Takashi Yoshinaga) 専⾨︓ARを⽤いた医療⽀援や運動計測 Volumetric Video コミュニティ︓ARコンテンツ作成勉強会 主催

  3. ARコンテンツ作成勉強会の紹介 p 2013年5⽉に勉強会をスタート。 p ARコンテンツの作り⽅をハンズオン形式で学ぶ p ⼈数は5~10名程度の少⼈数で実施 p 参加条件はAR/VRに興味がある⼈(知識不要) p

    各地で開催 (福岡、熊本、宮崎、⻑崎、⼤分、 ⿅児島、⼭⼝、広島、札幌、関東)
  4. Twitterと勉強会ページで情報を発信しています @AR_Fukuoka Googleで「AR勉強会」で検索

  5. #AR_Fukuoka ハッシュタグ

  6. 今⽇のゴール 自然な特徴量を用いたマーカーを用いたWebAR開発を体験 https://youtu.be/u26tuv_C1qk

  7. 事前準備 http://arfukuoka.lolipop.jp/zapworks/pr eparation2022_2.pdf

  8. 演習⽤素材のダウンロード http://arfukuoka.lolipop.jp/ zapworks/sample.zip

  9. Unity Hub起動 Unity Hub

  10. プロジェクトの作成 (1/6) ①Projects ②New Project

  11. プロジェクトの作成 (2/6) ここをクリック

  12. プロジェクトの作成 (3/6) 2019.4.X

  13. プロジェクトの作成 (4/6) 3D

  14. プロジェクトの作成 (5/6) プロジェクト名(例: AR_Test) 保存場所 Create Project

  15. プロジェクトの作成 (6/6) Unity Editorが起動すればOK

  16. Unity Editorの概要 Sceneタブ オブジェクトの配置を行う オブジェクトの一覧 プロジェクト内のフォルダやファイルの一覧

  17. ZapWorksのプロジェクト作成 https://zap.works ARコンテンツは専用のウェブサイトで管理されます

  18. ZapWorksのプロジェクト作成 Log in

  19. ZapWorksのプロジェクト作成 Create Project

  20. ZapWorksのプロジェクト作成 Universal AR

  21. ZapWorksのプロジェクト作成 Unityを選択

  22. ZapWorksのプロジェクト作成 QR codeを選択

  23. ZapWorksのプロジェクト作成 ここを好きな名前に編集

  24. SDKの取得 Download SDK

  25. SDKの取得 Unity版をクリック

  26. SDKの取得 SDKのURLをコピー

  27. このサイトはまたあとで使うので開いておきましょう

  28. SDKをUnityプロジェクトに導⼊ Window Package Manager

  29. SDKをUnityプロジェクトに導⼊ ▼をクリック

  30. SDKをUnityプロジェクトに導⼊ In Project

  31. SDKをUnityプロジェクトに導⼊ +をクリック

  32. SDKをUnityプロジェクトに導⼊ Add package from git URL

  33. SDKをUnityプロジェクトに導⼊ 先ほどZapWorksのページで コピーしたSDKのURLを貼り付ける

  34. SDKをUnityプロジェクトに導⼊ Add

  35. SDKをUnityプロジェクトに導⼊ しばらく待つとUniversal ARが追加される

  36. 補⾜

  37. 補⾜ 下記のようなエラーが出てUniversal ARがインストールされない場合︓ GitHubの設定を⾒直すとうまく動作するかと思います。 ただし、今回はリモートでのハンズオンで環境確認が難しいので 別の⽅法でSDKを取得して開発を続けましょう。

  38. 補⾜︓SDKのダウンロード GitHub Desktopを起動してClone Repository on your Hard Drive をクリック。 (下記のような表⽰でない場合は次のページ)

    Clone Repository from Internet
  39. 補⾜︓SDKのダウンロード GitHub Desktopを起動してClone Repository...をクリック File -> Clone Reapository...

  40. 補⾜︓SDKのダウンロード Webブラウザで先ほどコピーしたURLを貼り付ける https://github.com/zappar-xr/universal-ar-unity.git URL URLをペースト Clone

  41. 補⾜︓SDKのダウンロード ダウンロード完了 universal-ar-unityになればOK

  42. 補⾜︓SDKをUnityプロジェクトに導⼊ Add package from git disk..

  43. 補⾜︓SDKをUnityプロジェクトに導⼊ Document内のGitHubフォルダ universal-ar-unity

  44. 補⾜︓SDKをUnityプロジェクトに導⼊ package.json Open

  45. 補⾜︓SDKをUnityプロジェクトに導⼊ Universal ARが追加されていればOK

  46. 補⾜おわり

  47. ARカメラの設定 Main Cameraを削除

  48. ARカメラの設定 Zappar

  49. ARカメラの設定 Camera -> Rear Facing Camera

  50. ARカメラの設定 Zappar Camera が追加される

  51. マーカーの設定 Zappar

  52. マーカーの設定 Image Tracking Target

  53. マーカーの設定 Zappar Image Tracking Targetが追加される

  54. マーカーの設定 Zappar Image Tracking Targetダブルクリック

  55. マーカーの設定 デフォルトのマーカーが近くに表⽰される

  56. マーカー画像の差し替え Zappar

  57. マーカー画像の差し替え Editor -> Open Image Trainer

  58. マーカー画像の差し替え マーカーにしたい画像を選択

  59. マーカー画像の差し替え Startをクリック

  60. マーカー画像の差し替え OKをクリック しばらく待つと特徴点抽出が終わりマーカーのデータが⽣成される

  61. マーカー画像の差し替え Zappar Image Tracking Target

  62. マーカー画像の差し替え Targetから画像名.zptを選択 (ex. marker.zpt) ※新しいマーカーの情報がすぐTargetのリストに反映されないことがあります

  63. マーカー画像の差し替え 画像が差し変わればOK

  64. 表⽰するオブジェクトの取得 Window

  65. 表⽰するオブジェクトの取得 Asset Store

  66. 表⽰するオブジェクトの取得 Asset Storeタブ Kyleで検索

  67. 表⽰するオブジェクトの取得 これをクリック

  68. 表⽰するオブジェクトの取得 Download

  69. 表⽰するオブジェクトの取得 Import

  70. 表⽰するオブジェクトの取得 Import

  71. 表⽰するオブジェクトの取得 Robot Kyleが追加されればOK

  72. 表⽰するオブジェクトの設定 Assets - Robot Kyle - Model

  73. 表⽰するオブジェクトの設定 Robot Kyle Zappar Image Tracking Image に重ねるようにドラッグ&ドロップ

  74. 表⽰するオブジェクトの設定 Robotが表⽰される

  75. 表⽰するオブジェクトの設定 Zappar Image Tracking Target の⼦要素になっていることを確認

  76. 表⽰するオブジェクトの設定 Robot Kyle

  77. 表⽰するオブジェクトの設定 移動/回転/伸縮 移動 回転 伸縮

  78. 表⽰するオブジェクトの設定 こんな感じ Rotationを直接操作してもOK (Y=180で反対向き)

  79. Ctrl/Command + S で保存

  80. Unity Editorでの動作確認 Playボタン

  81. Unity Editorでの動作確認

  82. Unity Editorでの動作確認 Playボタンをもう⼀度クリックして停⽌

  83. WebARとして公開 File

  84. WebARとして公開 Build Settings

  85. WebARとして公開 WebGL Switch Platform

  86. WebARとして公開 Player Settings

  87. WebARとして公開 Resolution and Presentation Zappar2019を選択

  88. WebARとして公開 Build

  89. WebARとして公開 新しいフォルダー わかりやすい名前に変更 (この資料ではbuild) フォルダーの選択

  90. しばらく待つ

  91. WebARとして公開 アクセスを許可する

  92. WebARとして公開 buildフォルダを開く

  93. WebARとして公開 ファイルとフォルダを全て選択してzipに圧縮

  94. WebARとして公開 Zipファイルが⽣成される (名前は任意)

  95. WebARとして公開 Projectsをクリック

  96. WebARとして公開 今回作成したプロジェクトを開く

  97. WebARとして公開 Upload & Publish

  98. WebARとして公開 ここにzipファイルをドラッグ&ドロップ

  99. WebARとして公開 任意のバージョン名 (ex. 0.0.1)

  100. WebARとして公開 Upload & Publish

  101. WebARとして公開 QRが発⾏される

  102. 動作確認 スマホでQRコードを読む

  103. 動作確認

  104. 問題点 マーカーを⾒失っても表⽰される

  105. マーカー検出と表⽰の連動 Zappar Image Tracking Target の⼦要素を表⽰

  106. マーカー検出と表⽰の連動 Zappar Image Tracking Target

  107. マーカー検出と表⽰の連動 On Seen Event (マーカーを検出した時) +

  108. マーカー検出と表⽰の連動 RobotKyleをドラッグ&ドロップ

  109. マーカー検出と表⽰の連動 No Function と書かれた ドロップダウンメニューを開く

  110. マーカー検出と表⽰の連動 GameObject->SetActive

  111. マーカー検出と表⽰の連動 チェックをオン

  112. マーカー検出と表⽰の連動 On Not Seen Event (マーカーを⾒失った時) +

  113. マーカー検出と表⽰の連動 RobotKyleをドラッグ&ドロップ

  114. マーカー検出と表⽰の連動 GameObject->SetActive

  115. マーカー検出と表⽰の連動 チェックはオフのまま

  116. マーカー検出と表⽰の連動 Preview Image

  117. マーカー検出と表⽰の連動 チェックをオフ

  118. マーカー検出と表⽰の連動 File -> Build Settings

  119. マーカー検出と表⽰の連動 Build

  120. マーカー検出と表⽰の連動 既にあるzipを削除 プロジェクト名->出⼒先フォルダ (この資料ではbuildフォルダ)

  121. マーカー検出と表⽰の連動 ファイルとフォルダを全て選択

  122. マーカー検出と表⽰の連動 Zipが⽣成される

  123. WebARとして動作確認 ここにzipファイルをドラッグ&ドロップ

  124. WebARとして動作確認 任意のバージョン名 (ex. 0.0.2)

  125. WebARとして動作確認 Upload & Publish

  126. WebARとして動作確認 スマホでQRコードを読む

  127. 動作確認

  128. 完成︕

  129. #AR_Fukuoka ハッシュタグ