Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

App Router への移行は「改善」となり得るのか?/ Can migration to App Router be an improvement

App Router への移行は「改善」となり得るのか?/ Can migration to App Router be an improvement

フロントアーキテクチャ改善NIGHT https://hireroo.connpass.com/event/310150/

Takepepe

March 26, 2024
Tweet

More Decks by Takepepe

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 実践Next.js – App Router で進化する Web アプリ開発 ▪ 2024.3/16 技術評論社より刊行 ▪ Next.js

    App Router を題材にした書籍 ▪ 一通りの機能を備えたサンプル App を対象に解説 ▪ 公式ドキュメントの分かりづらい箇所を重点的に
  2. これらの機能は Next.js 固有のものではなく、 React 共通のもの ▪ React の新しい機能が使用できる ・ RSC(React Server Components)がデフォルトで使用される

    ・ Server Component / Client Component の境界がある ・ Server Action が使用できる 従来 Pages Router との差分 【1】App Router 登場の背景
  3. パフォーマンス向上のための機能 ▪ React の新しい機能が使用できる ・ RSC(React Server Components)がデフォルトで使用される ・ Server Component / Client

    Component の境界がある ・ Server Action が使用できる 従来 Pages Router との差分 【1】App Router 登場の背景
  4. ページ単位で CSR を行うも、全ての実装が共通チャンクに含まれる (※ React.lazy による Dynamic import で分割し、最適化する方法もあります) 従来

    SPA のパフォーマンス課題 【2】パフォーマンスへの影響 Request Response Web Server per page chunk per page chunk per page fetch HTML Commons chunk fetch Page render (CSR)
  5. いずれかのページ実装増加が、全ページのパフォーマンスに影響する (※ React.lazy による Dynamic import で分割し、最適化する方法もあります) 従来 SPA のパフォーマンス課題

    【2】パフォーマンスへの影響 Request Response Web Server per page chunk per page chunk per page fetch HTML Commons chunk fetch Page render (CSR)
  6. ページ単位で チャンクが分割されている Pages Router のページ毎のチャンク 【2】パフォーマンスへの影響 fetch render (CSR) Request

    Response Next.js HTML DOM Request Response Next.js HTML DOM Request Response Next.js HTML DOM page chunk page chunk page chunk
  7. App Router(RSC) は、このチャンク増加をなるべく避ける仕組みを提供します Pages Router のページ毎のチャンク 【2】パフォーマンスへの影響 fetch render (CSR)

    Request Response Next.js HTML DOM Request Response Next.js HTML DOM Request Response Next.js HTML DOM page chunk page chunk page chunk
  8. リクエスト時、ページのデータを取得 Pages Router の SSR fetch Request Server { "tags":

    [...], "articles": [...], "recommendations": [...], "categories": [...], } getPageData JSON 【2】パフォーマンスへの影響
  9. ページ全体がインタラクティブに Pages Router の SSR fetch FID render hydration Response

    Request Browser Server 【2】パフォーマンスへの影響 JS TTFB
  10. ビルド時に予め「静的データ」を取得 App Router の Streaming SSR build Server { "tags":

    [...], "articles": [...], "categories": [...], } getStaticData JSON 【2】パフォーマンスへの影響
  11. 動的データ取得中でも、 Streaming でレスポンスが返せる App Router の Streaming SSR fetch Response

    Request Server Browser 【2】パフォーマンスへの影響 TTFB { "recommendations": [...], } getDynamicData JSON
  12. 後から送られてきたコンポーネントの hydration も始まる App Router の Streaming SSR fetch hydration

    Response Request Browser Server 【2】パフォーマンスへの影響 JS JS JS TTFB FID
  13. ページ全体がインタラクティブに App Router の Streaming SSR fetch hydration Response Request

    Browser Server 【2】パフォーマンスへの影響 JS JS JS FID TTFB
  14. ▪ 【構成例1】SPA + BFFサーバーパターン(非 Next.js) ▪ 【構成例2】Next.js の Routing のみ活用パターン ▪ 【構成例3】Next.js の

    BFF フル活用パターン 筆者が直面したことのある構成 アーキテクチャ上の Next.js 立ち位置 【3】アーキテクチャへの影響
  15. アーキテクチャ上の Next.js 立ち位置 【3】アーキテクチャへの影響 BFF Server Web API Request Web

    Server Data Source 【構成例1】SPA + BFFサーバーパターン(非 Next.js) DB SPA
  16. アーキテクチャ上の Next.js 立ち位置 【3】アーキテクチャへの影響 BFF Web API Request SSG +

    SPA Data Source 【構成例2】Next.js の Routing のみ活用パターン DB Server Next.js
  17. アーキテクチャ上の Next.js 立ち位置 【3】アーキテクチャへの影響 Web API Request SSG / ISR

    SSR + SPA Data Source 【構成例3】Next.js の BFF フル活用パターン DB Server Next.js
  18. ▪ 【構成例1】SPA + BFFサーバーパターン(非 Next.js) ・ Node.js サーバーを運用したくない現場(監視面、チューニング面など) ・ Vite(create-react-app)や、最近だと Remix SPA モード

    を採用 ・ Next.js Pages Router の Static Export で乗り切るパターンも存在 ・ FE/BE をキッチリ分割したい現場向け 運用面 >>> パフォーマンス アーキテクチャ上の Next.js 立ち位置 【3】アーキテクチャへの影響
  19. ▪ 【構成例2】Next.js の Routing のみ活用パターン ・ Next.js の Static Export だと Dynamic

    Route が処理しづらい ・ ファイルシステムベース Routing が便利なので使用している ・ Node.js 製の BFF サーバーは、BEエンジニアが実装 認証認可実装は、構成例 1と同じ アーキテクチャ上の Next.js 立ち位置 【3】アーキテクチャへの影響
  20. ▪ 【構成例3】Next.js の BFF フル活用パターン ・ 認証認可を Next.js の BFF で行う ・ 外部

    WEB API サーバーは、BE エンジニアが開発 ・ 外部 WEB API サーバーは、マイクロサービス化されていることも ・ BFF から ORM(DBサーバー)を直接使うことも Node.js(Next.js)サーバーのチューニングや運用の知見が求められる アーキテクチャ上の Next.js 立ち位置 【3】アーキテクチャへの影響
  21. ▪ 【構成例1】SPA + BFFサーバーパターン(非 Next.js) ▪ 【構成例2】Next.js の Routing のみ活用パターン ▪ 【構成例3】Next.js の

    BFF フル活用パターン App Router への移行は 「改善」となり得るのか? 【3】アーキテクチャへの影響
  22. ▪ 【構成例1】SPA + BFFサーバーパターン(非 Next.js)❌ ▪ 【構成例2】Next.js の Routing のみ活用パターン ▪ 【構成例3】Next.js の

    BFF フル活用パターン Next.js サーバーを運用しない場合、メリットは今の所無い App Router への移行は 「改善」となり得るのか? 【3】アーキテクチャへの影響
  23. ▪ 【構成例1】SPA + BFFサーバーパターン(非 Next.js)❌ ▪ 【構成例2】Next.js の Routing のみ活用パターン ✅ ▪ 【構成例3】Next.js

    の BFF フル活用パターン ✅ App Router への移行は 「改善」となり得るのか? 【3】アーキテクチャへの影響 Next.js サーバーを運用している場合、パフォーマンス面でメリット
  24. ▪ App Router では React の新機能 Server Action が使える ・ Form を通じ、サーバーの更新処理がダイレクトに行える

    ・ 中継点として設けていた WEB API(API Routes、Route Handlers)が不要に 他 React 製フレームワークでも Server Action は今後採用例が出る見込み 【3】アーキテクチャへの影響 App Router への移行は 「改善」となり得るのか?
  25. ▪ WEB API は RESTful API の方が都合が良い ・ キャッシュの再利用がしやすく、 revalidate が単純 ▪ 別立ての

    BFF サーバーは恐らく不要に ・ Server Component / Server Action で ORM を使用する機会が増加 ▪ Page 層で req / res オブジェクトが使用不能に ・ req / res を使用している従来のコードは再検討が必要 App Router への移行は 「改善」となり得るのか? 【3】アーキテクチャへの影響 App Router を採用する場合、従来アーキテクチャへの影響は大きい