Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

標準化への異常な愛情/How I Learned to Stop Designing Motors and Love the Standardization.

657f4a4d7648fd307551c3e26532d815?s=47 Baboon
September 05, 2020

標準化への異常な愛情/How I Learned to Stop Designing Motors and Love the Standardization.

Basic of international standardization

657f4a4d7648fd307551c3e26532d815?s=128

Baboon

September 05, 2020
Tweet

Transcript

  1. 標準化への異常な愛情,または私は如何にしてモータを設計するのを止めて国際規格を愛するようになったか 5 Sep. 2020 Takenori Baba ೥݄౓ ژ౎ٕज़࢜ձ 1.標準化の基礎知識 標準化とは

    “実在の問題又は起こる可能性がある問題に関して、与えられた状況におい て最適な秩序を得ることを目的として、 (共通)に、かつ、 (繰り返して)使用するための記述事項を確立する活動。” (ISO/IEC Guide2 [JIS Z 8002:2006]) 規格とは “与えられた状況において最適な秩序を達成することを目的に、共通的に繰り 返して使用するために、活動又はその結果に関する規則、指針又は特性を規 定する文書であって、 (合意)によって確立し、一般に (認められている団体)によって承認されているもの” (ISO/IEC Guide2 [JIS Z 8002:2006]) (国際)規格 国際標準化機関で制定さ れる規格 ITU,IEC,ISO (地域)規格 地域規格は地域的な標準 化機関で制定される規格 CEN, CENElEC,ETSI, EAC,GCC (国際)規格 国家規格は国家標準化機 関が制定する規格 JIS, BSI, DIN, ANSI (団体)規格 団体規格は業界団体等が 作成する規格 IEEE, ASTM, (社内)規格 会社、工場などで、材料、 部品、製品、組織、あるい は購買、製造、検査、 管理 などの仕事に適用すること を目的として定めた規格 Boeing規格,MIL規格, 各社設計・製造標準, 調達基準など 2..国際標準化の基礎知識 機関 名称と設立年 分野 国際電気通信連合 International Telecommunication Union 設立: (1865)年5月17日 (無線通信) と, (電気通信) 国際電気標準会議 International Electrotechnical Commission 設立: (1906)年6月26日 (電気工学) (電子工学) および関連技術 国際標準化機構 International Organization for Standardization 設立: (1947)年2月23日 (その他) ࠃࡍن֨Λ࡞Δ͜ͱ͕Ͱ͖Δ̏ͭͷػؔ ฏ੒೥ୈճ௨ৗࠃձʹ͓͍ͯɺʮෆਖ਼ڝ૪๷ࢭ๏౳ͷҰ෦Λվ ਖ਼͢Δ๏཯ʯʢ๏཯ୈ߸ʣ͕Մܾ੒ཱ͠ɺ޻ۀඪ४Խ๏͕Ұ෦վਖ਼ ͞Εɺl ʢ࢈ۀඪ४Խ๏ʣzʹมΘΓɺ೔ຊ޻ۀن֨ ʢ+*4ʣ͕ ʢ೔ຊ࢈ۀඪ४ʣʢ+*4ʣʹมΘͬͨɻ ʢ" ඼࣭ ʣʢ# ܦӦ؅ཧ ʣ ʢ$ σʔλ ʣʢ% αʔϏε ʣ ࠃࡍن֨ͷ޿͕Γʹ߹Θͤʮ޻ۀʯͱ͍͏ݴ༿ͷͨΊʹैདྷରԠ Ͱ͖ͳ͔ͬͨ෼໺ʢʹ*P5΍εϚʔτࣾձʹରԠ͢Δن֨ʣʹରԠ ʢ"ʣ΍ʢ#ʣ ʢ"ʣ΍ʢ#ʣ ʢ$ʣ΍ʢ%ʣ ʢ$ʣ΍ʢ%ʣ ʢ5#5ʣڠఆ • ੈք๵қػؔʢ8PSME5SBEF0SHBOJ[BUJPOʣ ๵қͷٕज़తো ֐ʢ5FDIOJDBM#BSSJFSTUP5SBEFʣʹؔ͢Δڠఆ • ೥݄ʹࠃࡍڠఆͱͯ͠߹ҙ͞Εͨ("55ελϯμʔυ ίʔυ͕೥݄ʹ5#5ڠఆͱͯ͠վగ • 850Ճໍࠃ͸ඞͣ͜ͷڠఆʹ߹ҙ͠ͳ͍ͱ͍͚ͳ͍ɽ • ࠃ಺ن֨͸ ࠃࡍن֨ ʹج͍ͮͨ΋ͷͰͳ͚Ε͹ͳΒͳ͍ ʢ੓෎ௐୡʣڠఆ ੓෎ࣄۀ΍ࠃӦاۀɺͦΕʹ४ͣΔ΋ͷͷௐୡج४͸ࠃࡍن֨ʹ ͷͬͱͬͨ΋ͷͰͳ͚Ε͹ͳΒͳ͍ աڈʹ 4VJDB ͕ຊڠఆҧ൓ͱͯ͠ૌ͔͚͑ΒΕͨࣄྫɽ ὎ྑ͍ٕज़Ͱ͋ͬͯ΋ඪ४Խ͞Εͳ͚Ε͹࢖ΘΕͳ͍ɽ ࠃࡍඪ४Խͷॏཁੑ ͳͥzࠃࡍن֨ΛѪ͢ΔΑ͏ʹͳ͔ͬͨzʢٕज़ऀͷࢹ఺ΑΓʣ 目的 エンジニアにとって必要となる標準化の基礎知識を整理するとともにと, 「システム」「ユースケース」をキーワードに標準化戦略を深掘りする. จԽ૬ޓཧղͷ*DFCFSHʢණࢁʣϞσϧ ·ͱΊ • ࠓ΍ࠃࡍඪ४Խ͸ٕज़ऀʹͱͬͯ΋اۀܦӦʹͱͬͯ΋ආ͚ͯ͸ ௨Εͳ͍΋ͷʹͳ͍ͬͯΔɽ • ඪ४Խٕज़ऀ͸୯ʹ ʢಛఆͷٕज़ʣʹਫ਼௨͢Δ͚ͩͰ ͸ͳ͘ɼͦͷٕज़ͷγεςϜͷதͷҐஔ͚ͮΛཧղ͠ɼͦͷ ʢϢʔεέʔεʣΛࣔ͠ɼඪ४ԽΛ௨ͯ͠ ʢެӹʣʹࢿ͢Δ͜ͱΛઆ໌Ͱ͖Δٕྔ͕ٻΊΒΕΔɽ ˠࠃࡍඪ४Խٕͦ͜ज़࢜ͷ׆༂ͷ৔ͨΓ͏Δɽ 表現,言動,行動 知識,動機,価値観,常識 使命感,目的意識 日本では… 標準化の基礎まとめ 標準化を行う目的としては ・リソースの共通化による (効率向上) ・ (参入障壁)の形成 ・大量生産や競争を惹起することによる (コストダウン) →標準化は戦略的に用いれば非常に強力なツールになる 国際標準化の基礎まとめ ・ルールを作る側が (有利)になる. ・国際的にはそのルールを強制的に「 (守らせる)」仕組みがあ る[ (TBT)協定, (政府調達)協定) 6TFDBTF෼ੳ *&$ γϦʔζ Ϣʔεέʔε  ͋ΔϢʔεέʔεʢࣄྫʣΛऔΓ্͛Δɻ  ͦͷϢʔεέʔεʹग़ͯ͘Δ໨త΍ػೳΛ੔ཧ͢Δɻ  ͦͷϢʔεέʔεʹग़ͯ͘ΔΞΫλʔʢొ৔ਓ෺<γεςϜ΍ػցΛؚ Ή>ʣΛॻ͖ग़͢ɻ  ϢʔεέʔεΛ͍͔ͭ͘ͷஈ֊ʹγφϦΦԽ͠ɺͦͷγφϦΦ্ͰͲͷ Α͏ͳ৘ใ͕ͲͷΞΫλʔʹΑͬͯੜ੒͞ΕɺͲͷΞΫλʔʹ఻ୡ͞Ε ͔ͨΛ੔ཧ͢Δɻ  ͦͷ৘ใ͕ੜ੒ɺൃ৴ɺ఻ୡɺड৴͢ΔͷʹඞཁͱͳΔཁٻࣄ߲Λநग़ ͢Δɻ͜ͷཁٻࣄ߲͕ݸʑͷٕज़ͱͳΔɻ  ෳ਺ͷϢʔεέʔεͷ͜ͷཁٻࣄ߲Λൺֱ͠ɺن֨ΛϚοϐϯά͢Δ͜ ͱͰɺࠓޙඞཁͱͳΔඪ४Խͷํ޲ੑΛݟۃΊΔɻ ෼ੳʹ͸ʢ6.-ʣ΍ʢ4ZT.-ʣ ͳͲγεςϜهड़ݴޠ͕Α͘༻͍ΒΕΔ 要求事項X Ϣʔεέʔε" Ϣʔεέʔε# Ϣʔεέʔε$ 要求事項X 要求事項X 要求事項Y 要求事項Y 要求事項Y’ 要求事項z 要求事項 ن֨" ن֨# ن֨ͷ֦ு <参考文献> 標準化実務入門(経済産業省) http://www.meti.go.jp/policy/standards_conformity/files/hyojunkajitsumunyumon.html ࠃࡍن֨Λ࡞Δ৔ʹ͸༷ʑͳࠃ΍اۀ͔ΒͦΕͧΕͷཱ৔Λෛͬͯ ઐ໳Ո͕ू·͖͍ͬͯͯΔɽ ͦͷཱ৔Λ৐Γӽ͑ͳ͚Ε͹৽͍͠ࠃࡍඪ४Λ࡞Δ͜ͱ͸೉͍͠ɽ 規格 使命 目的意識 ? 「国際標準化を行い, 公益に資する」 ͜ͷؒΛͭͳ͙΋ͷ͸Կ͔ʁ ˠͦͷٕज़ͷ࢖ΘΕํ ʢϢʔεέʔεʣΛࣔ͢ඞཁ