Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

ユースケースで考えよう/Let's think through use-case!

657f4a4d7648fd307551c3e26532d815?s=47 Baboon
October 25, 2020

ユースケースで考えよう/Let's think through use-case!

Introduction of IEC62559
Why are usecases important in standardization

657f4a4d7648fd307551c3e26532d815?s=128

Baboon

October 25, 2020
Tweet

Transcript

  1. ユースケース(使用事例)で考えよう 25 Oct. 2020 Takenori Baba ೥݄౓ ςΫϊϩδʔΧϑΣ 2.標準化の基礎知識 標準化とは

    “実在の問題又は起こる可能性がある問題に関して、与えられた状況に おいて最適な秩序を得ることを目的として、 (共通)に、かつ、 (繰り返して)使用するための記述事項を確立する活動。” (ISO/IEC Guide2 [JIS Z 8002:2006]) 国際標準化の基礎知識 機関 名称と設立年 分野 国際電気通信連合 International Telecommunication Union 設立: (1865)年5月17日 (無線通信) と, (電気通信) 国際電気標準会議 International Electrotechnical Commission 設立: (1906)年6月26日 (電気工学) (電子工学) および関連技術 国際標準化機構 International Organization for Standardization 設立: (1947)年2月23日 (その他) ࠃࡍن֨Λ࡞Δ͜ͱ͕Ͱ͖Δ̏ͭͷػؔ ʢ5#5ʣڠఆ • ੈք๵қػؔʢ8PSME5SBEF0SHBOJ[BUJPOʣ ๵қͷٕज़తো ֐ʢ5FDIOJDBM#BSSJFSTUP5SBEFʣʹؔ͢Δڠఆ • ೥݄ʹࠃࡍڠఆͱͯ͠߹ҙ͞Εͨ("55ελϯμʔυ ίʔυ͕೥݄ʹ5#5ڠఆͱͯ͠վగ • 850Ճໍࠃ͸ඞͣ͜ͷڠఆʹ߹ҙ͠ͳ͍ͱ͍͚ͳ͍ɽ • ࠃ಺ن֨͸ ࠃࡍن֨ ʹج͍ͮͨ΋ͷͰͳ͚Ε͹ͳΒͳ͍ ʢ੓෎ௐୡʣڠఆ ੓෎ࣄۀ΍ࠃӦاۀɺͦΕʹ४ͣΔ΋ͷͷௐୡج४͸ࠃࡍن֨ʹ ͷͬͱͬͨ΋ͷͰͳ͚Ε͹ͳΒͳ͍ աڈʹ 4VJDB ͕ຊڠఆҧ൓ͱͯ͠ૌ͔͚͑ΒΕͨࣄྫɽ ὎ྑ͍ٕज़Ͱ͋ͬͯ΋ඪ४Խ͞Εͳ͚Ε͹࢖ΘΕͳ͍ɽ ࠃࡍඪ४Խͷॏཁੑ 目的 • ユースケース(使用事例)を用いて考えることで,検討漏れを防ぎ,また共 通認識をどのように形成するかを実例を使って考える. • なぜ国際標準化においてこのユースケース分析という手法が取られている のかを国際標準の基礎知識を交えながら解説し,今後私たちに求められて いるシステム思考という視点について考察する.. จԽ૬ޓཧղͷ*DFCFSHʢණࢁʣϞσϧ ·ͱΊ • Ϣʔεέʔε෼ੳ͸ɼඞཁͳػೳΛ΋Εͳ͘໢ཏ͢Δ͚ͩͰͳ͘ɼ ҧ͏Ձ஋؍΍ཱ৔ͷਓʑͷؒͰڞ௨ཧղΛߏங͢ΔͨΊʹඇৗʹ େࣄͳख๏ • ͜ͷख๏ʹΛ࢖͍͜ͳ͍͔ͯ͠ͳ͚Ε͹ࠓ΍ࠃࡍڝ૪Ͱੜ͖࢒Ε ͳ͍࣌୅͕དྷ͍ͯΔɽ • ͜ͷख๏Λ࢖͍͜ͳ͢ʹ͸ࢹ໺Λ޿࣋ͪ͘ɼେ͖ͳγεςϜͰ෺ ࣄΛߟ͑ΔบΛ͚͍͔ͭͯͳ͚Ε͹ͳΒͳ͍ɽ 表現,言動,行動 知識,動機,価値観,常識 使命感,目的意識 標準化の基礎まとめ 標準化を行う目的としては ・リソースの共通化による (効率向上) ・ (参入障壁)の形成 ・大量生産や競争を惹起することによる (コストダウン) →標準化は戦略的に用いれば非常に強力なツールになる 3.国際規格をめぐる駆け引き ・ルールを作る側が (有利)になる. ・国際的にはそのルールを強制的に「 (守らせる)」仕組みがある ・国際規格を作る場には (違った立場)(国,企業,業界)の専門 家が集まる. ⇒ どのように合意を形成して国際規格を作り上げるか 規格 使命 目的意識 ? 「国際標準化を行い, 公益に資する」 ͜ͷؒΛͭͳ͙΋ͷ͸Կ͔ʁ ˠͦͷٕज़ͷ࢖ΘΕํ ʢϢʔεέʔεʣΛࣔ͢ඞཁ 1.ユースケース分析 IEC62559シリーズ • スマート電力の規格の整備において開発された手法 • ユースケースを誤解を許さないようにシステマチックに記述し,複数 のユースケースを比較しやすいように整理する. • ユースケースから抽出された要求事項(=技術)を比較することで, 規格の重複,過不足を確認し,統合,追記,削除などを判断する. →これを簡易化して実際の事例を分析する. 実例:洗濯機購入 ໨త ɾચ୕ͷޮ཰Λྑ͘͢Δʢ୹࣌ؒͰચড়ʣɽ ɾਫ΍ిྗͷফඅྔΛ࡟ݮ͢Δɽ આ໌ Ϣʔβ͸ચ୕ػʹిྗ΍ਫΛڙڅ͢Δɽͦͷޙɼચ୕ػʹચ୕෺Λ౤ೖ ͢ΔɽચࡎɼॊೈࡎΛڙڅ͢Δɽચ୕ػ͸ిྗ΍ਫɼચࡎɼॊೈࡎΛ༻ ͍ͯચ୕෺Λચড়͢ΔɽϢʔβ͸ચ୕෺ΛऔΓग़͠ɼס૩ͨ͠৔ॴʹͯ ચ୕෺Λס͔͢ɽ 8)ʢ୭͕ɼ͍ͭɼͲ͜ͰɼԿΛɼͳͥɼͲ͏ͨ͠ʣΛҙࣝͨ͠จ ॻͰॻ͖ه͢͜ͱ͕ॏཁ ˠ ʢݴޠԽʣ͢Δ͜ͱͰ࿦ཧੑ͕ੜ·ΕΔ ໊લ ໾ׂ Ϣʔβ ચ୕ػʹిؾͱਫΛڙڅ͢Δɽચ୕෺Λચ୕ػʹ౤ೖ͢Δɽ ચࡎɼॊೈࡎΛ౤ೖ͢Δɽચ୕ػʹચড়ࢦࣔΛ༩͑Δɽચ ୕ޙચ୕෺ΛऔΓग़͢ ચ୕ػ ڙڅ͞ΕͨిؾɼਫɼચࡎɼॊೈࡎΛ༻͍ɼϢʔβͷࢦࣔ ʹैͬͯચ୕෺Λચড়͢Δɽ ચ୕෺ ચ୕ػʹΑΓચড়͞ΕΔ 登場人物 人間以外のシステム も含んで考える ୭͕ ୭ʹ ԿΛ͢Δ ෼ྨ൪߸ Ϣʔβ ચ୕ػ ిྗΛڙڅ͢Δ A-1 Ϣʔβ ચ୕ػ ਫΛڙڅ͢Δ A-2 機能分析 ʢ6.-ʣ΍ʢ4ZT.-ʣ ͳͲγεςϜهड़ݴޠΛ༻͍Δ͜ͱ΋ɽ 要求事項と解決手段 解決手段 要求事項 誰がor誰に何をする 分類 (具体的な 機種) 消費電力量◦◦Wh以下 ユーザが電力を供給する A-1 使用水量◦◦L以下 ユーザが水を供給する A-2 洗濯物を投入しやすい ユーザが洗濯物を投入する. A-3 使いやすいインターフェイス ユーザが洗浄指示を出す A-4 洗濯物を傷めず洗濯する 洗濯物を洗浄する A-5 洗濯物を取り出しやすい ユーザが洗浄された洗濯物を 取り出す A-6 要求事項を詳細化し 具体的な解決手段を 見つける ユースケース分析 複数のユースケースを比較し, ①全ての要求事項を満たすものを探す. ②要求が相反していたり,コスト的に全て網羅できない場合には 要求事項を取捨したり,分割する. よりユースケースを具体化・詳細化する事で見えてこなかっ た要求事項が見えてくることもある. ϢʔεέʔεͰߟ͑Δͱ͍͏͜ͱ͸ɼ ࢹ໺Λ޿ͯ͘͠શମͷ ʢγεςϜʣ·Ͱߟ͑Δͱ͍͏͜ͱ ˠ೔ຊ͕ෆಘखͱ͖ͯͨ͠෼໺