Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Things happening before start coding with Metals ~behind the curtain of daily coding~

Things happening before start coding with Metals ~behind the curtain of daily coding~

9b888a029ae98abd2675b115ff0c4256?s=128

Rikito Taniguchi

September 25, 2020
Tweet

Transcript

  1. Things happening before start coding with Metals ~behind the curtain

    of daily coding~ 2020/09/25 scala.tokyo Lightning Talk Rikito Taniguchi (tanishiking)
  2. こんにちは Rikito Taniguchi (@tanishiking) - Hatena (2017/4 ~ 2020/8) full-time

    - Hatena (2020/10~) part-time - Grad student at Tokyo Tech (2021/4~) たまに Scala の開発支援ツールの開発を手伝ったりしてます。 This wired diagram looks like the blurred version of metals logo :)
  3. Disclaimer 今回の発表はそれぞれ以下のバージョンのコードベース・仕様に基づいています。 - Metals v0.9.4 - Metals VSCode v1.9.4 -

    metals-languageclient v0.3.2 - Language Server Protocol v3.15
  4. Useful References (other than codebase) • Official page for Language

    Server Protocol • Language Server Extension Guide | Visual Studio Code Extension API • Integrating a new editor · Metals • Integrating a new build tool · Metals • A Dive into Configuring Metals · Metals • A bloop tour for metals users • Coursier · Pure Scala Artifact Fetching
  5. What is Language Server Protocol エディタ(client)とlanguage server との通信プロトコル (ただの JSON-RPC

    + header) プロトコルを定めることで通信イン ターフェースの実装を各エディタ/言 語のライブラリに任せることができ る。 https://code.visualstudio.com/api/la nguage-extensions/language-server- extension-guide
  6. No LSP? • Intellij-scala / ensime など ◦ intellij の

    backend を vim や emacs から使えないよね ◦ ensime、エディタごとのサポート状況にばらつきが大きかった (クライアントの 実装が大変なので) ◦ 一方インターフェースを好きに実装できるので柔軟性は高い backend が LSP を実装している場合、クライアント側の実装が小さくなり、いろんなエ ディタに展開しやすくなる。
  7. LSPならエディタ側の実装は0じゃないの? • lsp client さえあれば動くんじゃないの? • metals-vscode (vscode) や coc-metals

    (vim) は何をしている? ◦ javahome の確認 / java のバージョン確認 ◦ エラー時のUI ◦ language server の fetch / launch ◦ 拡張コマンドの実装など 体験をよりよくするためのラッパー それでも従来のクライアントより実装が少ない!
  8. Metals and metals-vscode • vscode から metals を利用するときは metals-vscode という

    vscode plugin を使 う。 • metals-vscode を入れた状態で scala project を開いたときに、コーディングを始 めるまでに何が起きているのか見ていきましょう。
  9. metals-vscode の起動 以下の条件で metals-vscode が activate される。 • metals-vscode の

    new-scala project コマンドを実行した場合 • workspace 内に build.sbt や build.sc や src/main/scala/ が存在して、それらの ファイルが開いている場合など scala プロジェクト以外では metals-vscode が起動しない。 https://github.com/scalameta/metals-vscode/blob/master/package.json#L44-L54 https://code.visualstudio.com/api/references/activation-events
  10. (metals-vscode) Fetching JAR metals vscode が起動すると (JAVA_HOMEを特定した後で) まずは metals の

    JAR を fetch する。 coursier fetch --ttl Inf org.scalameta:metals_2.12:0.9.4 <- metals.serverVersion で変更可 -r bintray:scalacenter/releases -r sonatype:public -r sonatype:snapshots https://github.com/scalameta/metals-languageclient/blob/51a4938d9396cef 6c2bb0fa2182b392b0fe5522b/src/fetchMetals.ts#L10-L50
  11. (metals-vscode) Launching Server metals.serverProperties や JAVA_OPTS / .jvmopts で起動オプションを編集 できるよ。metals

    固有の起動オプションは下のリンクを参照 https://scalameta.org/metals/docs/editors/new-editor.html#metals-serv er-properties java -Xss4m -Xms100m ( <- default ) -classpath ${metalsClasspath} scala.meta.metals.Main fetch が完了したら、取得してきた metals を起動する。
  12. (metals-vscode) Initializing Server LSP ではサーバーが起動したら最初に送るのが initialize リクエスト サーバーの設定やクライアント側のcapabilitiesを送る。 • ClientCapabilities

    ◦ クライアント側がある機能をサポートしているか ◦ この値を参考にして使えない機能を別の実装にfallbackしたり色々 • InitializationOptions ◦ metals のサーバー設定いろいろ ◦ workspace/didChangeConfiguration でサーバー再起動せず更新可 ◦ A Dive into Configuring Metals · Metals
  13. Launching Bloop サーバーの initialize が完了したら、Metalsが以下のような機能を実現するために Build Server (e.g. Bloop) との接続を行う。

    • build / test の実行 (metalsがコンパイルを実行したりするわけじゃない!) • diagnostics の取得 • 外部ライブラリへの Go to Definition 実行時に、ライブラリのコード表示 Wait, what is Bloop?
  14. What is Bloop (quickly) 便利な機能をたくさん備えたサーバー型のビルドツールだよ • ビルドの並列制御 ◦ compile deduplication

    ◦ compile isolation • bloop-cli ◦ コマンドラインからビルド実行する場合はCLIを利用可 • Build Server Protocol What is Bloop · Bloop / A bloop tour for metals users
  15. Build Server Protocol language server などが、compile や test の実行などをリクエストするためのプロトコ ル。

    LSP と同様に JSON-RPC で通信を行う。 Build Server Protocol · Protocol for IDEs and build tools to communicate about compile, run, test, debug and more. request compile compile errors
  16. Where Bloop comes from??? metals が bloop を利用することは分かった。しかしbloopをローカルマシンにインストー ルした覚えがある人は少ないはず。 initialized

    完了後、metals が bloop launcher を使って自動的に background でインス トール & 起動してくれる。 • Launcher Reference · Bloop • BloopServers.scala launch
  17. Build Server Discovery Q. metals は常に新しい bloop server をインストールして使うの?起動済みのbloopに 接続できないの?

    A. 起動済みの bloop server がいたら、 bloop launcher が検知してそれを再利用してく れる。 (metals project を close しても bloop server は terminate しない) • Build Server Discovery · Build Server Protocol • Launcher Reference · Bloop • https://github.com/scalameta/metals-feature-requests/issues/129
  18. Importing Build Q. bloop は build や test を実行できる。build 設定はどこから取得してる?

    A. metals 起動時に sbt (など) から設定を export している。 from https://scalameta.org/metals/docs/editors/vscode.html
  19. Importing Build • sbt-bloop という sbt 設定を bloop の設定ファイルに書き出すプラグイン •

    sbt-bloop が project/metals.sbt に追加される。 • sbt bloopInstall が実行される。(build.sbt 等が編集されるたびにプロンプト) • .bloop ディレクトリ以下に json の設定ファイルが生成される。 1: add sbt-bloop 2: run sbt bloopInstall 3: Dump config to .bloop
  20. つまりどういうこと...? • sbt はビルド設定を bloop 設定に変換して .bloop にダンプ • bloop

    は .bloop 以下のビルド設定を利用して build / test を実行できる • metals はその bloop を利用して diagnostics の取得などを行う • editor は metals を使ってリッチな開発体験を得る。 sbt bloopInstall BSP LSP
  21. SemanticDB の生成 • SemanticDB は Symbol や 型情報などの semantic information

    を保持するデー タ構造。SemanticDB Specification · Scalameta • metals は semanticdb を利用して go to definition などの機能を実現。 (これがないと go to definition とかが動かない) • 通常はコンパイラプラグインを導入する必要があるが、bloop が生成してくれるの でエンドユーザーは気にする必要なし Semantic DB
  22. Finally, finally, finally... • metals-vscode が scala project を検知して •

    metals server が起動して • initialize request を server に投げ • build server に接続し • ビルド設定を sbt から import し • semanticdb が生成されたら ようやくコーディング開始!!!! (本当は他にも indexing, presentation compiler thread 管理 scalafmt や mdoc のインストールなど色々起きてるけど!)
  23. Takeaway from this talk • metals でコーディングする際、裏側ではいろんなことが起きているのを metals や metals-vscode

    がうまく隠蔽しているよ • metalsは 裏側で bloop を使っているよ、やりとりには BSP を使っている。 • bloop のビルド設定は .bloop 以下にあるよ(なのでなんかおかしくなったときは .bloop を消して metals を再起動して build import するとなんか直ることが...)