Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Okta Identity Engineってどうよ?

Okta Identity Engineってどうよ?

66310d2dc1c18188f722d71dfb444bad?s=128

Tatsumi Nishikawa

April 28, 2022
Tweet

More Decks by Tatsumi Nishikawa

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 0 PUBLIC Okta Identity Engineってどうよ? 2022.04.27 Tatsumi Nishikawa

  2. 1 ⾃⼰紹介 ⻄川 ⾠⺒ Tatsumi Nishikawa Cloud Native Inc. これまでやってきたこと

    l 複数の事業会社での情シス l ヘルプデスク、業務改善、システム導⼊(Okta導⼊も!) クラウドネイティブでの活動 l Oktaを中⼼にSaaS検証 l 会社ブログの執筆 l 認証基盤の導⼊⽀援
  3. 2 技術ブログ28記事の内 19記事がOkta関連 !

  4. 3 Oktaといえば…

  5. 4 2021年11⽉に Okta Identity Engine リリースされましたね🎉🎉🎉

  6. 5 OIE関連のブログも たくさん書きました。

  7. 6 ところで、OIEって結局なんだ?🤔

  8. 7 OIEへのいろんな疑問 • OIEって何がいいの? • 今までと何が違うの? • いつ移⾏できるの? • 移⾏する時に料⾦は発⽣するの?

    • 移⾏しないとダメなの?
  9. 8 OIEって何がいいの?

  10. 9 FastPassが使える🏎

  11. 10 FastPass それは爆速で認証が⾏える FastPassでサインインするを選ぶ、Okta Verifyアプリが起動する。 あとはMacのTouch IDに指を置くだけのわかりやすさ!

  12. 11 Device Trustがより容易に😊

  13. 12 Device Trust オンプレ不要に これまでWindowsで必要だったオンプレサーバーは不要に!

  14. 13 EDRとの連携も?🧐

  15. 14 EDR製品との連携 EDR製品からの端末の状態をOkta Verifyを通じてOktaへ連携できる! 端末の状態が悪い場合はアクセスさせないなどのポリシーを定義できます。 ただし、まだ連携できるEDR製品が少ない…🧐

  16. 15 OIEへの移⾏について

  17. 16 OIEへの移⾏ 既存環境の場合 OIEへの移⾏時期については現時点で未定です。 移⾏⾃体は無料で⾏えるそうです。 Okta公式Youtubeにて⾔及あり あくまでも個⼈の予想ですが、 OIEではいくつかサポートされなくなる機能があるのでそれらの利⽤有無で、 移⾏の難易度が変わりそうです。 詳細についてはOkta社からの発表を待ちましょう!

    新規の場合 2021年11⽉18⽇以降に発⾏されたテナントはトライアル環境含めてOIEです。
  18. 17 OIEを今すぐ触りたい場合は トライアル環境を払い出しましょう https://www.okta.com/jp/free-trial/

  19. 18 おまけ🍬

  20. 19 OIEでパスワードを持たない ユーザーが作成できるように

  21. 20 真のパスワードレス時代到来か?

  22. 21 検証した結果… パスワードの代わりにEmailを必須の認証要素としてEnrollが必要 エンドユーザーはマジックリンクを利⽤して認証を⾏う Oktaサインイン時にメールを送信する マジックリンク付きメールからログイン

  23. 22 あれれ?おっかしいなー🕵

  24. 23 メールシステムをOktaでSSOしてると この⽅法は使えないじゃん

  25. 24 今後に期待ですね🤗

  26. 25 もう⼀個おまけ🍬

  27. 26 Okta管理画⾯の ⽇本語化ももうすぐ? Oktaの会計年度は2⽉始まり

  28. 27 以上、ありがとうございました😎

  29. 28 株式会社クラウドネイティブ Cloud Native Inc. 設立:2017年5月 所在地:〒106-0032 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 16F

    代表電話番号:050-1791-0450 Eメールアドレス:info@cloudnative.co.jp ITの世界だからこそ、⼈と⼈とのコミュニケーションを最重要視し、 全員が前を向いて楽しく仕事を進められる世界を作るのが最⼤のミッションで す。 https://cloudnative.co.jp/