Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

HashiCorp Vaultを使った セキュアなDBアクセスの実現/Secure DB access with HashiCorp Vault

HashiCorp Vaultを使った セキュアなDBアクセスの実現/Secure DB access with HashiCorp Vault

JAWSDAYS2021

3c34d5208019afdef94681546dbb16b3?s=128

Yokoyama Tatsuo

March 20, 2021
Tweet

Transcript

  1. HashiCorp Vaultを使った セキュアなDBアクセスの実現 横山達男(@tatsuo4848) | 2021/03/20

  2. 本セッションのターゲット • RDSのパスワード管理に悩んでいる方 • HashiCorp Vaultでどんなことができるのか興味がある方

  3. 小田原にあるHameeから来ました!

  4. 自己紹介 twitterアカウント:@tatsuo4848 GitHubアカウント:tatsuo48 ~ これまでの経歴 ~ 拝承系SIer(インフラエンジニア、お客様サポート) ⬇ 株式会社みんなのウェディング(インフラエンジニア、SRE) ⬇

    Hamee株式会社(SRE、TechLead) 三度の飯よりAWSが好き
  5. Hameeについて

  6. Hameeについて

  7. Hameeについて

  8. Next Engineの機能

  9. Next Engineのシステム構成 メイン機能 Platform API アプリ アプリ アプリ アプリ アプリ

    アプリ
  10. Next Engineのシステム構成 メイン機能 Platform API アプリ アプリ アプリ アプリ アプリ

    アプリ AWSで運用中
  11. Next Engineのシステム構成 メイン機能 Platform API アプリ アプリ アプリ アプリ アプリ

    アプリ AWSで運用予定 (さくらインターネットから移行中 ) AWSで運用中
  12. Next Engineのシステム構成 メイン機能 Platform API アプリ アプリ アプリ アプリ アプリ

    アプリ
  13. Next Engineのシステム構成(移行完了後) メイン機能 Platform API アプリ アプリ アプリ アプリ アプリ

    アプリ Auroraクラスター
  14. メイン機能 Next Engineのシステム構成(移行完了後) Platform API アプリ アプリ アプリ アプリ アプリ

    アプリ Auroraクラスター Auroraクラスター Auroraクラスター Auroraクラスター
  15. メイン機能 Next Engineのシステム構成(移行完了後) Platform API アプリ アプリ アプリ アプリ アプリ

    アプリ Auroraクラスター Auroraクラスター Auroraクラスター Auroraクラスター Auroraクラスター Auroraクラスター Auroraクラスター Auroraクラスター Auroraクラスター
  16. 増え続けるDBインスタンスの ユーザ管理をどうする?

  17. 課題 • サービス成長と共に増えつづけるDBインスタンスのユーザ管理をどうする? ◦ 問い合わせ対応などで開発者ごとのDBユーザ発行は必須!

  18. 課題 • サービス成長と共に増えつづけるDBインスタンスのユーザ管理をどうする? ◦ 共通ユーザを作成 ▪ 定期的なパスワードローテーションが必要 ▪ パスワードの安全な共有方法が必要

  19. 課題 • サービス成長と共に増えつづけるDBインスタンスのユーザ管理をどうする? ◦ 共通ユーザを作成 ▪ 定期的なパスワードローテーションが必要 ▪ パスワードの安全な共有方法が必要 ◦

    開発者ごとにDBユーザを作成 ▪ 定期的なパスワードローテーションが必要 ▪ 入社、退社時の作業コストが大
  20. どちらの手段も一長一短

  21. HashiCorp Vaultで解決!

  22. HashiCorp Vaultで解決! • IAM認証情報を元にRDSの期限付きユーザを発行する仕組みを構築 ◦ パスワードローテーション不要 ◦ パスワード共有方法も考えなくていい ◦ 入社退社時にIAMの更新対応は元から必要なので新規コストは発生せず

  23. 全体構成図

  24. HashiCorp Vaultについて

  25. HashiCorp Vaultについて • Terraformで有名なHashiCorp社が開発したプロダクト • 機密情報管理 • 以下を行ってくれる ◦ 任意の認証基盤(Auth

    Methods)を使った認証 ◦ ポリシー(Policies)に基づき機密情報(Secrets Engines)へのアクセスを認可 • Dynamic Secretsという動的な機密情報生成の仕組み
  26. 認証と認可 • めちゃくちゃわかりやすい記事がありますのでそちらをお読みください ◦ 出典:DevelopersIO,よくわかる認証と認可 ◦ https://dev.classmethod.jp/articles/authentication-and-authorization/

  27. 認証と認可 • めちゃくちゃわかりやすい記事がありますのでそちらをお読みください ◦ 出典:DevelopersIO,よくわかる認証と認可 ◦ https://dev.classmethod.jp/articles/authentication-and-authorization/ • 認証は「通信の相手が誰(何)であるかを確認すること」 •

    認可は「とある特定の条件に対して、リソースアクセスの権限を与えること」
  28. 認証と認可(HashiCorp Vaultの場合)

  29. 認証と認可(HashiCorp Vaultの場合) 認証は「認証情報を元に、認証基盤に正しい通信相手か確認すること」

  30. 認証と認可(HashiCorp Vaultの場合) 認証は「認証情報を元に、認証基盤に正しい通信相手か確認すること」 認可は「認証が通ったユーザに、ポリシーに基づいて機密情報へのアクセス権限を与えること」

  31. Dynamic Secrets • 通常の機密情報(Secrets Engines)はVault内に暗号化して保存 • Dynamic Secretsは少し特殊 ◦ アクセスのたびに自動で生成される

  32. Dynamic Secrets アクセスのたびに自動でIAMユーザが作成される 設定したTTLが切れた際のIAMユーザ削除までVaultが責任を持って実施

  33. 認証にIAM、SecretsEngineにRDS

  34. 構成図

  35. 認証にIAM • AWS SSOログイン後、接続したいDBが存在するアカウントに設定した IAMロールのCredentials を取得

  36. 認証にIAM • Credentialsを使って署名した、署名済みリクエスト (sts:GetCallerIdentityRequest)を渡す

  37. 認証にIAM • 署名済みリクエストをIAMのエンドポイントに送り、どのロールの Credentialsで署名したのか?を 確認

  38. 認証にIAM • 認証完了!

  39. SecretsEngineにRDS • 正しいトークンが付与されたリクエストをなげる

  40. SecretsEngineにRDS • 認証済みユーザに対して何が認可できるか?をポリシーで確認 ◦ 対象となるRDSインスタンス ◦ 発行するDBユーザの権限

  41. SecretsEngineにRDS • DBユーザ/パスワードを作成する

  42. SecretsEngineにRDS • DBユーザ/パスワードをレスポンスとして返す

  43. DBアクセスについて

  44. Vaultは認証、認可のみ • VaultによってDBの一時ユーザ/パスワードを入手 • プライベートサブネットに配置したRDSに安全に接続する仕組みが必要 • 開発者はSequelProなどのGUIツールが使いたい ◦ SSMを使って踏み台インスタンスを用意するだけではだめ ◦

    SSHトンネリングが必要
  45. SSM with SSH • SSMを使ってSSH接続 • SSH接続なのでSCPもSSHトンネリングもできる! • ssm-userではなく、任意のユーザでSSH接続させられるのでルート権限も渡さずに済 む

  46. まとめ

  47. 全体構成図

  48. まとめと今後の展望 • まとめ ◦ VaultとIAMを組み合わせることでセキュアなDBアクセスの仕組みを実現 • 今後の展望 ◦ EC2によるDB踏み台がいらない構成にしてみたい! ▪

    Fargate踏み台やってみたいな〜
  49. 最後に宣伝!

  50. 積極採用中です! • 採用ページ ◦ https://recruit.hamee.co.jp/odawara • 珍しい福利厚生 ◦ 小田原手当 ▪

    小田原周辺地域に居住する正社員に対し、月2万円を支給! ◦ いざ!小田原 ▪ 正社員の新幹線・特急電車・飛行機・船・高速バスでの通勤OK
  51. ご静聴ありがとうございました!

  52. None