Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

リモート時代のグローバルPython/Ploneコミュニティの変化と最新Plone6の動向

 リモート時代のグローバルPython/Ploneコミュニティの変化と最新Plone6の動向

OSC Fall 2021 Plone研究会の発表

0dbafc17e04503dfef253274853b2c8a?s=128

Manabu TERADA

October 23, 2021
Tweet

More Decks by Manabu TERADA

Other Decks in Technology

Transcript

  1. CC BY 4.0 リモート時代のグローバル Python/Ploneコミュニティの変化と最 新Plone6の動向 Plone Users Group Japan

    寺田 学 「オープンソースカンファレンス2021Fall 」 2021年10月23日
  2. CC BY 4.0 セッション中の諸注意 • スライドは公開済み • 写真撮影可能、録音・録画可能 • 質問

    ◦ Sli.do (https://bit.ly/OSC2021Spring_slidoD) ◦ またはZoomコメントで • Twitterなどでのつぶやき 歓迎
  3. CC BY 4.0 自己紹介 寺田 学 (Manabu TERADA) • Pythonエンジニア

    • Podcast 「terapyon channel」(https://podcast.terapyon.net) • 主な関連書籍(共著・監修・監訳) ◦ 機械学習図鑑(翔泳社 : 2019年4月) ◦ Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(翔泳社 :2018年9月) ◦ スラスラわかるPython(翔泳社:2017年8月) ◦ Pythonハッカーガイドブック(マイナビ : 2020年5月)【最後にプレゼントあります】
  4. CC BY 4.0 本日のトークと関連組織 Plone Users Group Japan として、トークします。 •

    一般社団法人PyCon JP Association代表理事 • 株式会社 CMSコミュニケーションズ 代表取締役 • 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会顧問理事 • Plone Foundation Ambassador • PSF Fellow member 2019Q3 & Contributing member
  5. CC BY 4.0 Plone Foundation Plone Foundationは、グローバルに導入されているCMSフレームワーク「Plone」の普及・ 開発を支援することを目的に2004年に設立された非営利組織です。主な活動内容は、 Ploneソフトウェアの知財管理と、カンファレンスや開発スプリントの開催を通じたコミュニ ティへの支援です。

    • Plone ・・CMSツール • Guillotina ・・次世代ヘッドレス非同期サーバフレームワーク • Pyramid ・・汎用Webフレームワーク • Zope ・・Webアプリケーション基盤 • Volto ・・SPAツールキット
  6. CC BY 4.0 本日のトーク内容 「コミュニティ活動について」 「最新Plone動向について」 ことについて説明します。

  7. CC BY 4.0 コミュニティ活動について グローバルPythonコミュニティの動向と変化 グローバルPloneコミュニティの動向と変化 日本における活動

  8. CC BY 4.0 紹介するコミュニティ • US PyCon • PyCon APAC

    • Plone Conference • PyCon JP • Plone研究会 • Python mini hack a thon
  9. CC BY 4.0 US PyConは、北米のPythonイベント https://us.pycon.org/2022/ 年に1回の世界最大級のPythonイベント Python開発者が多く集まるイベント Sprintで開発を促進する役割もあった US

    PyConとは
  10. CC BY 4.0 US PyCon 2019の様子

  11. CC BY 4.0 US PyConの変化 2019までは 3000人規模 の現地開催イベント 2020は Zoomオンラインイベント

    2021は 専用システムオンラインイベント 2022は 現地開催?イベント
  12. CC BY 4.0 PyCon APACは、アジア地域のPythonイベント https://th.pycon.org/ 年に1回のアジアのどこかで開催 2021年はタイ・バンコクで開催 2013年に日本・東京で開催した PyCon

    APACとは
  13. CC BY 4.0 PyCon APACの変化 2019までは SG ・JP・TW・KR・MY・PH でイベント 2020はMY・

    YouTubeオンラインイベント 2021はTH・ オンラインと部分的に現地?イベント
  14. CC BY 4.0 PloneConfは、Ploneの国際イベント https://2021.ploneconf.org/ 年に1回のPlone Foundation主催のPloneイベント PloneやZopeなどの話題を扱うイベント 世界中から一同に集まるので、ディスカッションやさまざまな決定・ 開発が行われていた

    Plone Conferenceとは
  15. CC BY 4.0 PloneConf 2019会場入り口の様子

  16. CC BY 4.0 PloneConfの変化 2019までは 300人規模 の現地開催イベント 2020は 専用ツールでオンラインイベント 2021も

    専用ツールでオンラインイベント
  17. CC BY 4.0 PyCon JPは、国内Pythonイベント https://2021.pycon.jp/ 年に1回の日本最大級のPythonイベント 国際色豊かにさまざまなPythonの話題を扱うお祭り PyCon JPとは

  18. CC BY 4.0 PyCon JPの変化 2019までは 1000人規模 の現地開催イベント 2020は Zoomオンラインイベント

    2021は Zoomオンラインと部分的に現地イベント
  19. CC BY 4.0 PyCon JP 2021現地開催の様子

  20. CC BY 4.0 PyCon JP TV

  21. CC BY 4.0 Plone研究会は、Ploneに関する情報交換 https://plonejp.connpass.com/ 月に1回のPlone全般情報交換や翻訳などを行う 20年近くの歴史がある Plone研究会とは

  22. CC BY 4.0 Plone研究会の変化 2020年3月までは 都内の会議室 で現地開催イベント 2020年4月以降は Zoomオンラインイベント 2022年には

    現地イベントを復活させたい
  23. CC BY 4.0 pyhackは、Pythonなどを自由に開発等 https://pyhack.connpass.com/ 月に1回のもくもく会 Python関連だけでなく自由に参加可能 Python mini hack

    a thonとは
  24. CC BY 4.0 pyhackの変化 2020年3月までは 都内の会議室 で現地開催イベント 2020年4月以降は Zoomオンラインイベント 2022年には

    現地イベントを復活させたい
  25. CC BY 4.0 CM

  26. CC BY 4.0 Plone 6のCMを作った

  27. CC BY 4.0 最新Plone動向について Ploneの現状 Plone 6のコンセプト説明 Voltoの現状Voltoの事例紹介(国内外)

  28. CC BY 4.0 Ploneの現状

  29. CC BY 4.0 Plone(プローン)は、約20年の歴史 オープンソースCMS エンタープライズ対応の高度な機能を備えており、多くの人と組織が 関わるウェブサイトの管理に力を発揮します。 規模に関わらず、社内情報の共有・蓄積も得意分野です。 Ploneとは

  30. CC BY 4.0 Ploneのスナップショット

  31. CC BY 4.0 Ploneが提供する主な機能 • エンタープライズ環境との統合 • 柔軟なワークフロー・強固なセキュリティ • すぐれた拡張性

    • 高いスケーラビリティ • 多言語対応 • アクセシビリティ対応 • 認証とシングルサインオン
  32. CC BY 4.0 Ploneが提供する主な機能詳細 詳細 を知りたい方は OSC2019 東京秋 老舗CMS PloneとReactの融合

    https://speakerdeck.com/terapyon/lao-pu-cms-plonetoreactfalserong-he?slide=17
  33. CC BY 4.0 Ploneの最新バージョン Plone 5.2.6 2021年10月リリース https://plone.org/download/releases/5.2.6

  34. CC BY 4.0 Plone 5.2 のリリース • Plone 5.2 は2019年11月

    • Python 3対応 • UI/機能は既存を踏襲
  35. CC BY 4.0 Plone 5.0 のリリース • Plone 5.0 は2015年9月

    • 現在のUIを採用 • 内部も大きく変化した
  36. CC BY 4.0 Plone 5.0 の過去資料 詳細 を知りたい方は OSC2015 東京秋

    Plone 5 & アクセシビリティ https://www.slideshare.net/terapyon/plone-5-at-osc-2015-tokyo-fall
  37. CC BY 4.0 Plone 6のコンセプト

  38. CC BY 4.0 Plone 6 • 次期メジャーバージョンアップ • リリース時期は未定だが、アルファバージョンが出た •

    2つのUI
  39. CC BY 4.0 Plone 6にはUIが2つ Volto: a new ReactJS-based frontend

    The “core” Barceloneta-based frontend https://plone.org/roadmap/plone-6-roadmap.pdf
  40. CC BY 4.0 Plone 6 core • クラシックとも呼ばれている • 既存のUIをベース

    • いままで通りの使い方を想定
  41. CC BY 4.0 Plone 6 Volto • 現在別パッケージととして提供されているVolto • ReactベースのSPAツールキット

    • Ploneの新UIとして採用が決まった • 大きな変化がある
  42. CC BY 4.0 SPAツールキットVoltoとは ─ 1 • Plone専用のフロントエンドアプリとして開発がスタート • 当初は、plone.reactと言われていた

    • ReactベースのCMS用のフロントエンド実装 • MITライセンス • Ploneやguillotina CMSに対応しているSPAを作る為のもの
  43. CC BY 4.0 SPAツールキットVoltoとは ─ 2 • 編集画面等のCMS管理もすべてVoltoで行う想定 • Blockでページを構成する

    • Semantic UI ベース https://semantic-ui.com/ • カスタマイズを行うことで見た目や機能拡張が可能な仕組みを 提供
  44. CC BY 4.0 Volto編集画面

  45. CC BY 4.0 Volto表示画面

  46. CC BY 4.0 SPAツールキットの良さ • Webページが、アプリ化 • 編集画面の変容 ◦ TinyMCEなどのWYSIWYGで書いて良いの?

    ◦ WordPressやMediumなどの編集画面 • Webサイトは、スマホやタブレットからの閲覧がますます多くな り、スマホアプリとの差を減らす
  47. CC BY 4.0 Plone 6 を一言で Plone 6は SPA CMS

    Volto (Reactベース) と Ploneを完全融合
  48. CC BY 4.0 Voltoの現状

  49. CC BY 4.0 Voltoの最新バージョン Volto 13.15.1 2021年9月リリース https://github.com/plone/volto/releases

  50. CC BY 4.0 Volto のリリース • 積極的にバージョンアップ・機能アップを実装中 • 数ヶ月でメジャーバージョンアップしている •

    ヨーロッパ中心で開発が進んでいる
  51. CC BY 4.0 Volto / SPA なぜ SPA と思った方は OSCオンライン2020

    東京春 SPA CMSツールVolto for Ploneの紹介とPWAへの展望 https://speakerdeck.com/terapyon/spa-cmsturuvolto-for-plonefalseshao-jie-topwahefalsezhan-wang
  52. CC BY 4.0 Volto のリリース • 積極的にバージョンアップ・機能アップを実装中 • 毎月のようにメジャーバージョンアップしている •

    ヨーロッパ中心で開発が進んでいる
  53. CC BY 4.0 Voltoの事例紹介

  54. CC BY 4.0

  55. CC BY 4.0

  56. CC BY 4.0

  57. CC BY 4.0

  58. CC BY 4.0

  59. CC BY 4.0

  60. CC BY 4.0

  61. CC BY 4.0

  62. CC BY 4.0

  63. CC BY 4.0

  64. CC BY 4.0

  65. CC BY 4.0

  66. CC BY 4.0

  67. CC BY 4.0

  68. CC BY 4.0 Volto事例一覧 事例がドキュメント内にある https://github.com/plone/volto#demo

  69. CC BY 4.0 ご清聴 ありがとうございました。

  70. CC BY 4.0 Q&A