Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

コネクト支援チームのいま / Current_Status_of_the_Connect_Support_Team

tignyax
November 13, 2020
1.2k

コネクト支援チームのいま / Current_Status_of_the_Connect_Support_Team

コネクト支援チームのいま

・さくらの夕べオンライン 〜サイボウズさんといっしょ!〜
https://sakura-tokyo.connpass.com/event/193018/

tignyax

November 13, 2020
Tweet

More Decks by tignyax

Transcript

  1. コネクト⽀援チームのいま
    サイボウズ株式会社
    開発本部 コネクト⽀援チーム
    久宗⼤雅(@tignyax)

    View full-size slide

  2. ⾃⼰紹介
    ▌ 久宗 ⼤雅 @tignyax
    ▌ 2014年 新卒でサイボウズ⼊社
    ▌ 元インフラエンジニア。今は開発運⽤本部が強くなるための⽀援
    ▌ やってること
    n コミュニティへの協賛/会場提供
    n ⾃社イベント開催
    n ソーシャルメディア運⽤
    n 技術PR/広報/ブランディング
    n チームビルディング
    n プログラムマネージャー
    ▌ 趣味はコーヒー・カメラ・ボルダリング
    ▌ カフェ部部⻑。好きなコーヒードリップポットはタカヒロ雫0.9㍑。

    View full-size slide

  3. コネクト⽀援チームとは
    ▌略してコネT
    ▌2019年1⽉から新体制になりました
    n 前⾝の組織はもっと前から
    ▌メンバーは約7⼈
    n 専任や兼務、時短や複業などコミット率はさまざま
    ▌リーダーはいません
    n フラットな関係

    View full-size slide

  4. コネクト⽀援チームとは
    ▌チームの理想
    n ⼀緒に働きたいと思える⼈が
    n サイボウズのことを好きで、サイボウズの⼈とつながっている
    ▌直接的な採⽤への貢献を⽬指すというよりは、⻑期的な関係性を作る
    ことを重視する
    ▌“コネクト“と”⽀援”が指す意味は、種類も粒度も濃度もさまざま
    ▌開発本部にいるからこそ活かせることがある

    View full-size slide

  5. コネクト⽀援チームの関係図
    運⽤本部
    開発本部
    ⼈事本部
    採⽤チーム
    SC本部
    DevRelチーム
    コネクト⽀援
    チーム
    エンジニア(広義)
    コミュニティなど
    採⽤イベントなど
    関係性作りなど
    製品ハックなど
    協⼒・協調
    協⼒・協調
    ⽀援

    View full-size slide

  6. いまの主な活動内容
    ▌オンラインmeetup
    ▌⾃社イベントの開催⽀援
    ▌オンライン会場提供
    ▌スポンサー協賛
    ▌コミュニティ活動
    ▌SNS運⽤
    ▌技術ブログ
    ▌エンジニアサイト
    ▌社内活動

    View full-size slide

  7. チームの領域分類(仮)
    ▌新規開拓︓新しい場所や事を開拓する
    ▌施策運⽤︓いまの活動施策を運⽤する
    ▌社内リレーション︓社内の情報をウォッチしたり、関係性を構築したり
    ▌アシスト︓メンバーが活動しやすいようにアシストする
    ▌チーム運営︓チームに関する運営をする
    新規開拓 社内リレーション
    施策運⽤
    チーム運営
    アシスト

    View full-size slide

  8. チーム運営でやってること/やろうとしていること
    ▌理想からのブレイクダウン
    n 会社/開発本部/からチームの理想を整理して活動へブレイクダウン
    ▌現実からのフィードバック
    n いまの活動も並⾏して進めていて、理想へフィードバック
    ▌理想・現実のアップデート
    n 外的/内的要因による新しい変化を、理想と現実へアップデート

    View full-size slide

  9. チーム運営でやってること/やろうとしていること
    ▌活動の軸の探求
    ▌短期/中期/⻑期の⽬標を可視化・マッピング
    ▌活動のExperience Mapの作成
    ▌関係各所との協⼒/協調
    ▌1on1でみんなのステータスを⾒える化し共有
    ▌チームビルディングでのリーダーシップ

    View full-size slide

  10. お気持ち
    ▌各⼈レベルの⾼い活動が多いと思うが、スタンドプレーになっていたり単発
    で終わってしまうことが多い。⻑期的な視点も中々考えにくい状態。
    ▌活動⾃体もよりしやすくしたいし、各々の活動を結びつけもしてもっと効
    果効率を上げたい。
    ▌みんなが安⼼安定して活動ができるようにチームの⼟台を整えています。
    ▌良いバランスになってきたと思うので、これからが楽しみ︕

    View full-size slide

  11. ご清聴ありがとうございました

    View full-size slide