Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

インフラエンジニアが技術ブランディングに向き合ってみた話

tignyax
April 25, 2019

 インフラエンジニアが技術ブランディングに向き合ってみた話

採用広報vol.2「技術ブランディング」を知る広報LT大会#18@Speee
での発表資料です。
「インフラエンジニアが技術ブランディングに向き合ってみた話」

tignyax

April 25, 2019
Tweet

More Decks by tignyax

Other Decks in Business

Transcript

  1. インフラエンジニアが
    技術ブランディングに向き合ってみた話
    サイボウズ株式会社
    久宗 大雅

    View full-size slide

  2. 組織の紹介
    ▌会社規模
    ⚫ 日本のオフィス拠点は、東京・名古屋・大阪・広島・松山・福岡・仙台
    ⚫ 設立して約22年
    ⚫ 東京オフィス所属で約600人
    ⚫ 副業/時短/在宅勤務など含む
    ▌今回の話に関係しそうな組織図をピックアップ
    ⚫ 開発本部(約100人)+運用本部(約50人)
    ⚫ エンジニアといわれる人達(※人数は海外拠点、兼務含むのでもちょい少ない)
    ⚫ ビジネスマーケティング本部コーポレートブランディング部
    ⚫ 会社ブログ運営や広報など
    ⚫ 人事本部採用育成部
    ⚫ 採用、人事など

    View full-size slide

  3. 自己紹介
    ▌久宗大雅(ひさむね たいが)
    ▌サイボウズ株式会社
    ⚫ 元:運用本部サービス運用部クラウド運用チーム(SRE)
    ⚫ 現:開発本部コネクト支援チーム
    ▌業務内容は採用活動に関するあれこれの支援
    ⚫ スポンサー協賛、会場提供、イベント主催、技術広報など
    ⚫ ≠採用人事
    ▌趣味
    ⚫ コーヒー、ボルダリング

    View full-size slide

  4. 技術のことはエンジニアが一番わかる
    開発運用本部内で
    技術についてブランディングしていくことに

    View full-size slide

  5. “技術“とは? “ブランディング”とは?

    View full-size slide

  6. “技術“とは? “ブランディング”とは?
    製品技術のこと?
    開発環境のこと?
    開発手法のこと?
    エンジニアについて?
    などなど
    目的は?
    方法は?
    誰がするの?
    などなど

    View full-size slide

  7. 技術ブランディングに向き合った結果を
    サイボウズの場合を例に説明します
    ※現段階ではあくまで個人の見解です
    ※サイボウズ、およびチームで合意が取れた話ではないです
    ※これから認識を合わせて仮説検証したいという段階です

    View full-size slide

  8. そもそも何のために技術ブランディングするの?

    View full-size slide

  9. そもそも何のために技術ブランディングするの?
    “採用”につなげるため

    View full-size slide

  10. 採用する体制はどうなってるの?

    View full-size slide

  11. 採用する体制はどうなってるの?
    “誰でも人事”になれることを考えている

    View full-size slide

  12. 誰でも人事とはどういうこと?

    View full-size slide

  13. 誰でも人事とはどういうこと?
    各人/チームで採用できる/しやすいような“状態”をつくる

    View full-size slide

  14. 状態をつくるには?

    View full-size slide

  15. 状態をつくるには?
    “技術ブランディング“を行う

    View full-size slide

  16. 技術ブランディングを行うようにするには?
    ・ 技術要素を整理するため弊社エンジニアを巻き込んで考える
    ・ 一貫性のあるブランディングを行うため方針を立てる

    View full-size slide

  17. 技術ブランディングの方法(施策)は?
    ▌自社主催イベント
    ▌会場提供
    ▌スポンサー協賛
    ▌SNS
    ▌エンジニアブログ
    ▌などなど

    View full-size slide

  18. 技術ブランディングの方法(施策)は?
    ▌自社主催イベント
    ▌会場提供
    ▌スポンサー協賛
    ▌SNS
    ▌エンジニアブログ
    ▌などなど
    採用のための
    数ある手段のうちの一つ

    View full-size slide

  19. あれ?インフラエンジニア視点なくない?

    View full-size slide

  20. インフラエンジニア視点として今日一番言いたいのはこれ!

    View full-size slide

  21. クラウドサービスはリリースして終わりじゃない!
    そのあとの運用・保守も大事!!

    View full-size slide

  22. クラウドサービスはリリースして終わりじゃない!
    そのあとの運用・保守も大事!!
    ブランディング施策も実施して終わりじゃなくてその後も大事!

    View full-size slide

  23. フィードバック可能な目的/目標を設定して
    仮説検証を実施し
    フィードバックループを回しましょう!

    View full-size slide

  24. フィードバック可能な目的/目標を設定して
    仮説検証を実施し
    フィードバックループを回しましょう!
    OODAループが相性良いかも?
    Observe(観察)
    Orient(状況判断)
    Decide(意思決定)
    Act(実行)​​

    View full-size slide

  25. まとめ
    1. 何のためにやるのかを意識する
    ⚫ 採用のため
    2. 誰が行うのかを考える
    ⚫ 弊社エンジニア達
    3. どうなっていたいかを考える
    ⚫ 各人/チームで採用できる/しやすいような状態をつくる
    ⚫ 技術要素を整理するためエンジニアを巻き込んで考える
    ⚫ 一貫性のあるブランディングを行うため方針を立てる
    4. 技術ブランディングには様々な方法があるがあくまで1のための手段
    5. フィードバック可能な目的/目標を設定する
    6. 仮説検証をしてフィードバックループを回す

    View full-size slide

  26. まとめ
    1. 何のためにやるのかを意識する
    ⚫ 採用のため
    2. 誰が行うのかを考える
    ⚫ 弊社エンジニア達
    3. どうなっていたいかを考える
    ⚫ 各人/チームで採用できる/しやすいような状態をつくる
    ⚫ 技術要素を整理するためエンジニアを巻き込んで考える
    ⚫ 一貫性のあるブランディングを行うため方針を立てる
    4. 技術ブランディングには様々な方法があるがあくまで1のための手段
    5. フィードバック可能な目的/目標を設定する
    6. 仮説検証をしてフィードバックループを回す
    といったことを
    今後実施していければな
    と考えています

    View full-size slide

  27. ご清聴ありがとうございました
    詳しい話を聞きたい方はお気軽にご連絡ください
    Twitter:@tignyax

    View full-size slide