Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CodeZine Night #2_若手エンジニアが語る技術への挑戦とキャリア戦略

CodeZine Night #2_若手エンジニアが語る技術への挑戦とキャリア戦略

CodeZine Night #2_若手エンジニアが語る技術への挑戦とキャリア戦略での登壇資料です。

■イベント情報
https://codezine.connpass.com/event/285100/

■今後のイベントについてはこちら
https://yumenosora.connpass.com/

■虎の穴ラボ 採用サイト
https://yumenosora.co.jp/tora-lab/

More Decks by 虎の穴ラボ株式会社

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    自作Webサービスのソースコードを
    公開してみたら色んな刺激を受けた件
    1
    虎の穴ラボ
    Kanon

    View full-size slide

  2. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    アジェンダ
    2
    1. 自己紹介
    2. ソースを公開しようと思うまでの経緯
    3. ソース公開にあたって準備したこと
    4. ソースを公開してみてよかったこと
    5. まとめ

    View full-size slide

  3. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    虎の穴ラボについて
    3
    世界最大規模の同人
    EC
    クリエイター支援
    プラットフォーム
    同人作品委託サービス
    “サークルポータル”

    View full-size slide

  4. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    自己紹介
    4

    View full-size slide

  5. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    1. 自己紹介
    5
    Kanon
    ● 虎の穴ラボ / サークルポータルチーム
    ● 入社理由
    ○ アニメ漫画が好き過ぎて、どうせ仕事で何か作るの
    ならば、ITの力を使ってオタク業界に貢献したい
    ○ スキルを高め合える勉強熱心な仲間が欲しい
    ○ 周りが つよつよエンジニア ばかりな状況で揉まれた

    twitter: @samurai_se

    View full-size slide

  6. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    ソースを公開しようと思うまでの経緯
    6

    View full-size slide

  7. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    2. ソースを公開しようと思うまでの経緯
    7
    高校の日本史教師を目指す
    新卒でSIerに入社
    圧倒的に基礎がない

    View full-size slide

  8. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    2. ソースを公開しようと思うまでの経緯
    8
    まず基礎固めかつ、業務で使う知識領域の資格取得から始めた
    ● 基本情報技術者
    ● AtCoder 茶
    ● Oracle Master Bronze
    ● Java SE8 Silver
    ● LPIC Lv.2
    ● 応用情報技術者
    ● Google Professional Cloud Developer
    これまでに取った資格
    自画自賛ですが結構頑張ったと思う …

    View full-size slide

  9. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    2. ソースを公開しようと思うまでの経緯
    9
    おかしい…
    全く開発力が上がっている気
    がしない!!

    View full-size slide

  10. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    2. ソースを公開しようと思うまでの経緯
    10
    なんでか考えた
    ● やってることは結局、 インプットが中心
    ● 資格を取っただけでは、あくまでなにかについて ”知ってはいる”という状態
    ● アウトプットが圧倒的に足りない
    ● 筋肉をつけることは必要だけど、筋肉をたくさんつけたからといってプロ野球選手に
    なれるかといわれるとそうじゃない

    View full-size slide

  11. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    2. ソースを公開しようと思うまでの経緯
    11
    アウトプット、アウトプット、アウトプット…
    他にもあります
    詳しくはこちらに書いてます

    View full-size slide

  12. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    2. ソースを公開しようと思うまでの経緯
    12
    アウトプットを重ねた結果、気づく
    ● 手を動かして何かを作らな
    いと、開発力は上がらない
    ● 他人からのフィードバック
    がないと、自分の世界は
    広がらない

    View full-size slide

  13. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    2. ソースを公開しようと思うまでの経緯
    13
    いっそソースも公開しちゃえばいい!!

    View full-size slide

  14. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    ソースを公開するにあたって準備したこと
    14

    View full-size slide

  15. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    3. ソースを公開するにあたって準備したこと
    15
    作るもの

    View full-size slide

  16. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    3. ソースを公開するにあたって準備したこと
    16
    他のOSSリポジトリを参考に以下ドキュメント
    ● README
    ● CONTRIBUTING
    ● SECURITY
    ● CODE_OF_CONDUCT
    ● LISENCE
    自分が参考にしたのはこちら

    View full-size slide

  17. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    3. ソースを公開するにあたって準備したこと
    17
    GitHubには親切に”Community Standards”というテンプレートがある

    View full-size slide

  18. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    3. ソースを公開するにあたって準備したこと
    18
    Here’s how this project compares to recommended community standards

    View full-size slide

  19. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    3. ソースを公開するにあたって準備したこと
    19
    Branch Protectionの設定
    ● 特定のブランチへのマージ前に
    PullRequestを強制する
    ● マージ前にコードオーナーの許可を必須に
    する

    View full-size slide

  20. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    3. ソースを公開するにあたって準備したこと
    20
    GitHub Actionsの設定
    ● フォーマット
    ● Linter
    ● 単体テスト
    ● デプロイ
    不特定多数の人がコードを触っても、
    品質を担保するための仕組みづくり

    View full-size slide

  21. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    ソースを公開してみてよかったこと
    21

    View full-size slide

  22. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    4. ソースを公開してみてよかったこと
    22
    ● プロジェクト初期にしかやらない設定やインフ
    ラ整備を経験できる
    ● 会社以外の人からのフィードバックを受ける
    ことができる
    ● 人の目を意識してコードを書く癖がつく
    ● 逆に人のコードをレビューする責任感を味わ
    うことができる

    View full-size slide

  23. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    4. ソースを公開してみてよかったこと
    23
    issueからフィードバックを
    もらえる

    View full-size slide

  24. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    4. ソースを公開してみてよかったこと
    24
    自分がレビューする
    責任も味わえる

    View full-size slide

  25. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    4. ソースを公開してみてよかったこと
    25
    海外の方とも交流できる
    この方はアルゼンチンから

    View full-size slide

  26. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    まとめ
    26

    View full-size slide

  27. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    まとめ
    ● どれだけインプットしても、アウトプットがなければ開発力は
    上がっていかない
    ● 他人の目がある状況でアウトプットしないと、自分の世界は
    広がらない
    ● 自分でOSSプロジェクトを始めると、仕事ではプロジェクト立ち
    上げ時にしかできない作業を疑似体験できる

    View full-size slide

  28. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    おわりに
    28

    View full-size slide

  29. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    おわりに 勉強会へのおさそい
    Connpass : blessing software twitter: @samurai_se

    View full-size slide

  30. Copyright (C) 2023 Toranoana Inc. All Rights Reserved.
    おわりに 勉強会へのおさそい
    7/20(木) 19:30~

    View full-size slide