Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

[2022/12/07]この素晴らしいアプリケーションにテストコードを

tosite
December 07, 2022

 [2022/12/07]この素晴らしいアプリケーションにテストコードを

大名エンジニアカレッジ みんな大名にあつまれ!忘年会2022 ミートアップ

tosite

December 07, 2022
Tweet

More Decks by tosite

Other Decks in Programming

Transcript

  1. この素晴らしい

    アプリケーションに

    テストコードを

    大名エンジニアカレッジ 

    みんな大名に集まれ!忘年会2022 

    ミートアップ 

    2022-12-07


    View full-size slide

  2. わたし

    View full-size slide

  3. GMOペパボ株式会社
    ホスティング事業部
    バックエンドエンジニア
    趣味:
    キャンプ
    @tosite / まおちゃ / 手島 尚人


    View full-size slide

  4. わたし

    5

    コミュニティから学ぶエンジニアリング

    以前

    FGN Tech Meetup #2

    みなさん最近どうですかvol.2

    で発表させていただきました


    View full-size slide

  5. コミュニティの

    話をしよう

    View full-size slide

  6. 参加しているコミュニティ

    7

    ● NaITE

    ● JaSST Kyushu

    ● FukuokaJs

    ● PHPカンファレンス福岡(コロナにより中止)

    ● Laravel.tenjin(活動休止中)

    View full-size slide

  7. 参加しているコミュニティ

    8

    ● NaITE

    ● JaSST Kyushu

    ● FukuokaJs

    ● PHPカンファレンス福岡(コロナにより中止)

    ● Laravel.tenjin(活動休止中)

    View full-size slide

  8. 参加しているコミュニティ

    9

    今日はJaSST

    から来ました


    View full-size slide

  9. 参加しているコミュニティ

    10

    JaSST'22 Kyushu

    の実行委員長やりました!

    当日新型コロナウイルスに罹患してリモート参加となりましたが…


    View full-size slide

  10. 参加しているコミュニティ

    11

    JaSSTって?


    View full-size slide

  11. 参加しているコミュニティ

    12

    Japan Symposium 

    on Software Testing


    View full-size slide

  12. 参加しているコミュニティ

    13

    現代社会においてソフトウェアは、まるで空気のごとく不可欠な存在となっています。

    空気に不純物が混じったり、濃度に変化があれば様々な障害が発生します。

    実際、ソフトウェアの問題によって個人レベルでも社会レベルでも多様な問題が日々、起こっています。

    ですから、ソフトウェアを用いる上で、その用途を満たしているかどうかという確認だけではなく、問題がないことの検証も同時に行わなけれ
    ばなりません。

    そこには当然技術が求められ、ソフトウェアテストはまさにそのための大切かつ重要な技術の一つなのです。

    技術ですから、日進月歩であるべきであり、進化した技術や知識は広く共有されるべきだと我々は考えています。


    この考え方に基づき、ソフトウェア業界全体のテスト技術力の向上と普及を目指して、NPO法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)は
    ソフトウェアテストシンポジウム(JaSST : Japan Symposium on Software Testing)を全国各地で開催しています。


    ソフトウェアテスト技術者交流会(TEF)の活動として2003年に東京で始まったJaSSTはいまや、北は北海道から、東北、新潟、東京、東海、
    北陸、関西、四国、九州と、全国で開催しています。また、レビューを深耕する機会となるJaSST Review、さらに2020年からは場所を問わず
    に参加できるJaSST Online、そして2021年からは誰でも気軽にトークできるJaSST nanoも開催しております。各のJaSSTは、有志である実
    行委員たちのボランタリな活動によって企画・運営がされています。


    各地域において、それぞれの特色を出していくことで、地域に根差したシンポジウムを実現しようという、実行委員全員の熱い想いで、
    JaSSTの準備を日々行っています。

    シンポジウム当日に、ソフトウェアテスト技術に関心が高い多くの参加者に集まり交流を深められることで、JaSSTを通じたソフトウェアテスト
    技術振興の輪が日本全国で確実に広がっていることは、実行委員全員のやりがいであり、活動の大きなモチベーションとなっています。


    JaSSTは、これからもソフトウェアテスト分野の最新の研究発表、実践事例にとどまらず、ツールの適用事例や活用 ノウハウ、ソフトウェア

    View full-size slide

  13. 参加しているコミュニティ

    14

    はい


    View full-size slide

  14. 参加しているコミュニティ

    15

    テストにまつわる事例発表や

    講演などを行うシンポジウム

    テストに興味のある方々が

    集まるイベントとなっております


    View full-size slide

  15. テストの

    話をしよう


    View full-size slide

  16. テスト書いてない

    奴いる?


    View full-size slide

  17. いねえよなぁ!!?


    View full-size slide

  18. 書いてない人


    View full-size slide

  19. 20

    著者: @mty_mno 「テスターちゃん番外編『ヤツが来る!!』の巻&メイキングオブジョジョ風の絵
    」


    View full-size slide

  20. が

    重要性は理解していても

    なかなか書けないことってありますよね


    View full-size slide

  21. 唐突にアンケート


    View full-size slide

  22. 唐突にアンケート

    23

    テストコード書いたこと

    あるよって人󰢧


    View full-size slide

  23. 唐突にアンケート

    24

    テストの種類(単体テスト・結合テストなど)

    について説明できるよって人󰢧


    View full-size slide

  24. 唐突にアンケート

    25

    境界値を意識しながら

    テストできてるよって人󰢧


    View full-size slide

  25. 唐突にアンケート

    26

    例外処理のテストの

    観点を持ってるよって人󰢧


    View full-size slide

  26. 唐突にアンケート

    27

    スタブ/モックを

    使いこなせてるよって人󰢧


    View full-size slide

  27. 唐突にアンケート

    28

    責務分割を意識しつつ

    テスタビリティの高い

    アプリケーションコードが

    書けるよって人󰢧


    View full-size slide

  28. 唐突にアンケート

    29

    テストコードのない

    アプリケーションコードに対して

    リファクタリングしつつテストコードを

    追加できるよって人󰢧


    View full-size slide

  29. ご回答

    ありがとう

    ございました


    View full-size slide

  30. 唐突にまとめ


    View full-size slide

  31. まとめ

    32

    エンジニアになる前から

    テストコミュニティと関わっていたため

    テストの重要性については理解していました


    View full-size slide

  32. まとめ

    33

    が、どうやってテストを

    書けばいいかわからん!

    と思うことが多かったです


    View full-size slide

  33. まとめ

    34

    ですのでぇ〜・・・


    View full-size slide

  34. まとめ

    35

    みなさまの

    ためにぃ〜・・・


    View full-size slide

  35. まとめ

    36

    こんなリンクを

    用意しました


    View full-size slide

  36. まとめ

    38

    もし今日の話で一つでも

    気になる点があれば

    ご一読いただければ幸いです


    View full-size slide

  37. まとめ

    39

    実例を交えて

    アプリケーションコードや

    テストコードも掲載しているので

    少しでもお役に立てればと思います


    View full-size slide

  38. ご清聴ありがとう

    ございました


    View full-size slide