$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

グローバルハッカソン チャレンジトーク

グローバルハッカソン チャレンジトーク

スピーカー
Suetake Yoichi (@SuetakeYoichi)
Masatomi KINO (@masatomix)
Yui (@Yui12614052)
清水 庸介(@_tommybomber)
ちゅき(@Chuki)

UiPath Friends

December 18, 2020
Tweet

More Decks by UiPath Friends

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 1 #UiPathFriends グローバル ハッカソン チャレンジトーク UiPath HyperHack に挑戦してみた! Masatomi KINO

    Yoichi Suetake Yui Yohsuke Shimizu 12月18日(金) UiPath Friends 全国 クリスマスアウトプットスペシャル
  2. 2 #UiPathFriends UiPath HyperHackとは? UiPath グローバルで開催されたのハッカソン 4 カテゴリーのUiPath製品を使った、 アイデアと成果物を全世界より大募集! 1.

    UiPath AI Fabric and UiPath Document Understanding (DU) and UiPath Action Center 2. UiPath Apps and UiPath Data Services 3. UiPath Assistant and UiPath Custom Activities 4. Chatbots 4 名までのチームエントリーが可能! 2 位まで入賞 優勝: $2,000 / 準優勝: $1,000 vouchers Most Innovative Solution: $1,000 vouchers 最大2カテゴリーまで重複受賞可能 11月18日(水)申込締切 / 11月20日(金) 提出締切
  3. 3 #UiPathFriends • UiPathマーケットプレースにアップ済み、過去のハッカソンの成果物はNG • 成果物の提出はチームリーダーから 提出する成果物 1. プロセス設計書 (PDD:

    Process Design Document) 2. プロジェクトファイル、ワークフロー 3. プレゼン資料(スライド10枚以内) 4. ソリューションビデオ (7分以内) 5. Additional scripts (if applicable) 詳細はRules and Regulations, Submission Guidelines ルールとガイドライン 成果物の提出時に必要な情報(フォーム入力) 1. どんなプロジェクトか? 2. どの業界向けに使えるものか? 3. チーム全員の写真 4. UiPathを使って工夫したポイント 5. 成果物が解決する課題など
  4. 4 #UiPathFriends 評価ポイント Judging Criteria Concept 20 % Technology 25

    % Impact 25 % Presentation 15 % Completion 15 % コンセプト ビジネスに効く、価値を生み出すような アイデアであるかどうか? We’ll evaluate your idea to see if it is disruptive or innovative while adding value to enterprise business テクノロジー、技術力 効果的、効率的にUiPath製品を使っているか? 他の技術との連携も評価 We'll evaluate your solution on how effectively and efficiently you’ve used UiPath products, and if you’ve integrated with the ecosystem of other technologies インパクト、影響度 アイデアの影響度や広く使われる可能性があるか? We want to see the overall impact of your idea. Is it far-reaching, does it have the potential of widespread use across customers プレゼンテーション 問題提起、課題とそれに対する、わかりやすい明瞭なソリューションであるか? We will check if you have a well-defined problem statement, how have you articulated your solution, and if your presentation is precise 完成度 ソリューションの完成度。ハッカソン期間中で完成できるものであるか? How complete is the solution? Have you delivered what you wanted too? You need to be realistic about what can be accomplished in the time frame.
  5. 結果& アイデア発表

  6. 6 #UiPathFriends 祝!おめでとうございます!!

  7. 7 #UiPathFriends 清水 その1 1/2 Head office Nursery school Classroom

    1 Classroom 2 Office ③手書きのお迎え時刻を報告 ①お迎え担当の先生 ②担任から当日の様子を引継ぎ
  8. 8 #UiPathFriends 清水 その1 2/2

  9. 9 #UiPathFriends 清水 その2 1/1 本部スタッフ ホテルスタッフ 口コミサイト 広報担当 スケジュール実行で

    口コミを収集 返信 RDBMS (SQLServer) レビュー分類 & 感情分析 承認後に返信内容をキューに登録 各種設定を 管理 口コミ返信内容の 承認依頼 依頼に回答 口コミ管理 レビューに基づき 対応を依頼 * 口コミサイトは 追加可能 口コミを格納
  10. 10 #UiPathFriends 末武 その1 Concept of Solution • Enhanced Timer

    Trigger activity provides the following 3 benefits. 1. Easy to create trigger for known-scheduled event. 2. Can add uniform and/or normal distribution random seconds to target time. • Prevents access concentration etc. • Simulate real accesses using multiple robots for system/performance test. 3. Can trigger at target time more accurate. (without Orchestrator) Works in both Attended and Unattended. Also works in background process.
  11. 11 #UiPathFriends 末武 その2

  12. 12 #UiPathFriends Periodically grab data from known scheduled event such

    as some ATOM feed. System/Performance Test using same application which user operates. Trigger with more accurate for ephemeris event etc. (such as eclipse etc.) Cases 末武 その3
  13. 13 #UiPathFriends

  14. パネル ディスカッション