Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

フレームワークのソースコードから知識を深める

 フレームワークのソースコードから知識を深める

Tomoki Kawajiri

September 21, 2022
Tweet

More Decks by Tomoki Kawajiri

Other Decks in Technology

Transcript

  1. フレームワークのソースコードから 知識を深める 株式会社おてつたび 川尻智樹

  2. 株式会社おてつたび リードエンジニア 川尻 智樹 @tomoki_ote2tabi 前職の楽天のアクセラレーションプログラムを きっかけに代表の永岡と出会い、創業当初か らプロダクト開発全般に携わる。 現在は Rails

    と React、楽天時代はバックエンド メインで Java や Python で開発
  3. 短期的・季節的な人手不足で困っている地域の方々と、地域に 興味がある方が出会えるマッチングプラットフォーム おてつたび 登録ユーザー数は2.3万人、 受入先は全国47都道府県 700事業者に拡大

  4. こんなこと思ったことありませんか? • 大規模アプリや長期的にアプリを運用するためには、どのよう な設計がベストなのか • 既存システムやフレームワークに慣れて、同じような設計や コーディングスタイルになっている

  5. 参考書や記事を読んでも知識は広がるが 実運用をあまりイメージできない。。 こんなこと思ったことありませんか?

  6. フレームワークのコードを追う フレームワークは情報の宝庫 何が得られるのか • 設計パターンの参考になる • 可読性について考えさせられる • フレームワークの知識が深まる •

    デバッグスキルが上がる
  7. 設計パターンの参考になる • 依存関係 ◦ クラス同士の依存関係から、責務の分離の単位や継承の 関係性を探る • 全体像から把握 ◦ 点ではなく線でデータの受け渡しの流れを追えるので、新

    たなレイヤーや概念に出会える • 新しい概念に出会えて実装方法もイメージもつけられる
  8. 設計パターンの参考になる 明確な責務の分離 ビジネスロジックのカプセル化 MVCと豊富な機能を提供 最低限の下地で柔軟性が高い おてつたびでは、ビジネスロジックがモデルやコントローラーに散らばっていた り、Fat化により保守性が下がっていた実情をTrailblazerの思想を一部導入する ことで改善しました

  9. 可読性について考えさせられる • ワンラインで書けるが、敢えて意味が分かる変数に代入して 複数行にしている • 行数は増えても、使用頻度の低いメソッドよりは高いメソッドを 使っている • 用途が違う場合は共通化していない などなど

  10. フレームワークの知識が深まる • 新たなメソッドや応用パターンの出会い • コメントから正しい使い方を知る • 知らない設定値や継承できるクラス・メソッドが見つかり、選択 の幅が広がる

  11. デバッグスキルが上がる • エラー内容から原因箇所へ早く辿り着けるようになる ◦ エラーメッセージやエラーが発生したクラス名に見覚えが ある ◦ データの流れを把握しているので、最短ルートで追うことが できる

  12. デバッグスキルが上がる ひいてはこれを使うとこのエラーハンドリングも必要だと事前に気 づけるようになり未然に防げるようになる

  13. まとめ 答えは全てソースコードの中にある • フレームワークは大きなソースコードの塊と捉える、スケール できる設計にするために大事な責務の分離や可読性の参考・ 反面教師になる • 将来発生しそうな問題点を知ることができる

  14. まとめ 可読性 • 大規模アプリをチームで運用するにあたり可読性を下げる要因 • 深すぎる継承や依存によるブラックボックス化 保守性 • 最小限でコード修正できる書き方 •

    ユースケースが違う場合は冗長を許容する • フレームワークの理解が深まりるので、多くの選択肢からソリューションを 提供できる
  15. おてつたびでは、新しい旅の形を一緒に作っていく仲間を募集中です まずはカジュアルにお話ししましょう! 会社概要 Meety ありがとうございました