Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ScalaでgRPC

 ScalaでgRPC

ScalaでScalaPBを使ってgRPCをする話。
ScalaMatsuri 2018のアンカンファレンスでの発表

kenji yoshida

March 18, 2018
Tweet

More Decks by kenji yoshida

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Scala でgRPC ScalaMatsuri 2018 1 / 36

  2. twitter @xuwei_k github @xuwei-k blog https://xuwei-k.hatenablog.com 2 / 36

  3. Scala 忍者 未来から送られてきた関数型プログラミングロボット 3 / 36

  4. 2017 年のOSS 活動 出したpull request 825 merge されたpull request 750

    4520 contributions 4 / 36
  5. gRPC 公式サイト grpc.io 5 / 36

  6. 2015 年2 月にGoogle が 発表したhttp2 を使った RPC フレームワーク 6 /

    36
  7. google 内部ではstubby という名前で ずっと内部で使われているらしい stubby をOSS として作り直したのがgRPC 7 / 36

  8. gRPC デフォルトでは protocol buffers が使われる 他のシリアライズ方式に差し替えることも可能 だがそれほど使われていない? 8 / 36

  9. 公式対応言語 C++, Java, Python, Go, Ruby, C#, Node.js, Android, Objective-C,

    PHP PHP はクライアントのみ 9 / 36
  10. gRPC とは 公式では Scala は対応していない protocol buffers 自体に plugin があるの

    で、それでコード生成をして対応できる 内部的には grpc-java を使っている grpc-java の実装はnetty 4.1 を使っている 10 / 36
  11. protocol buffers の plugin protoc プラグインの書き方 by @yugui さん yugui

    さんは元google でgrpc-gateway なども作っておりとても詳しい 11 / 36
  12. Protocol Buffers は遅いのか 同僚 遅いかどうかの話じゃなく protocol buffers の特徴をうまく説明している? のでオススメ 12

    / 36
  13. https://xuwei-k.github.io/scala- protobuf-docs/grpc https://github.com/xuwei-k/grpc-scala- sample 13 / 36

  14. Scala での使い方 14 / 36

  15. https://github.com/scalapb/ScalaPB Scala での protocol buffers のライブラリ gRPC にも対応している @xuwei-k が対応させました

    15 / 36
  16. たぶん3 年連続くらいで2 位 16 / 36

  17. project/plugins.sbt addSbtPlugin("com.thesamet" % "sbt-protoc" % "0.99.18") libraryDependencies += "com.thesamet.scalapb" %%

    "compilerplugin" % "0.7.1" 17 / 36
  18. build.sbt import scalapb.compiler.Version.{ scalapbVersion, grpcJavaVersion } PB.targets in Compile ++=

    Seq( scalapb.gen() -> (sourceManaged in Compile).value ) libraryDependencies ++= Seq( "io.grpc" % "grpc-netty" % grpcJavaVersion, "com.thesamet.scalapb" %% "scalapb-runtime-grpc" % scalapbVersion ) 18 / 36
  19. service の定義 https://github.com/grpc/grpc- java/blob/v1.10.0/examples/src/main/proto/helloworld.proto message HelloRequest { string name =

    1; } message HelloReply { string message = 1; } service Greeter { rpc SayHello (HelloRequest) returns (HelloReply) {} } 19 / 36
  20. Server の実装 https://github.com/xuwei-k/grpc-scala-sample/blob/a5d4fb9a952/grpc- scala/src/main/scala/io/grpc/examples/helloworld/HelloWorldServer.scala#L80- L81 class GreeterImpl extends GreeterGrpc.Greeter {

    override def sayHello(req: HelloRequest): Future[HelloReply] val reply = HelloReply(message = "Hello " + req.name) Future.successful(reply) } } 20 / 36
  21. protobuf でリクエスト、レスポンス、サービスを 定義 リクエストを引数にとって、Future[ レスポンス] を返すメソッドを実装 21 / 36

  22. Client リクエストやレスポンスのパーサー的なものは実装の 必要ない https://github.com/xuwei-k/grpc-scala- sample/blob/a5d4fb9a95/grpc- scala/src/main/scala/io/grpc/examples/helloworld/HelloWorldClient. 22 / 36

  23. client のインスタンスの生成 val channel = ManagedChannelBuilder .forAddress(host, port) .build() val

    blockingStub = GreeterGrpc.blockingStub(channel) https://github.com/xuwei-k/grpc-scala- sample/blob/a5d4fb9a952c3e895e791b13786f8eb1681b6f65/grpc- scala/src/main/scala/io/grpc/examples/helloworld/HelloWorldClient.scala#L75-L77 23 / 36
  24. リクエストを作成して渡す val request = HelloRequest(name) val response = blockingStub.sayHello(request) 24

    / 36
  25. Java との違い unary の場合は、StreamObserver は使用せずに、 scala のFuture を返すという規約にした その他の場合はJava と似たような感じで

    StreamObserver を使用 つまり必要以上に関数型な感じにはあえてしなかった 25 / 36
  26. リクエストとレスポンスがそれぞれstream か否か? で4 種類ある Unary Server Streaming Client Streaming Bidirectional

    Streaming 26 / 36
  27. /* unary */ rpc hello(Req) returns (Res){} /* server streaming

    */ rpc hello(Req) returns (stream Res){} /* client streaming */ rpc hello(stream Req) returns (Res){} /* bidirectional streaming */ rpc hello(stream Req) returns (stream Res){} 27 / 36
  28. 4 種類の実装のサンプル 28 / 36

  29. Unary リクエストを1 つ送るとレスポンス1 つ返る def hello(req: Req): Future[Res] = {

    // req: Req を使って Future[Res] を返す処理 } 29 / 36
  30. Server Streaming リクエストを1 つ送るとレスポンスがゼロ個以上の複数 返る def hello(request: Req, observer: StreamObserver[Res]):

    Unit = { // observer.onNext を0 回以上複数回呼ぶ } 30 / 36
  31. Client Streaming リクエストを複数送ると、レスポンスが返る def hello(observer: StreamObserver[Res]) = new StreamObserver[Req] {

    // onNext などを実装 } 31 / 36
  32. Bidirectional Streaming リクエストを複数送ると、レスポンスが複数返る(?) def hello(observer: StreamObserver[Res]) = new StreamObserver[Req] {

    // onNext などを実装 } 32 / 36
  33. 無理してstream 使わずに、どうしても必要でない限り unary だけで良い気がする ( 個人の感想) 33 / 36

  34. server streaming 使うと、たしかにサーバーからの push が簡単にかけそう・・・? 34 / 36

  35. bidirectional はエラー処理や状態を考えると、 かえって色々自由すぎて面倒・・・? 誰か良いユースケースがあったら逆に教えて欲しい 35 / 36

  36. 質問コーナーや、ライブコーディング 36 / 36