2019-12-12 DMM meetup

2019-12-12 DMM meetup

About DMM tech vision.

05e8adce66be4e80390a29ace0075161?s=128

y_matsuwitter

December 12, 2019
Tweet

Transcript

  1. © DMM.com テックカンパニーとはなにか DMMの目指す先 DMM.com CTO 松本 勇気
 2019/12/12


  2. © DMM.com 自分とDMMについて 2

  3. © DMM.com 3 Corporate Message

  4. © DMM.com 4 Corporate Message DMM. ESSENCE "DMMらしさ" や "組織風土"

    を言語化し、 5のエッセンスにまとめました。
  5. © DMM.com 5

  6. © DMM.com 6

  7. © DMM.com 40以上の サービスを展開 7 事業について オンラインゲームや動画配信をはじめ としたエンタメコンテンツから、 DMMFX などの金融サービス、その他人材育成

    事業といった様々な分野の事業・活動 に取り組んでいます。 金融 グローバル ビジネス 教育・ コミュニティ ミュージアム ・テーマパーク
  8. © DMM.com 8 事業について ゲーム エンターテインメント ・コンテンツ ハードウェア ・プロダクト 自然エネルギー

    Eコマース 40以上の サービスを展開 オンラインゲームや動画配信をはじめ としたエンタメコンテンツから、 DMMFX などの金融サービス、その他人材育成 事業といった様々な分野の事業・活動 に取り組んでいます。
  9. © DMM.com 9 事業について ライフスタイル アミューズメント その他、様々なサービスを展開&開発中↓↓ https://www.dmm.com/ 40以上の サービスを展開

    オンラインゲームや動画配信をはじめ としたエンタメコンテンツから、 DMMFX などの金融サービス、その他人材育成 事業といった様々な分野の事業・活動 に取り組んでいます。
  10. © DMM.com • 松本 勇気 (@y_matsuwitter) • DMM.com CTO /

    日本CTO協会理事 • 経歴 • 東京大学在学中に3社のスタートアップの立ち上げ・支 援 • 2013年 Gunosy入社 • Gunosyにて執行役員、CTO、新規事業担当を経て DMM.comへ • 高負荷環境のシステム設計や機械学習、VR、 Blockchainなど新技術領域担当を歴任 10 自己紹介
  11. © DMM.com CTO就任時における DMMの課題 日本の多くの組織が抱える技術活用の壁 11

  12. © DMM.com テックカンパニー化をミッションにCTOへ 12

  13. © DMM.com 13 テックカンパニーとは 事業の全てがソフトウェア・エンジニアリングで改善されるのがテックカンパニー。 技術を交えた課題解決
 • 全ての事業や組織に関わる 仕組みを、特にソフトウェア・ エンジニアリングで繋げる。


    
 コード・計測
 • DMMに関わる全てをコードで 表現していく。
 • システム化の先に全てを計 測し、データとして保存。
 技術指向・ソフトウェア化 計測と事業モデリング
 • プロダクトだけでなく、組織に 関わる全てを計測し、指標化 し、連動する一つのモデルと して表現する。
 
 個別最適化
 • 人では不可能なレベルの細 やか、かつ自動的な最適化
 • 結果としての省力化と改善 の双方を達成する。
 データドリブン イテレーティブな改善
 • 日々細かい検証ループを回 しながら数多くの施策を試 す。
 • ABテストにより着実に改善を 積み上げる。
 
 失敗を許容する
 • 不具合等発生しても復旧可 能であるレジリエントなシス テム。
 Agility
  14. © DMM.com 入社時点でのDMMの課題 14 ビジネスモデルや営業力に比べ、事業年数の経過もあってか技術活用が今一歩不足していた。
 20年続くシステム
 • またシステムの多くが長期間運用されておりコー ド上の複雑度が上昇
 


    事業と開発が長らく別会社運用
 • エンジニアリングによる事業改善の流れが不足 していた。
 • 営業とビジネスモデルの強さで成長。
 
 事業部間のコミュニケーション
 • 各事業が各々独立して動いており、知見の共 有、標準化が不足。
 
 技術と事業、および事業間の分離 定性的事業判断 データによる定量性的分析の活用不足
 • 現代の事業はデータがその中心にあるべき。
 • 現状の社内では定性的な意思決定がほとんど だった。(後述)
 
 機械学習ベースの事業改善の不足
 • 情報配信 = 検索と機械学習の世界
 • 現状ではマニュアルに運用されている箇所がほ とんど。

  15. © DMM.com DMM Tech Vision テックカンパニーにむけて2021年までの戦略 15

  16. © DMM.com DMM Tech Vision 16

  17. © DMM.com 17

  18. © DMM.com 18

  19. © DMM.com 19

  20. © DMM.com 具体的な取り組み事例(技術・データ) • モノリスの解体とサービス分割 • 売上100億規模の事業のクラウド移行 • QAチームの立ち上げ •

    事業数値の可視化推進プロジェクト • MLOps基盤の構築 • 各事業に対するパーソナライズエンジン提供 • オンプレ環境でのKubernetes環境検証 20
  21. © DMM.com 学べるDMM 21

  22. © DMM.com 新規事業の今とこれから 22

  23. © DMM.com DMM、新規事業の今 現在40を超える事業があり、未来に向けてさらに加速していきたい。 23 • 事業軸 • 「なんでもあり」 •

    最近増えている事業軸 • 教育事業 • 製造業 • エンタメ事業...etc • 投資 • R&D • VR/AR、ブロックチェーン、機械学習など • 東京大学との社会連携講座 各事業のビジョンと成功を支える、器としてのDMM.comを目指す。
  24. © DMM.com 新規事業を支える技術 基本的に各事業で自由な選択としている。 24 • Disposabilityを意識して沢山の技術的挑戦を支えて いきたい。 • 最近の事例

    • 事例:GAMES PFでの新規プロダクト • Istioを用いたService Mesh環境 • ArgoによるCI/CD • 最終的には新規事業を支えるリファレンス的な技術 スタックを構築目指す。 実験と共有により、ベストプラクティスが溜まる環境を目指す。 社内での利用技術の例
  25. © DMM.com 新規事業を作り続ける組織であるために 現状、CTO個人としての考えだが、とにかく何でもありな事業軸で沢山の事業を立ち上げる。 25 • DMMでは現在、1事業/月ほどの事業軸増加。 • 流れを加速し、10年で300事業を立ち上げたい。 •

    次のDMMの軸となる事業を生み出す。 • 沢山の事業を支えるベストプラクティスの集積 • 技術が支えるAgility • データが支える事業のScience • よい仲間が集まるAttraction • よい文化を共有する仲間とそのMotivation DMM Tech Visionの先に沢山の事業、それを可能にする技術的基盤と科学的姿勢を作っていきたい。 ソフトウェア工学 データサイエンス 機械学習 Agility高い文化 魅力的発信 成長環境 大量の事業群 Best Practiceの集積