Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

JSONataで擬似的なデータ生成(+α) / Node-RED Park Vol.3

JSONataで擬似的なデータ生成(+α) / Node-RED Park Vol.3

Cd931bc05e7cee46b9a950a63e47ba4c?s=128

you(@youtoy)

January 13, 2022
Tweet

More Decks by you(@youtoy)

Other Decks in Technology

Transcript

  1. JSONataで擬似的なデータ生成(+α) 2022年1月13日 (木) Node-RED Park Vol.3 @オンライン 豊田陽介( ) @youtoy

  2. 自己紹介 ビジュアルプログラミング・ IoT関連のコミュニティや、 その他にも 豊田陽介( ) 普段は、某通信会社勤務 @youtoy ・IT系イベント主催、登壇や運営なども ・子ども向けの活動いろいろ(IT系以外も)

    ・ Microsoft MVP(2021/10 から) プライベートでの活動 ・ガジェット好き その他 自宅にたくさん
  3. JSONataを 最初に知ったきっかけ

  4. ある時この発表資料を見かけて

  5. 資料のこの部分が個人的に響いた 👍 これが避けられるのは良いな

  6. せっかくなので、 ビジュアルなプログラミング で完結させたい

  7. というのをやるのに ピッタリでは!?

  8. そこにこだわりすぎて 逆に複雑になりすぎたり、 という場合は悩ましいけど🤔

  9. JSONataを知る

  10. そして、 Functionノードを使った 作例を元に...

  11. 当時何かを試したはず (だけど、はっきりとは 思い出せず😅)

  12. 半分、勢いで 登壇枠の申し込みを していた状況

  13. 発表ネタがなかった!?😅

  14. Qiitaに何か書き残してそう! 🔍 「jsonata user:youtoy」で検索 記事が 出てきた

  15. JSONataを試していた事例の1つ 📝 記録が残っていたやつ

  16. JSONata でやってたこと ↓ 擬似的なデータ生成

  17. JSONataを使っていた部分

  18. やりたかったこと お試し1 お試し2 UIのボタンを押して 状態を切り替える 連続的に発生する状態変化に連動して変わる 「お試し2」のやつを手軽にやりたかった(乱数とか使って)

  19. 「Node-RED 乱数生成」で検索 検索で出てきた事例: Functionノードを使っているもの (検索結果の上位のものはこのパターン)

  20. そこでJSONata@injectノード とりあえず乱数生成 0.5秒間隔で処理

  21. 発生した乱数から真偽値を changeノードでの処理 node-red-contrib-ui-led の色変化の仕様

  22. 🤔🤔🤔

  23. 資料を作っていて今さらながら思った changeノード不要では? injectノード 1つあれば...

  24. ノード1つで十分だった

  25. 自分が活用できそうな 事例が他にも 1つ

  26. enebular editorで シリアル通信をする時

  27. 余分な空白などをサクッと消去 change ノードで

  28. 余分な空白などをサクッと消去 change ノードで 欲しい部分 だけに なった!

  29. 自分が活用できそうな事例、 他にもいろいろありそう

  30. 終わり!