Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Kotlinではじめるマルチプラットフォーム開発

 Kotlinではじめるマルチプラットフォーム開発

2020/07/18 Zli × DMM 合同LT にて発表

3c7020b33ae8880dd9514b6469a28ae0?s=128

Yuta Tomiyama

July 18, 2020
Tweet

Transcript

  1. Kotlin/MPPではじめる マルチプラットフォーム開発 2020/07/18 Zli × DMM 合同LT

  2. 自己紹介 HN: マヤミト 会津大学26期 (学部3年) Zli 現代表 GitHub: https://github.com/yt8492 好きな技術:

    Android, Kotlin, gRPC 最近、Kotlin/JSでポートフォリオサイトを作りました https://yt8492.com Twitter: yt8492
  3. そもそも従来のクロスプラットフォーム開発 とどう違うのか?

  4. 従来のクロスプラットフォーム開発 - 基本的に一つのコードでAndroidとiOS(とWeb)が動く - ビジネスロジックもUIも共通化 - プラットフォーム固有の処理をさせたいときに若干面倒 ビジネスロジック UI

  5. Kotlin/MPP - プラットフォームに関わらず共通の処理をKotlinで書くことができる - UIは各プラットフォームごとに実装する(基本的にそれぞれのネイティブ) - UIの実装を各プラットフォームごとに書く必要がある分手間はかかるが、ネイティブ で実装できることは基本的になんでもできる ビジネスロジック UI

  6. Kotlin/MPPのしくみ - KotlinのコードをJavaScriptやObjective-Cなどにトランスパイルし、それを各プラッ トフォームのコードから利用する - 各プラットフォームのラッパーライブラリが用意されている場合はKotlinだけで完結 する(Kotlin/JS向けのReactラッパーなど)

  7. Kotlin/MPPのしくみ iOS POSIX

  8. Kotlin/MPPのメリット・デメリット メリット - プラットフォーム固有の処理に悩む必要がなくなる - (ラッパーが用意されている場合)学習コストがライブラリ部分のみで済む デメリット - そもそも情報が少ない -

    各プラットフォームの知識が必要
  9. 電卓アプリを作って考えてみる

  10. 電卓アプリに必要な要素 - 計算式を入力する - 式を評価し、計算を行う - 計算結果を出力する

  11. 電卓アプリに必要な要素 - 計算式を入力する - 式を評価し、計算を行う - 計算結果を出力する 「式を評価し、計算を行う」のはプラットフォームに依存しない処理 -> Kotlin/MPPで共通化できる!

  12. 開発の流れ 計算部分をKotlinで実装 ↓ Android, iOS, Webフロント, CLIのプロジェクトから共通モジュールとして参照、UI部分 のみプラットフォームごとに実装

  13. プロジェクトのおおまかな構成 Calculator ├── common // 共通モジュール(Kotlin/MPP) ├── android // Androidネイティブ(Kotlin/JVM)

    ├── ios // iOSネイティブ(Swift) ├── webfront // React(Kotlin/JS) └── cli // Windows, Linux, Mac(Kotlin/Native)
  14. 共通モジュールの実装 操車場アルゴリズムを用いて計算処理を実装 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%8D%E8%BB%8A%E5%A0%B4%E3%82% A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0 計算式を構成するトークン、文字列をトークンのリストにパースするパーサ、トークンのリ ストを受け取り計算する計算機をKotlinで実装 文字列のパースにはKotlin/MPP対応のパーサライブラリを使用 https://github.com/h0tk3y/better-parse

  15. Androidアプリの実装 共通モジュールをそのままKotlinのライブラリとして読み込み、通常のアプリ開発と同じ 流れで開発

  16. iOSアプリの実装 共通モジュールをiOS向けのライブラリとしてビルド、Objective-Cのライブラリとして読み 込み、今回はSwiftUIを用いて開発 (時間がなくてUIが汚いけど許して…)

  17. Webフロントの実装 共通モジュールをKotlinのライブラリとして読み込み、Kotlin/JSとkotlin-reactを用いて実 装したものをWebpackでビルド

  18. CLIアプリの実装 共通モジュールをKotlinのライブラリとして読み込み、実装したものをWindows, Linux, Mac向けにバイナリをビルド

  19. 計算ロジックを共有して プラットフォーム毎に実装できた

  20. リポジトリ yt8492/Calculator https://github.com/yt8492/Calculator

  21. 感想 - Kotlinは表現力の高い言語なので、プラットフォームに依らない処理を書くのに向い ていると感じた - JSやTSの知識なしでReactなどを扱えるのはKotlin/MPPならではの利点だと思う - ビジネスロジックをKotlin/MPPで書いてAndroidとiOSから使うのは十分に現実的 だと思う -

    iOS以外はまだまだ情報が少ないので実戦投入は厳しいかも? - もしガッツリKotlin/MPPを採用しているチームがあれば僕を働かせて下さい
  22. ありがとうございました! Kotlin/JSについてLTした過去の資料もよかったら見て みてください! Webフロント開発?それ、 Kotlinでもできるよ。