言語処理学会第25回年次大会参加報告

 言語処理学会第25回年次大会参加報告

2019/03/19の年次大会報告会で発表

F637b583c221c132af26c91cb3dba0ca?s=128

Yumeto Inaoka

March 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. 言語処理学会 第25回年次大会 参加報告 2019/03/19 長岡技術科学大学 自然言語処理研究室 修士課程 稲岡 夢人

  2. 発表内容 • タイトル 日本語文法平易化コーパスの構築 • 概要 在留外国人数の増加に伴って「やさしい日本語」の考え方が重 要性を増している。一方で言語処理においては、自動平易化を 対象とした研究が行われている。本研究では、やさしい日本語 のための文法平易化に用いることを想定したコーパスをクラウ

    ドソーシングによって構築した。またコーパスで見られる書き 換えの現象について分析を行った。
  3. 質疑応答 (1/3) • 日本語学校では「みんなの日本語」を教材として用いているが、 そのような教材を参考にして作られているのか? → 本研究は日本語学校に通っていない(通えない)方を対象に 含めているので、そのような教材より初歩的と考えている • 中国語を母語とする方にとっては和語より漢語の方が分かる

    (「市役所の開く時間」より「開庁時間」の方がわかる) → 本研究は特定の母語を想定していないが、どんな日本語表現 が易しいかは母語によって変化するというのは意識できてい なかった
  4. 質疑応答 (2/3) • 用途を考えると、田中コーパスではなく外国人が読むような テキストを含むコーパスを元に作成するべきなのでは? → 本研究室で過去に構築した平易化コーパスとの対応を取り たかったので田中コーパスを利用したが、今後拡張を行う のであればそれも視野に入れたいと考えている •

    書き換えによって主語が無くなっているが、主語がない日本語 表現は外国人にとって難しいのでは? → 指摘の通りであるが、現状では考慮できていないので、 今後の課題とさせていただきたい
  5. 質疑応答 (3/3) • ブラジル人の多い群馬県大泉町や、インド人の多い東京都葛西 の自治体なら詳しいかもしれない • 機械翻訳の前処理に使えば翻訳性能を向上させられないか? → 日本語ではないが、過去にそのような研究は行われており、 効果があることが示されているので、期待できると考える

    他にも多くのご指摘、アドバイス等をありがとうございます
  6. 発表の紹介 • P6-10 藤井 真, 新納 浩幸, 古宮 嘉那子 「文の持つ情報量を用いたニューラル機械翻訳の訳抜け検出」

    • P5-12 安井 豪, 鶴岡 慶雅, 永田 昌明 「意味的類似性を報酬とした強化学習による文生成」
  7. 文の持つ情報量を用いたニューラル 機械翻訳の訳抜け検出 • 翻訳前と翻訳後の情報量を比較し、半分以下に低下していた 場合に訳抜けとして検出する手法 • Google NMTの結果に対して適合率を計算して評価している • モデル自体を変化させず、また内部状態を使用していないので、

    あらゆるニューラル機械翻訳に対して適用できる • 目的言語を全く知らない人が機械翻訳を使用する際に有用
  8. 意味的類似性を報酬とした強化学習に よる文生成 • ニューラル生成では損失関数にCross-entropyが使われる → 単語の並べ替えや文構造の変化が損失に大きく影響を与える • BERT*を意味的類似性でFine-tuningしたものを使用して、 意味的類似性を報酬として、生成モデルを強化学習する →

    意味を考慮した学習が行える • De → EnのBLEUで効果を確認 *Jacob Devlin et al. BERT: Pre-training of Deep Bidirectional Transformers for Language Understanding. NAACL-HLT (arXiv:1810.04805 [cs]) 2019.
  9. BERTに関する発表 • 原稿に「BERT」を含む発表:21件 (約5.3%) • 今後、Pre-trained Embeddingsと同じ立ち位置になる? 50% 45% 5%

    関連研究・今後の課題 使用 BERTの改善