Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Laravelから始めるテスト駆動開発

 Laravelから始めるテスト駆動開発

2020/02/09 ~ 02/11の期間で開催された【PHPerKaigi2020】のルーキーズLTで発表した登壇資料です。

D30220c903365b2170e791313296b2f9?s=128

AkitoTsukahara

February 10, 2020
Tweet

More Decks by AkitoTsukahara

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Laravelから始める テスト駆動開発 PHPerKaigi2020

  2. 塚原 彰仁 PHPer歴 3年 Laravel,CakePHP, WordPress

  3. トークの概要 ・テスト書く習慣ゼロの状態から テスト駆動開発を始めた話

  4. ある案件の話(失敗談) ▼イベント管理システム ・チケット申し込み ・当日来場受付

  5. 数々の苦難が…

  6. 機能を追加すると 既存機能が動かない…

  7. 増え続けるテストケース ・会員種別 ・申込み手順 ・開催中のイベント ・例外処理 →400件以上をリリースの度に

  8. 申し込んだデータが 消えたみたいで…

  9. 出典:BLEACH 13巻

  10. 何が起きていたのか? 1時間以内に購入 1時間以上経過する

  11. 何が起きていたのか? 1時間以内に購入 1時間以上経過する

  12. None
  13. よし!テスト書く!

  14. テスト書く習慣を作る

  15. 機能追加に耐えられる

  16. きれいなコード書ける

  17. None
  18. レベル1 社内案件から始める

  19. Laravelで始めてみる ・ヘルパーメソッドが便利 ・ドキュメント豊富

  20. 仕様の概要 ▼個人の売上貢献度を教えてくれる システム ・Googleログイン認証 ・Google Sheets API連携

  21. この処理をテスト駆動開発でやってみる Google認証画面(←サンプル) ↓ ログイン ↓ メールアドレス取得

  22. 色々参考にしながら こんな感じに

  23. 何とかできそう! ・参考サイトたくさんある ・テスト前提なら書きやすい

  24. これで満足?

  25. 出典:BLEACH 13巻

  26. 打ち切り漫画っぽい

  27. 出典:シャーマンキング 32巻

  28. レベル2 因縁のイベントシステム

  29. 問題の処理のテストコードを書いていく チケット申し込み ↓ 予約状態を確認(←サンプル) ↓ チケット予約確定

  30. まずはFatControllerの リファクタリング 1.予約状況の確認処理をまるごとService レイヤーに切り出す 2.テスト用に処理を分解する

  31. 泥臭くテストを書いていく こんな感じに

  32. それでも書けないところは E2Eテスト、手動テストでカバー 問題のテストケースは E2Eテストにできました! (1時間の待ち時間解消!!)

  33. None
  34. 会社のみんなからは 複雑な案件に対して、エンジニアも非エンジニアも 安心感を持って取り組めます! 機能追加の心理ハードルが下がりますー

  35. 出典:SLAM DUNK15巻

  36. 打ち切り

  37. ・やってみる価値はあるよ! ・実務で苦戦したことが 逆にモチベーションに! ・小さく始めていこう!

  38. よかったら テストどうでしょうか?

  39. @AkitoTsukahara