Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Monaca Education で ビンゴゲームをつくる (高校 3 年必修選択講座での実践例)

Monaca Education で ビンゴゲームをつくる (高校 3 年必修選択講座での実践例)

2022年1月24日開催のMonaca Education実践事例セミナーでの法政大学第二中・高等学校の北詰昌敬先生の発表資料

More Decks by アシアル情報教育研究所

Other Decks in Education

Transcript

  1. Monaca Educationで ビンゴゲームをつくる (高校3年必修選択講座での実践例) 2022年1月24日 法政大学第二中・高等学校 情報科 北詰昌敬

  2. 本日の内容 1. どのような生徒を対象とした授業? a. 本校の紹介 b. 高校3年 選択授業 2. なぜJavascript?

    なぜMonaca? 3. 年間の展開 4. ビンゴゲームをつくる指導 5. 成果と課題(反省)
  3. 01.a 本校の紹介 ❏ 神奈川県川崎市 ❏ 付属校(法政大学に9割が進学) ❏ 全教科重視(高3で文理クラス) ❏ 自主活動がさかん

    1年 2年 3年(文) 3年(理 系) 国語 5 4 5 5 地歴 2 2 6 2 公民 2 2 2 2 数学 4 6 4 7 理科 5 4 2 5 保健体育 4 4 3 3 芸術 2 2 外国語 6 6 6 6 家庭 2 情報 2 選択 4 2 総合・HR 2 2 2 2 高3理系理科のうち2単位は理科(「地学」「生物」「化学」「物 理」)の選択
  4. 01.b 高校3年選択授業 ❏ 高校3年選択授業 ❏ 必修選択授業 ❏ 教員が授業内容を提示し、(高校2年次) 受講希望生徒が10名以上集まると3年次 に開講

    ❏ 4月〜11月 ❏ 毎週 50分 X 2コマ連続 ❏ 開講の動機と目標 ❏ 共通授業の中であつかう限界 ❏ 「プログラム」の基礎をひととおり身につ ける 集まった生徒たち(28名) プログラミング経験 男 女 文系 11 2 理系 11 4 ある 4 C# , html Javascript, Swift ない 24
  5. 2 なぜJavaScript? なぜMonaca? なぜJavascript ❏ Pythonは苦手 ❏ Google Apps Script

    への応用が可 なぜMONACA ❏ 統合開発環境としての使いやすさ ❏ クラウドベース ❏ テキスト
  6. 3 年間の展開 第1回(4/15) (1・2章)アプリ開発入門、HTML入門 第2回(4/22) (3章)CSS入門 第3回(5/6) (4章)JavaScript入門 第4回(5/13) (5章)条件分岐

    第5回(5/20) (6章)関数 第6回(5/27) (7章)イベント 第7回(6/3) (8章)DOM 第8回(6/17) (9章)フォーム 第9回(6/24) 前期課題作成(学校周辺の紹介) 第10回(7/1) 前期課題作成 第1回(9/2) いろいろな演算子(10章)・配列(11章) 第2回(9/9) 配列(補足プリント)ーー二次元配列 第3回(9/16) 配列(補足プリント)ーーHTML(<table>) 第4回(9/30) 繰り返し(12章) 第5回(10/7) 繰り返し(補足プリント)ーーwhile , 乱数 第6回(10/14) 繰り返し 第7回(10/21) 後期課題作成 第8回(11/4) 後期課題作成 第9回(11/11) 後期課題作成 各回は50分 X 2コマ
  7. 4ビンゴゲームをつくる指導 ❏ なぜ「ビンゴ」 ーー配列・繰り返しを使って作る課題 ❏ 独自のプリントで補った内容 ❏ ビンゴゲーム プログラムの基本構造 ❏

    作業用に配布したプロジェクト
  8. 4 ビンゴゲームを作る指導 まずは作品例

  9. 4.ビンゴゲームを作る指導 独自のプリントで補った内容 ❏ 二次元配列(連想配列) ❏ 繰り返し While() — ユークリッドの互除法 ❏

    乱数 ❏ 乱数(0~1)の発生 → 1~75の自然数に変換 ❏ (重複のない)1~75の自然数列(乱数) ❏ 変数のスコープ ーー グローバル変数 ❏ (HTML)の <table>タグ
  10. 4.ビンゴゲームをつくる指導 プログラムの基本構造

  11. None
  12. 4.ビンゴゲームをつくる指導 プロジェクトを配布

  13. 4.ビンゴゲームを作る指導 学力評価 評価 人数 10 6 9 9 8 8

    7 2 6 2 5 0 4 1
  14. 5 成果と課題(反省) ❏ 反省点・次年度への改善点 ❏ 未完成の生徒がでた。 ❏ 作成のための「足がかり」と「自分で考えさせる部分」の見極め ❏ 「課題が提出できること」と「理解していること」(実習指導のむずかしさ)

    ❏ プログラミングを好きになってくれたかな?
  15. ご静聴 ありがとうございました。