$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

既存の仕組みを棄てる技術

athagi
December 15, 2021

 既存の仕組みを棄てる技術

20211215 の カイゼン Tips LT会 (#kaizenlt) で発表した内容です。

athagi

December 15, 2021
Tweet

More Decks by athagi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 既存の仕組みを棄てる技術 カイゼン Tips LT会 (#kaizenlt) あさぎ(@_athagi)

  2. 自己紹介 ▷ 所属企業 ◦ 1000~ 規模のBtoB 企業に所属 ◦ 20年程度のシステム ▷

    担当 ◦ CICD周りを担当 ◦ DX推進担当 ▷ 最近 ◦ コロナになってから始めた筋トレの成果が でてきた ◦ 関節を痛めそうになった 2
  3. こんなものを社内で見かけませんか? 3 なんでこうなっているのかわからないツール メインブランチではないブランチがメインとして扱われ ている社内ツール ドキュメントも担当者もわからない/いないけど 利用されていることだけはわかるツール

  4. なぜ生まれてしまうのか 4

  5. 時代に則さなくなってくることで生まれる流れ 1. AとBというツールを連携させたい 2. それぞれには連携させる機能がついていなかった(解決したい問題) 3. A-Bを連携させるためのツールを作成する 4. しばらく運用される(ここでコンテキストが失われることもある) 5.

    AにBと連携する機能が追加される 6. 解決したい問題がわからなくなり、なぜそのツールが存在しているのかわからな い。捨てられない。 5
  6. 構築したシステムから文脈が失われる流れ 問題に直面した人が解決するツールを作成する (1) の作成者がいなくなり、コンテキストが失われる ▷ 他の人がボランティアで引き継ぎを行う ▷ 片手間で引き継ぐので問題が発生したときにアドホックな修正だ けを行うようになる ▷

    周辺の人からは運用回っていると思われる (2) の人がいなくなり、コンテキストが完全に失われ、周辺ツールも変わっ てくるので何を解決したかったのかがわからなくなる 6 1世代: 2世代: 3世代:
  7. ハイラムの法則(暗黙のインターフェースの法則) あるAPI に十分な数のユーザーがいるとき、APIを作った者 自身が契約仕様として何を約束しているかは重要ではない。 作られたシステムが持つあらゆる観察可能な挙動に関して、 それに依存するユーザーが出てくるものである。 7 「Googleのソフトウェアエンジニアリング」

  8. 積み重ねで認知負荷が高まってくる 8

  9. ここで2択 ▷ (過去の人も行ってきた)アドホックな修正だけを行って今を生きる ▷ 書き直しを行って、コードが動くようにする 9

  10. 業務改善の4つの視点 ▷ 排除(Eliminate) ◦ 作業をやめられないか ▷ 結合(Combine) ◦ 別々の工程・作業を一つにまとめられないか ▷

    交換(Rearrange) ◦ 工程や作業の順番を入れ替えられないか ▷ 簡素化(Simplify) ◦ より簡単な方法で実現できないか 10
  11. ここで2択 3択目 ▷ (過去の人も行ってきた)アドホックな修正だけを行って今を生きる ▷ 書き直しを行って、コードが動くようにする ▷ もう役目を終えていることを示してやめる ◦ コードが利用されていないことを証明

    ◦ 利用するツールに追加された機能で代替する 11
  12. 問題の母数を減らすことを考える 12

  13. やめようとすると... ▷ ケアしたほうが良い集団 ◦ やめることをやめさせようとする人 ▪ ヒアリングしつつ、改善するための味方にできる ▪ なぜやめたほうがいいのかと説明の向きを変える ▷

    ケアしなくて良い集団 ◦ 「いいぞ、もっとやれ」という人 ◦ 無関心な人 ▪ 見えるところにログを残して、自主的に進めればよい ▪ 後で問題が発生するのはここの集団なのでログを残す 13
  14. 進め方 −立ち位置− ▷ 自分がコードの管理をできる立場につく ◦ 主担当が別にいて、現状に満足していると、口を出しても(正論を言ったとし ても)動かないし、拒絶されてしまう ◦ 「わたし vs

    あなた」ではなく「わたしたち vs 問題」という構図をつくる ◦ 問題が起きたときに対処する主体性 ▷ 分かる範囲で全体像を掴む 14
  15. 進め方 −調査方法− ▷ ログを確認し、連携先を確認 ▷ 問題が起こらないことを事前に証明することは難しい ◦ 「エラーが許される vs 問題が起こらないことを証明する」のコストを比較し

    て、リスク許容度に応じて実行に移してしまう ▷ 解決したい問題を再定義する ◦ ドキュメントが存在しない場合、、どんな問題を解決したくてこのツールが存 在しているのかを再定義してドキュメント化 ◦ 問題の前提が変わったりしたときに棄てるタイミングが分かる 15
  16. 許可を求めるな、謝罪せよ の精神 It's easier to ask forgiveness than it is

    to get permission. (事前に許可を得るより、あとで許してもらうほうが楽) − Grace Hopper − 
 
 
 
 16
  17. 進め方 −削除方法− ▷ ロールバック可能な状態で棄てようとしている機能を無効化する ◦ AMIのバックアップ ◦ 設定のバックアップ(設定値のメモ) ◦ 外部サーバと連携している場合は、対象サーバとのネットワークを遮断する

    ◦ 削除するのではなく、停止しておく 17
  18. 削除して初めて問題があらわになることも... ▷ 削除することで、影響範囲外にあるコンポーネントから火の手があがることもあ る ◦ ロールバックできるようにしておくことで精神的に安全になる ◦ 「利用されている箇所がわかった!」という認識 ▷ チーム内で共有しておくことでカバー

    ◦ 他のメンバーが問題に対応 ◦ 上司に責任を渡すことができる 18
  19. ……やったか!? (問題を倒しきりました) 19

  20. ……やったか!? (問題を倒しきりました) 20 やってない

  21. 完全に削除する ▷ しばらく削除したい機能を止めておき、安全が確認できた段階で完全に削除する ◦ 普段の仕事を行っていると忘れがち ◦ 削除をしきることで不要なコンテキストもなくせる(認知負荷が低くなる) ◦ これを忘れると、歴史を繰り返すことになる 21

    重要!
  22. まとめ ▷ 積み重ねで認知負荷が高まる ▷ 問題の母数を減らそう ▷ 許可を求めるな、謝罪せよ の精神 ▷ ロールバックできるようにしておこう

    ▷ 完全に削除するところまでがゴール 22