Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Autifyの海外進出で得た世界のQA事情

Autify
February 15, 2023

 Autifyの海外進出で得た世界のQA事情

テスト自動化にAIを活用するAutifyが、2021年より国外進出を積極化し顧客と対話・獲得してく中で見えてきた、海外のQA事情について。日本との違いや共通点などを様々な視点でお伝えします。

Autify

February 15, 2023
Tweet

More Decks by Autify

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Autifyのグローバル進出で得た
    世界のQA事情
    Feb 10, 2023

    View full-size slide

  2. Ryo Chikazawa
    近澤 良
    ●Autify Co-founder & CEO
    ●エンジニア歴10年以上、3カ国で開発に従事
    ●ブログ「顧客のBurning needsを解決する」
    ●趣味は蒙古タンメン中本自作

    View full-size slide

  3. AutifyのSolution
    No codeで誰でも簡単 AIがメンテナンス
    AIを用いたWeb/MobileアプリのE2Eテスト自動化サービスです。

    View full-size slide

  4. Autify for Web
    Autify for Web, for Mobile デモリクエスト受付中
    Autify for Mobile
    illust

    View full-size slide

  5. Autifyのグローバル進出

    View full-size slide

  6. 世界のテスト自動化事情
    State of Testing Report 2022
    46%が半分以上のテストを自動化
    何かしら自動化できているのは
    88%

    View full-size slide

  7. 北米企業のAutifyとの商談時の状況
    ● 多くの企業がSeleniumやCypressで
    自動化済み
    ○ 採用・業務のスケールに課題
    ● 完全手動は2割ほど
    ○ 日本の場合8割ほど

    View full-size slide

  8. 国別の状況(*近澤の印象)
    自動化率 人件費 SET人材
    日本 🔴 🔴 - 🟡 🔴
    北米 🟢 🟢 🟢
    南米・ヨーロッパ・オセアニア・シン
    ガポール
    🔴 - 🟡 🟡 - 🟢 🔴 - 🟡
    東南アジア 🔴 🔴 🔴
    インド 🔴 - 🟡 🔴 - 🟡 🟡 - 🟢

    View full-size slide

  9. 自動化が進む背景
    ● 人件費が高い
    ● SET人材が多い
    ● 市場の競争環境が激しい = リリース
    速度を高める必要がある

    View full-size slide

  10. US顧客C: Autify導入前の課題
    ● 元々SETチームによる自動化
    ● SETオンボーディングに6 ~ 9ヶ月
    ● QAがボトルネックに

    View full-size slide

  11. US顧客C: Autify導入後
    ● Internでも自動化
    ● インドにオフショアチーム
    ● 24時間QAできる体制に
    ● 一日10回以上デプロイ
    ● Autifyの実行回数は月6万回以上

    View full-size slide

  12. 海外顧客のニーズ
    ● 動的アプリへのサポート強化
    ● Self-serve
    ● AI機能強化

    View full-size slide

  13. AI-powered resiliency

    View full-size slide

  14. AI-powered resiliency
    UIs and data change
    dynamically
    Can’t be automated
    intuitively
    E2E automation is difficult because:
    1 2

    View full-size slide

  15. Challenges of E2E testing automation
    AI-powered maintainability AI-powered true no-code
    We will make E2E extremely resilient by:
    1 2

    View full-size slide

  16. AI-powered resiliency features
    Element based VRT Calendar UI support Checkbox assertion by ML
    ML-based VRT Visual Self Healing
    Intent understanding
    engine for list element
    Done
    Ongoing
    Ongoing
    Ongoing
    Automatic scenario
    generation
    Resilient text assertion …and more

    View full-size slide