1on1の要点とコーチ的な関わり方をするために / To know the points about 1on1, and behave as a coach

9c733dc2d65e7dcce91fa62be8bbb2ee?s=47 Builders Box
October 16, 2020

1on1の要点とコーチ的な関わり方をするために / To know the points about 1on1, and behave as a coach

■イベント 

Builders Box Workshop ~エンジニアリング組織を強くする1on1ワークショップ~
https://sansan.connpass.com/event/190715/

■登壇概要
タイトル:
1on1の要点とコーチ的な関わり方をするために
発表者:
CTI認定 Professional Coach (CPCC)
国際コーチング連盟(ICF) アソシエイト認定コーチ(ACC:Associate Certified Coach)
谷内 真裕 氏

▼Builders Box
https://buildersbox-online.com/

9c733dc2d65e7dcce91fa62be8bbb2ee?s=128

Builders Box

October 16, 2020
Tweet

Transcript

  1. 1on1の要点と コーチ的な関わり方をするために 2020/10/16 Builders Box Workshop ~エンジニアリング組織を強くする1on1ワークショップ~

  2. 自己紹介

  3. @tany3_ 谷内 真裕 (たにさん) Masahiro Taniuchi いまやっていること やってきたこと 開発部内の人事&社内コーチ パーソナルコーチ(米国CTI認定CPCC・ICF認定ACC)

    趣味はアプリづくり ※エンジニアをやってました ΤϯδχΞɾνʔϜϦʔμʔɾΤϯδχΞϦϯάϚωʔ δϟʔɾϓϩμΫτϚωʔδϟʔ डୗ։ൃɾݚڀ։ൃɾࣗࣾ։ൃɾ4BB4 ҩྍܥɾۚ༥ܥɾ໊ࢗ؅ཧαʔϏε
  4. 今日の流れ

  5. 今日の流れ - セッション - 1on1の要点 - コーチ的な関わり方をするために - ワークショップ -

    1on1/コーチング体験型学習 - シェアタイム
  6. 今日は実践型重視でいきます!

  7. 1on1の要点

  8. 要点をまとめました (まとまっている自信はない)

  9. こんな感じです • わたしたちと1on1 • 1on1の全体的な流れ • 1on1で何を話すか? • よく言われる分類まとめ •

    1on1で気になるアレコレ • 1on1ですべて解決しなくてもいい
  10. わたしたちと1on1

  11. 1on1をする文化、ありますか?

  12. ピープルマネジメントがより重要になってきた マネジメントは「ピープルマネジメント」の時代へ。その定義や実践法・事例を徹底解説 | SELECK [セレック] • 以前は計画と実行を最重視 ◦ 牽引する幹部・リーダー ◦

    指揮と命令・管理・成果主義 ◦ 組織目線&ワークグループ • 現在はとにかく不確実 ◦ VUCA・標的は常に動く ◦ 個々のリーダーシップ・権限移譲 ◦ 企業文化・エンゲージメント ◦ 人目線&チームワーク
  13. 1on1 どんな風にやっていますか?

  14. 1on1の全体的な流れ • 事前準備 ◦ 話したいテーマをあらかじめ決めてもらう(所定のフォーマットに書いてもらうなど) • 実施 ◦ 前回からの振り返りやアップデートについて話す ◦

    テーマについて対話(ティーチング・フィードバック・メンタリング・コーチングなど) ◦ 気づきなどをまとめ、ネクストアクションを決めて終える • 事後フォロー ◦ ネクストアクションのフォロー • 定期フォロー ◦ 1on1自体の振り返りをする(対話する・1on1のアンケートを取るなど)
  15. ちょっと重厚かも 必要なところからで十分です

  16. 1on1で何を話すか? 目的に沿っていれば、何を話してもいい • 近況・困りごと(業務・技術) • 会社・組織・チーム • 成長・将来 • 目標設定・目標に向けた現状

    • キャリア相談 • 個人的な話 / 個人的な相談
  17. 組織の目的と 1on1の相手と合意した目的が すべてのベースになる

  18. よく言われる分類まとめ ティーチング フィードバック メンタリング コーチング 特定の知識・ルール などを伝える。 軌道修正・動機付けのために 結果・指摘・評価を伝える。 経験に基づく知恵とガイダンスを

    提供する。助言、カウンセリング、 コーチングを含む。 助言やカウンセリングを行わず、 成長・主体性・目的設定と達成に 焦点を当てて関わる。
  19. 手段はいろいろ 相手にとって必要なところから 試すのがいいと思います

  20. その他:1on1で気になるアレコレ • 頻度 ◦ はじめは細かめで、安定したら調整(1週間~4週間ぐらいの間) • 時間 ◦ はじめは長めで、安定したら調整(15分~60分ぐらいの間) •

    宿題・ネクストアクション ◦ 相手の状態に応じて、ネクストは必須じゃなくていいと思います (みんな、つらいときもある。にんげんだもの)
  21. 1on1ですべて解決しなくてもいい たとえば… • 進捗報告 ◦ 進捗が分かる仕組みを用意する • 技術的なティーチング ◦ 技術的な情報交換ができる場をつくる

    • 課題の相談 ◦ 改善できるチームをづくり
  22. 他にも観点があるはず シェアタイムでお話しましょう!

  23. コーチ的な関わりをするために

  24. [1] 良いコーチである [3] 健康を含めた充足に配慮 [5] 人の話をよく聞き、情報を共有する [6] キャリア開発をサポートし、パフォーマン スについて話し合う Google

    マネージャーの行動規範 Google re:Work - ガイド: 優れたマネージャーの要件を特定する
  25. 良いコーチ? コーチ的な関わりって何だろう?

  26. コーチングって何だろう? • 思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能 性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー 関係を築くこと • 対話を重ね、クライアントに柔軟な思考と行動を促し、ゴールに向けて支援 するコーチとクライアントとのパートナーシップ ※コーチ:コーチングを行う人 /

    クライアント:コーチングを受ける人 コーチングについて – ICF Japan Chapter | 一般社団法人国際コーチング連盟 日本支部
  27. 言い換えると… • コーチ・クライアントのパートナーシップ(ふたりの関係性が最も重要) • 安心安全な場(守秘義務がベースにある) • 創造的な時間(計画よりも柔軟性をもって対話する) • 真実を語る場(耳の痛いことも含めフィードバックがある) •

    目的・目標を明確にして、目標達成を支援する
  28. パートナーシップが大事

  29. もう少しパートナーシップを イメージできるように表現してみます

  30. コーチは相手をどう見ているか? • 直すのではなく、兼ね備えたリソースと伸びしろを見る • 相手の可能性を信じている • 答えは相手が持っている • 相手の決断・選択する力を信じている •

    対等な関係であり、応援し励ましたい
  31. パートナーシップがあれば相手はこう思う • この人は、私の話を聴いてくれる • この人には、何を言っても大丈夫 • この人は、私を信じてくれている • この人に、私はNOを言える •

    この人は、私を後押ししてくれる • この人は、私に厳しいことも言ってくれる • この人は、自分について新しい発見をもたらしてくれる
  32. もしも、このように相手と関われると どのように変わるでしょうか?

  33. どうすればいいか?

  34. パートナーシップを築く第一歩 相手の話を聴こう

  35. アンチパターンを踏まなければ…!?

  36. 話を「聴いてくれない」 アンチパターン例1 • 注意をそらす 「へ〜そうなんだ、そんなことより〜」 • 物語を語る(会話ジャック) 「私も昔に〜があってさ〜」 • アドバイスをする

    「それなら〜したほうがいいよ、そうしてみなよ」 • 油を注ぐ 「それはあなたが〜したからじゃないかな」 • 評価・批判をする 「いつもあなたは〜ができないね」 • 質問攻めにする 「いつ?どこで?だれが?それで?どうして?どんな?」
  37. 話を「聴いてくれない」 アンチパターン例2 • 感じさせない 「悪く考えても仕方ないよ。楽しくやろう。忘れよう。」 • 1つ上をいく 「それならまだマシだろう。私の場合は〜だから」 • 分析する

    「それはあなたが〜と考えているからでは?思考のクセでは?」 • 同情・同調する 「わかる〜そうだよね〜私もさ〜」 • 説教・教育する 「それはあなたの〜が悪い。考えを改めなさい。」 • ずっとPCの画面見てタイピングしてる 「カタカタカタ…ッターン!」
  38. 心当たりがありませんか? 私はあります

  39. 相手の話を聴けるようになりたい!

  40. 具体的にどうすればいい? 1. 相手の話を聴く(その人を表す言葉・しぐさ・雰囲気) 2. おうむ返しをする(〜なんですね) 3. 相手その人にフォーカスした拡大質問をする(事柄ではなく人に) 4. 感じたことをそのまま鏡のように伝える(〜のように見えます) 5.

    相手の「人となり」を伝える(あなたは〜という人なんですね) 上記を繰り返すだけでも、十分に話しを聴いてくれたと感じてくれる
  41. 聞き手として注意したいポイント • 自分の意識がどこに向いていますか? ◦ 相手の話を聴いている?それとも、自分の心の声を聞いている? • 評価判断していませんか? ◦ 「もっといい方法があるのに」「できないヤツだ」「勉強が足りない」「能力がない」 •

    役割を演じたり、よく見せようとしていませんか? ◦ 「リーダーだから分からないと言えない」「ダメだと思われたくない」「本音は言えない」 • まだ気づいていない、自分のビリーフ(色眼鏡)はありませんか? ◦ 「年上は敬うべき」「仕事は丁寧にやるもの」「HRTが無いヤツはダメだ」 ◦ 「成長し続けなければならない」「努力は報われるものだ」
  42. 消えるものではないですが それを認識していることが大切です

  43. 実践・体験してみましょう!

  44. ワークショップ 1on1/コーチング体験型学習

  45. ϫʔΫγϣοϓͷ͍͍ͱ͜Ζ

  46. 「学習の5段階レベル」を知り挫折せず学習で成果を出す方法 ラーニング・ピラミッド

  47. 学習の5段階レベル - NLP学び方ガイド(NLPとは)|資格セミナー総合情報サイト|協会 公式 学習の5段階

  48. グランドルール

  49. 実験の場 守秘義務 正しい人・誤っている人はいない フィードバックはギフト

  50. νΣοΫΠϯ

  51. チェックイン 3人1グループ、おひとり1分、合計3分程度で行います • はじめましてのごあいさつ • いま、どんな気持ちですか? • いま、どんな状態ですか? • ワークショップの意気込みなど!

    次にワークセッションの説明をしますので、一旦戻ってきていただきます
  52. ワークセッションの説明

  53. • 3人1組 - 話し手・聞き手・オブザーバー ◦ 4分:セッション ◦ 5分:振り返り ▪ 1分:聞き手から一言

    ▪ 2分:オブザーバーからフィードバック ▪ 2分:話し手からフィードバック • 役割を交代する ★オブザーバーはミュート・画像OFFでタイムキープお願いします! ★別途シェアタイムがありますので、時間キープお願いします! ワークの流れ
  54. 1. 話し手は、取り上げたい話題を手短に話す a. 聞き手は、話し手の言葉、しぐさ、雰囲気を聴き取る 2. 聞き手は、以下を1回以上をする a. 話し手の言葉を「おうむ返し」をする b. 話し手その人にフォーカスした「拡大質問」をする

    c. 感じたことをそのまま「鏡のように伝える」 d. 聞き手が感じたその人の「人となりを伝える」 3. 話し手は、聞き手の言葉を受けて話を続ける セッションの流れ
  55. ❏ 良かった点 ❏ より良くなるとしたら、どんなことが挙げられますか? ❏ 観点 ❏ おうむ返し ❏ 拡大質問

    ❏ 鏡のように伝える ❏ 人となりを伝える オブザーバーチェックシート
  56. おつかれさまでした!

  57. シェアタイム

  58. シェアタイム(グループの学びを統合しましょう) 3人1グループ、5分で行います • 気づいたことや学びの共有 • 次にどんなことを試しますか? • 感じたこと・感想などなど その後、全体でグループの学びをシェアしていただきます!

  59. おつかれさまでした!

  60. ࢀߟ࿅श༻ࢿྉ ʢϦϞʔτͰ΋ࢼͤΔʣ

  61. 10分でできる 傾聴の練習 微動だにしない 短い相槌だけする 相手の表情を伝える 都度おうむ返しする たまに要約 SOUND ONLY で話す

    腕を組む・あごを上げて聴く 座る位置を変えてみる エディタを見続ける 話をする人・聴く人に分かれて3分間 話をする 終わったら、どんな感じがしたか話し合う 「聴いてくれている」と感じるのはどんなときか? 聴く人の言動を以下からランダムに選んで遊んでみる 大げさに話す・聴く
  62. 10分で場の変化を感じる練習 散歩しながらスマホで 部屋のモノ紹介 バ美肉で話す やばいバーチャル背景 途中で立つ 日頃の感謝を伝えてから始める 聞き手は女王様になりきる 聞き手は修造になりきる 話をする人・聴く人に分かれて3分間

    話をする 終わったら、どんな感じがしたか話し合う 1on1の場がどんなふうに変わるか? 言動を以下から選んで遊んでみる 部屋を暗くする・明るくする