Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

なぜYahoo!カレンダーはPHPからKotlinへ技術移行を進めるのか

7e2a8b6786e9dc67b692bc6f7395fcd3?s=47 BulBulPaul
September 28, 2018

 なぜYahoo!カレンダーはPHPからKotlinへ技術移行を進めるのか

Developers Summit 2018 Kansaiで発表したYahoo!カレンダーのサーバーサイド技術移行に関して。

7e2a8b6786e9dc67b692bc6f7395fcd3?s=128

BulBulPaul

September 28, 2018
Tweet

Transcript

  1. Developers Summit 2018 Kansai
 2018/09/28 なぜYahoo!カレンダーは PHPからKotlinへ技術移⾏を進めるのか ヤフー株式会社 おかだ のぶお

    @bulbulpaul
  2. ˞:BIPPΧϨϯμʔΞϓϦͷྦྷܭμ΢ϯϩʔυ਺ʢ೥݄೔ूܭ࣌఺ʣʹͳΓ·͢ɻ

  3. !3 すべての⼈の「今から」を より楽しく、より有意義に ࣸਅ: Ξϑϩ  サービスビジョン

  4. !4 カレンダーの拠点 Ho Chi Minh ⼤阪 東京 / 紀尾井町 東京

    / 豊洲 ⾼知 • 国内4拠点 • 国外1拠点
  5. !5 @サーバーサイド  東京(紀尾井町) Engineer x 3 + SRE x 2

     ⼤阪       PM x 1 + Engineer x 2  東京(豊洲)   Engineer x 7 + SRE x 1  ホーチミン   PM x 1 + Engineer x 2 + 通訳 x 1          合計: 20名のチーム
  6. about me おかだ のぶお @bulbulpaul Yahoo!カレンダー Backend Engineer Python, Kotlin, Rust

    !6 name: id: service: job: lang:
  7. も く じ

  8. [ 話すこと ] • Yahoo!カレンダー サーバーサイドの変遷と現状、抱える課題 • インフラの技術移⾏とこれから • なぜKotlinへ技術移⾏をするのか

    [ 話さないこと ] • 細かなアーキテクチャ !8 もくじ
  9. Yahoo!カレンダー サーバーサイドの変遷

  10. !10 変遷  2000年 Ҿ༻: https://web.archive.org

  11. !11 変遷  2005年 Ҿ༻: https://web.archive.org

  12. !12 変遷  2012年 Ҿ༻: https://web.archive.org

  13. !13 変遷  2014年

  14. !14 変遷  2016年

  15. !15 変遷  2017年 モバイルアプリとWebを統合

  16. !16 変遷  2017年 スマートフォンWeb Yahoo! JAPANアプリ内
 カレンダー

  17. サーバーサイドの 抱える課題

  18. !18 課題 • アプリケーションが細かく分割されすぎていて
 修正コストが⾼い • PHPのアプリでFWを使っておらず個別の実装が多い • スケールが簡単にできない •

    運⽤⾯でのコストが増え続ける このままでは安定して価値提供ができなくなる可能性も…
  19. !19 価値とは • プロダクトとしての価値 ➡圧倒的なかんたんさ ➡圧倒的な⼼地よさ • サーバーサイドの価値 ➡ユーザー体験を⽀えるスループット, レイテンシ

    ➡ユーザーが増えても安定して可動する
  20. !20 360ສUU ݄ؒΞΫςΟϒϢʔβʔ 10ԯ݅Ҏ্ ྦྷܭ༧ఆ݅਺ -2018 Q1- ࿙Εͳ͍ ফ͑ͳ͍ ࢭ·Βͳ͍

  21. 技術のあり⽅を再検討 Why What How

  22. どうありたいのか

  23. !23 Goal setting • 技術移⾏は⽬的じゃなく⼿段 • チームで話し合い、⾃分達の考えを⾔語化

  24. ユーザーの為の時間を最⼤化

  25. !25 Why • システムの為の作業 < ユーザの為の時間 • 場当たり的な選択ではなく少し⻑い⽬線で • 後向きな選択じゃなく、前向きな選択をしたい

    • もっと多くの⼈に価値提供を続けていく為の戦略的選択
  26. 「適切な」技術選択をする

  27. !27 適切な技術選択 • 組織が⼤きくなり、拠点も増え、システムも⼤きくなった • 過去の最適解が現在の最適解ではなくなっている • その中で⼀定のレベルを担保するためには
 ⾔語やFW, システム的な制約を設けたい

    • インフラもより課題に合ったスケールしやすい環境へ
  28. 現⾏ Infrastructure !28 Language Middleware

  29. 技術移⾏ !29

  30. ⾔語 !30

  31. インフラ !31

  32. インフラの技術移⾏ !32

  33. !33 課題 • アプリケーションが細かく分割されすぎていて
 修正コストが⾼い • PHPのアプリでFWを使っておらず個別の実装が多い • スケールが簡単にできない •

    運⽤⾯でのコストが増え続ける
  34. インフラ !34

  35. 構成 !35 GSLB VIP VIP FE, Proxy FE, Proxy VIP

    App App FE, Proxy FE, Proxy DB Secure NW ৽നՏDC ๺۝भDC
  36. サーバ増設 !36 GSLB VIP VIP FE, Proxy FE, Proxy VIP

    App App FE, Proxy FE, Proxy DB Secure NW ৽നՏDS ๺۝भDS VMを作成
  37. サーバ増設 !37 GSLB VIP VIP FE, Proxy FE, Proxy VIP

    App App FE, Proxy FE, Proxy DB Secure NW ৽നՏDS ๺۝भDS Chefで
 環境構築
  38. サーバ増設 !38 GSLB VIP VIP FE, Proxy FE, Proxy VIP

    App App FE, Proxy FE, Proxy DB Secure NW ৽നՏDS ๺۝भDS L4認証設定
  39. サーバ増設 !39 GSLB VIP VIP FE, Proxy FE, Proxy VIP

    App App FE, Proxy FE, Proxy DB Secure NW ৽നՏDS ๺۝भDS VIPへ追加
  40. サーバ増設 !40 GSLB VIP VIP FE, Proxy FE, Proxy VIP

    App App FE, Proxy FE, Proxy DB Secure NW ৽നՏDS ๺۝भDS L4認証設定
  41. SREてぃえうーっf」」」」」 !41  Stack Model

  42.  Stack Model SREてぃえうーっf」」」」」 !42

  43. SREてぃえうーっf」」」」」 !43  Stack Model

  44. !44

  45. !45 インフラ移⾏ • 適切にマイクロサービスとして制御しやすいインフラへ • スケールアウトのしやすさ ➡オートスケール等の活⽤ • 耐障害性ももちろん重要 ➡オートヒーリング

  46. Scale out !46 Node Node Node Node k8s Cluster Pod

    Pod Pod Pod Pod Pod Pod Pod
  47. Scale out !47 Node Node Node Node k8s Cluster Pod

    Pod Pod Pod Pod Pod Pod Pod Pod Pod Pod Pod
  48. Auto healing !48 Node Node Node Node k8s Cluster Pod

    Pod Pod Pod Pod Pod Pod Pod
  49. Auto healing !49 Node Node Node k8s Cluster Pod Pod

    Pod Pod Pod Down… Node Pod Pod
  50. Auto healing !50 Node Node Node k8s Cluster Pod Pod

    Pod Pod Pod Down… Pod Node Pod Pod
  51. Auto healing !51 Node Node k8s Cluster Pod Pod Pod

    Pod Node Pod Pod Down… Node Pod Pod
  52. Auto healing !52 Node Node k8s Cluster Pod Pod Pod

    Pod Node Pod Pod Down… Node Pod Pod Pod Pod
  53. Auto healing !53 Node Node k8s Cluster Pod Pod Pod

    Pod Node Pod Pod Down… Node Pod Pod Pod Pod
  54. kubernetes !54 Node Node k8s Cluster Pod Pod Pod Pod

    Node Pod Pod Down… Node Pod Pod Pod Pod 認証は?
  55. !55 AuthN, AuthZ • コンテナ化でIPベースの認証ができない • 適切なリソースの管理が必要 L7でAuthN, AuthZをする必要がある

  56. !56

  57. !57 Athenz • RBAC(ロールベースアクセス制御) System • IPに依存しない • Host毎にRoleの登録が不要でスケールしやすい •

    他のインフラに依存しない
  58. !58 認証形式 • Serviceという単位でアクセスを管理する
 IPの特定が不要、トークンを⽤いた⾝元特定 • ⾝元特定にも秘密鍵でデジタル署名されたトークンを
 ⽤いる事でPaaS, CaaSでの利⽤が可能 認証

    Service 秘密鍵 公開鍵 トークン
  59. !59 スケールのしやすさ • IPに依存しない為、⾼速なスケールアウトが可能 • 同じServiceとして扱う場合、アクセス権限が共有できる Service A IP :

    aaa IP : bbb IP : ccc IP : ddd IP : eee 追加 追加 認証 IP : ddd Service B
  60. Appの追加 !60 VM VM VM VM CF Cluster App App

    App App App
  61. Appの追加 !61 VM VM VM VM CF Cluster App App

    App App App App App App App App App App
  62. Appの追加 !62 VM VM VM VM CF Cluster App App

    App App App App App App App App App App
  63. ⾔語 !63

  64. PHP → Kotlin? なんで ?

  65. !65 Why • システム全体で⾒たときに
 コードの可読性や挙動の把握が現状しづらい点がある • 実⾏時のエラーではなくコンパイル時に気づきたい • 可能な限り静的な解析や型等を導⼊する事で最低限の
 品質担保をしたい

  66. !66 Why Kotlin? • Null Safe • sealed class •

    型 / 型推論 • Smart Cast • data classが便利 • IDEのサポートが強⼒ • Javaのエコシステムを使える
  67. • Null Safe • sealed class • 型 / 型推論

    • Smart Cast • data classが便利 • IDEのサポートが強⼒ • Javaのエコシステムを使える !67 Why Kotlin? 制約と規律
  68. • Null Safe • sealed class • 型 / 型推論

    • Smart Cast • data classが便利 • IDEのサポートが強⼒ • Javaのエコシステムを使える !68 Why Kotlin? ⾼い利便性
  69. !69 Why Kotlin? 巨⼈の肩に乗れる • Null Safe • sealed class

    • 型 / 型推論 • Smart Cast • data classが便利 • IDEのサポートが強⼒ • Javaのエコシステムを使える
  70. 型, 型推論 !70

  71. !71 型がある幸せ • Kotlinは型が厳格でコードの挙動も把握しやすい • sealed class 等の制約もかけやすい • IDEの強⼒なサポートもあり振る舞いに問題がある場合


    エラーになるので意図しないミスも防げる • 型推論があるので冗⻑にならず簡略に書け便利
  72. !72 Sealed class // sample.kt sealed class Protocol{ abstract val

    seq abstract val id } data class SampleProtocol(val seq, val id) : Protocol 同⼀ファイル内のみ継承可能 ※異なるファイルから継承しようとするとコンパイルエラー
  73. !73 型推論 val name = “デブサミ” // String, val name: Stringとなる

    val count = 2018 // Int, val count: Intとなる // Spring JDBCのコード例 val count: Long = jdbcTemplate.queryForObject( “SELECT count(*) FROM user”) 左辺の型推論
  74. NullSafe !74

  75. !75 Null Safe val task: String? = null  // nullable

    val name: String = “okada” // non null name.contains(“ok”) // 実⾏可能 task.contains(“ok”) // コンパイルエラー
  76. 制約で最低限の規律ができる

  77. KotlinのFramework? !77 どうなん?

  78. !78 Framework • 基本的にJavaのエコシステムを活⽤できる • Spring Framework v5からKotlin Support •

    SpringBootも使えるので導⼊コストも低い • Kotlinで実装されたFWもある(Ktor, Spring Fu, etc ) • 現時点ではSpringBootが周辺ライブラリも揃っている状況
  79. 活⽤してるJavaの エコシステム !79 何使ってんの?

  80. • Athenz(認証 / 認可) • Pulsar Client (MQ) • Hystrix


    (サーキットブレーカー) Use library • SpringBoot (Framework) • MVC • Batch • Moshi (Json parser) Javaライブラリ Kotlin対応ライブラリ !80
  81. JavaライブラリのKotlin対応 なにが違うん?

  82. • Kotlinらしく書ける • 動かない等は無い • 場合によっては⾔語特有の部分で
 意図しない挙動になる場合もある !82 Kotlin support

  83. public class Example { public <T> T create(Class<T> clazz) {

    try { return clazz.newInstance(); } catch (Exception e) { e.printStackTrace(); } } !83 example 1
  84. // Kotlin val example = Example() example.create(Foo::class.java) !84 example 1

    // Java Example example = new Example() example.create(Foo.class)
  85. val example = Example() example.create(Foo::class.java) !85 example 1 Example example

    = new Example() example.create(Foo.class) kotlin.reflection.KClass java.lang.Class
  86. import kotlin.reflect.KClass fun <T: Any> Example.create(kclass: KClass<T>) = create(kclass.java) val

    example = Example() example.create(Foo::class) !86 example 1 Kotlinらしい書き⽅!!
  87. @Controller class ExampleController(val foo: Foo, val bar: Bar?) { @GetMapping(“/article”)

    fun article(@RequestParam id: String, @RequestParam tag: String?) } !87 example 2 オプション 必須 @RequestParam(required = false) String name
  88. PHPからKotlin? !88 どうなん?

  89. !89 ⾔語の移⾏ • 学習コストはあるものの、⾔語移⾏で躓く等は発⽣していない • ⾔語⾯での仕様や制約を上⼿く使って
 全体での品質向上等へつなげる • 「作りたいもの」を作りやすい技術を選ぶ事で
 ⽣産性を⾼める

    • チーム内の定性的な反応としては
 「開発が楽しくなった!!」との声も!
  90. Next Challenge

  91. !91 Challenge • システム • 部分的にPHP -> Kotlinへ移⾏中 • 後々Java

    -> Kotlinも移⾏したい • インフラ • Istio, Envoy を使ってカナリアリリース可能な環境の構築
  92. 技術移⾏ !92

  93. ユーザーの為の時間を最⼤化

  94. チームづくり どうしとん?

  95. !95 チーミング • 距離がある分コミュニケーションコストは⾼い ➡だから価値あるコミュニケーションにはコストをかける • お互いを知るためにメンバー間で1on1 • チーム全体でお互いの期待値を全体で合わせる ➡ドラッカー⾵エクササイズ

  96. !96 期待値合わせ • お互いの期待値を合わせるために
 以下の項⽬を ➡ 得意なコト ➡ 貢献しようとしてるコト ➡

    メンバーからの期待されているコト 必ずしも期待されてることが正じゃないように注意
  97. !97 他にも • 4拠点で毎⽇の朝会で顔を合わせる場を作る • ペアプログラミング • 全体の開発⼒や知識レベルの底上げの為のハンズオン

  98. ま と め

  99. !99 まとめ • 技術移⾏はあくまで⼿段 • より「ユーザーのための時間を最⼤化」させるという⽬的の為に
 技術移⾏をし、適切な技術選択を進めている • KotlinやFWの仕様や特性を⽣かして、品質や⽣産性を⾼める •

    インフラもよりモダンな環境へ移⾏することで
 ユーザーが増えても変わらない価値提供をする
 取り組みをしています • 技術だけじゃなくチームづくりも並⾏して⾏うことで
 前向きな選択ができる強いエンジニアリング組織にしていく事も重要
  100. さ い ご に

  101. !101 Mix Leap https://about.yahoo.co.jp/hr/

  102. !102 Mix Leap ൃ৴ ަྲྀ ڞ૑ 「発信」「交流」「共創」の3つを軸に 「関⻄圏のクリエイターを⽀援」するためのイベント

  103. お わ り