Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

パートナーポータル フロントエンド技術紹介 - CADDi

パートナーポータル フロントエンド技術紹介 - CADDi

[email protected]

March 01, 2022
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. A B O U T パートナーポータル

  2. 2 目次 - 自己紹介 - パートナーポータルとは? - FE全部見せます!(デモ) - UI/UX・デザインの話

    - 変遷 - デザインのプロセス - コーディングルール
  3. 3 自己紹介 - 小倉 拳(Ken Ogura) - キャディ歴3年 - 生産管理系プロダクトのFEエンジニア

    - React/Next.js/GraphQL/NestJS - 趣味:YouTuber
  4. 4 パートナーポータルとは? パートナー様(製作会社)が - CADDiからの見積に回答 - 注文内容を確認 するためのサービス CADDi初の社外向けWebApp

  5. 5 パートナーポータルのアーキテクチャ 今日はここを 掘り下げます

  6. 6 デモ - 画面共有 - 見積回答 - 受注した製品・図面の確認

  7. 7 UI/UXデザインの話 コンセプト - 今までの作業フローに慣れている人が 使い始めやすいUI/UX - PCでの作業に慣れていない人でも 使いやすいUI/UX

  8. UI/UXデザインの話 ①今までの作業フローから乖離させない ▼半年前 見慣れないUIを 学習する必要がある ▼現在 表計算ソフトと同じ操作性 かつてはメール+表計算ソフトで見積のやりとり WebAppに移行してもらうのには工夫が必要

  9. UI/UXデザインの話 ①今までの作業フローから乖離させない ▼半年前 見慣れないUIを 学習する必要がある ▼現在 表計算ソフトと同じ操作性 変更後:App使用率急増 26% →

    90%超 かつてはメール+表計算ソフトで見積のやりとり WebAppに移行してもらうのには工夫が必要
  10. UI/UXデザインの話 ②紙での見積と同じ体験を - パートナーポータル導入以前のユーザーの見積体験 - 印刷した図面を見ながら見積 - PCの画面と図面を同時に見たい - 当初:図面を別タブで開く

    - →大量タブ状態になる - 現在:別ウィンドウに高々一つ表示 - さらに:いろいろなコンポーネントを折りたためる ようにして画面を広く使えるようにする
  11. デザインのプロセス - 最初期:UI/UXに強いデザイナーに専属でチームに 入ってもらう - Figmaで紙芝居を作ってもらう - FEエンジニアと頻繁にMTGして各コンポーネント の意図を確認 -

    リリース後:デザイナーは専属でなくなる - AntDのコンポーネントに置き換え - ラフなイメージの共有はMiroを使用
  12. Figmaスクショ antd が公式で 提供している Figma Library にリンク Prototypeは使 わず 意図を文字で書

    いておく
  13. コーディングルール - 最初期: - style attribute禁止:styled-componentを使う - hooksはコンポーネントを返してはいけない - atomic-designを意識したディレクトリ構造に

    - アロー関数ではなくfunctionを - etc… - 現在: - ファイルサイズは200行未満 - 以上
  14. コーディングルール - 最初期: - style attribute禁止:styled-componentを使う - hooksはコンポーネントを返してはいけない - atomic-designを意識したディレクトリ構造に

    - アロー関数ではなくfunctionを - etc… - 現在: - ファイルサイズは200行未満 - 以上 開発速度上がった 気がする
  15. 15 質疑 Q.希望見積金額はどう算出? A.人力で図面を読んで+原価計算ソフトに 情報入力+その情報をKlein経由でSPさんに 見積依頼 Q.テーブルのコピペはどうしている? A.AgGridの有償機能です

  16. 16 質疑 Q.ヒット機能 不評機能があれば A.ExcelライクUIは好評 一括更新機能は消えた Q.Kleinよりシンプルなのはなぜ? A.シンプルになるよう少々意識したが、もともとプロ ダクトの規模感が違う

  17. 17 質疑 Q.Ag-Grid + Antdはどう共存させた? A.cssがconflictするのであまり共存させない Q.ユーザーの声の拾い上げはどのように? A.エンジニア直接は少なく、担当者が聞きに行く Q.使用率測定はしている? A.全てのアクションではなく重い処理に

    GoogleTagManagerを仕込んでいる
  18. 18 質疑 Q.UI改善は? A.ユーザーの声ドリブンが多い Q.ディレクトリ構造 A.次の発表で深く触れられます。お楽しみに