Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CARTA HOLDINGS 採用説明資料/carta-recruit-guide

CARTA HOLDINGS 採用説明資料/carta-recruit-guide

株式会社CARTA HOLDINGSの採用説明資料です

株式会社CARTA HOLDINGS

February 08, 2022
Tweet

More Decks by 株式会社CARTA HOLDINGS

Other Decks in Business

Transcript

  1. UPDATE:2023.09.01

    View full-size slide

  2. ABOUT
    経営理念や沿⾰など
    CARTAの会社概要をご紹介します
    会社概要
    01

    View full-size slide

  3. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    PURPOSE
    ⼈の想いで、
    ⼈と未来の可能性を、
    拓いていく。
    世の中の誰もが、「⼈の想い」という情熱とともに
    ⾏動することで未来を拓いていくと信じています。
    The Evolution Factory
    私たちは「進化」を⽣み出す。変わろうとするすべての組織に。
    私たちは進化推進業、CARTA HOLDINGSです。
    MISSION
    経営理念

    View full-size slide

  4. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    会社概要 CARTA HOLDINGSは、デジタルマーケティング事業とその他のインターネット関連
    サービス事業を展開しています。
    会社名 株式会社CARTA HOLDINGS
    代表者 代表取締役 社⻑執⾏役員:宇佐美進典
    設⽴⽇
    2019年
    1996年設⽴のCCIと、1999年設⽴の VOYAGE GROUPの経営統合によって
    設⽴
    事業内容
    デジタルマーケティング事業‧その他のインターネット関連
    サービス事業
    資本⾦ 1,514百万円(2022年12⽉時点)
    主な拠点 渋⾕オフィス‧東銀座オフィス

    View full-size slide

  5. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    これまでの沿⾰
    1996年設立
    1998年設立
    アドネットワーク
    事業を開始
    動画広告事業
    を開始
    スマホ向け広告事業
    を開始
    メディア事業に
    参入
    ネット広告事業に
    参入
    HR/ECなど
    新規領域へ参入
    2019年設立
    テレビCM市場
    に参入
    強い顧客基盤を持つCCIと、⾼い事業開発⼒を持つVOYAGE GROUPが
    2019年に経営統合して設⽴されました。
    ネット広告のメディアレップ事業を中⼼に成⻑、
    強い顧客基盤を持つ
    メディア事業から始まりネット広告事業へ、
    ⾼い事業開発⼒が強み 新たな⼀歩を踏み出す。代表の宇佐美に聞く経営統合
    https://evolution.cartaholdings.co.jp/post-0001/
    経営融合を推進
    関連インタビュー記事

    View full-size slide

  6. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    数字で⾒る会社データ
    1999年
    1,540⼈
    6拠点
    26社
    1,208億円
    231億円
    24.1億円
    7.9%
    日本のインターネット広告費の約4.5%のシェア
    ※2018年から5年間の平均成⻑率
    ※1:2022年12月末時点 ※2:2022年度
    設立 従業員数※1
    拠点※1 事業会社※1
    ネット広告取扱高※2
    売上総利益※2 営業利益※2
    売上総利益CAGR※2

    View full-size slide

  7. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    数字で⾒る従業員データ
    1,540人
    ※2022年12月期実績
    従業員数
    32.2歳
    平均年齢
    男女比
    新卒・中途比率
    61.7%
    有給取得率
    79%
    育休取得率
    9.9時間/⽉
    残業時間
    9.1%
    離職率
    男性
    100%
    女性
    20代
    33%
    30代
    43%
    40代
    19%
    50代以上
    4%
    54%
    男性
    46%
    女性
    3
    新卒
    7
    中途
    :

    View full-size slide

  8. CULTURE
    進化を⽣み出し続ける
    制度や仕組みをご紹介します
    カルチャー
    02

    View full-size slide

  9. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    CARTAの価値観
    VALUE
    挑戦しよう。⽇々のちょっとしたことでもいい。たとえ失敗しても、⼤切な学びに
    なる。その学びは、いつか必ず「何か」につながる。だから、挑戦する集団でいよ
    う。挑戦している仲間をたたえ、励まし、サポートしよう。
    1. 挑戦しよう。
    仕事が「⾃分ごと」になるとき、仕事の質が上がり、何より仕事がおもしろくな
    る。主体的に問いつづけることで、「こなすこと」を「熱中できること」に変え、
    意志のこもった仕事にしよう。
    2.すべてを、⾃分ごとに。
    時代と産業に進化を⽣み出そうとするとき、スピードは常に価値になる。私たちに
    とって、スピードは⽣命線であり、誠実さでもある。速く動くことはもちろん、ス
    ピードを⼒に変えることを、常に考えつづけよう。
    3.スピードは⼒。

    View full-size slide

  10. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    顧客に、ユーザーに、⽣活者に、仕事
    の仲間に、家族に、⾃分⾃⾝に、すべ
    ての相⼿に、誠実でいよう。
    短期的な成果に流されず、中⻑期的視
    点で、社会や世界を考えることも誠実
    さだ。⼈だけでなく、社会と未来に対
    しても誠実であろう。
    4. 全誠実でいよう。
    みんなの違いが相乗効果を⽣み、進化
    を起こし、ひとりではたどり着けない
    新しい時代をつくる。
    相⼿の強みを⾒出し、認めて、その⼒
    を受け取ろう。
    ⼀⼈ひとりが、⾃分らしさで貢献しよ
    う。
    5. 違いを強さに。
    ⾔われたことの「その先」を考えよ
    う。「思いもよらなかったこと」が、
    ⼈の気持ちを動かし、期待を超える成
    果を⽣み出す。だから、誠実さも、⾃
    分らしさも、スピードも総動員して、
    期待を超えていこう。
    6. 超えよう。
    仕事には、⼤変な時もある。問題もた
    くさんある。でも、どんなときも、ど
    うやれば楽しくできるかと考える⼈で
    いよう。本当に真剣になれる仕事は、
    最⾼に楽しめる仕事。
    この仕事を、この時代を、楽しもう。
    7. いつだって楽しく。
    CARTAの価値観
    VALUE

    View full-size slide

  11. CARTAの「進化」を⽀える
    制度‧仕組み

    View full-size slide

  12. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    挑戦を⽀える
    柔軟な働き⽅
    スーパーフレックス
    固定の労働時間帯は、⾜かせになることも。チームへの
    貢献と、成果にむけて全⼒で向き合いたいから、「スー
    パーフレックス制度」を導⼊しました。業務の実態にあ
    わせて⽇別にペース配分を可能にしました。
    ハイブリッドワーク
    出社&対⾯でのチームワークを重視しながら、最適な場
    所での勤務もできる「ハイブリッドワーク」を導⼊。家
    庭状況が変化しても働き続けやすいので、好評のワーク
    スタイルです。
    私たちがやり遂げたいのは、並の成果ではなく、時代を切りひらく圧倒的な成果。チー
    ムで最⼤限のパフォーマンスを発揮できるように、しくみを進化させていきます。
    9時すぎから業務を開始し、10時から⼣⽅までをチームや顧客等とのコラボレー
    ションの時間にあてる⼈が多いです。
    制度‧仕組みのご紹介

    View full-size slide

  13. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    タテ‧ヨコ‧ナナメの
    繋がりを
    ⽀える仕組み
    ヒトノワラリー
    ⼊社時や異動時、あるいはふと思い⽴った時に1on1形式
    で⾏う15〜30分間のフリートークです。基本的に次の⼈
    を紹介してもらうラリー形式で、ふとした趣味の話が
    きっかけで⼀気に距離が縮まることも。
    サークル
    共通の趣味を介したコミュニケーションとリフレッシュ
    ができる制度として、サークル制度があります。
    約20のサークルがあり、活動費の補助があります。参加
    は任意ですが、部署を超えたつながりができると好評の
    制度です。
    部署‧職種を気にせずに話せるのは仕掛けがあるから。「ヒトノワラリー」「サーク
    ル」やプロジェクト等を通してタテ‧ヨコ‧ナナメの繋がりが拡がります。
    制度‧仕組みのご紹介
    サークル活動では、四半期ごとにサークルを変える⼈や、複数のサークルに所属
    する⼈もおり、それぞれの楽しみ⽅をしています。

    View full-size slide

  14. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    仲間と共に学び、
    成⻑を⽀える
    仕組み
    読書会‧勉強会‧ライトニングトーク(LT)会
    ● Chat GPT LT会
    ● 失敗から学ぶRDBの正しい歩き⽅
    ● Clean Architecture 達⼈に学ぶソフトウェアの構造と設計
    ● 体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り⽅
    ● Design It!
    ● Clean Agile 基本に⽴ち戻れ
    ● 会計勉強会
    ● 情報アーキテクチャ勉強会
    ● カスタムターゲティング勉強会
    ● Snowflake勉強会
    ● 薬事法勉強会
    社内の有志で開催したり、社外からゲストをお呼びしたり、多種多様なテーマを元に
    CARTAを横断して頻繁に開催されています。
    制度‧仕組みのご紹介
    業務に必要なものは業務中に学ぶ。勉強会や読書会は頻繁に⾏われており、部署
    を超えて呼びかけられ、開催‧参加は⾃由です。

    View full-size slide

  15. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    相互にフィードバックし、
    成⻑を加速する
    評価制度
    複数の「⽴場」「タイミング」「観点」からフィードバックが得られる環境で、互いに
    ⾼め合う⽂化があります。⾃分では気づけない伸びしろを⾒える化します。
    制度‧仕組みのご紹介
    個⼈が⼤事にしたい価値観である「バリュー」をどれだ
    け体現できていたのか、互いに評価し合う仕組みです。
    課題をもって取り組む⼈ほど、⼿ごたえを感じる機会と
    なっています。
    エンジニア向け「技術⼒評価会」
    エンジニアの評価軸の⼀つである技術⼒を評価します。
    裁量とチャレンジに、⾃⾝の振り返りと評価会のフィー
    ドバック。これらのかけあわせが個⼈の進化を加速しま
    す。多彩な仲間からの視点を吸収する機会です。
    CARTAバリューフィードバック
    バリューフィードバックは、任意で最⼤5名まで指名することができ、「⼿紙」と
    して受け取っている⼈が多いようです。

    View full-size slide

  16. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    個⼈の
    新たな挑戦を
    ⽀える制度
    「⾃分のキャリアは⾃分でつくりたい!」そんな⼈が集まるCARTAでは、つぎの成⻑ス
    テージづくりをとことんサポートする制度があります。
    制度‧仕組みのご紹介
    誰でも応募できる新規事業開発プログラムです。
    応募された案はCARTAボードメンバー全員で⽬を通し、
    事業化が検討されます。ビジネスコンテストではなく、
    CARTAの未来を創る事業開発プロセスです。
    社内ジョブマッチング制度「DIVE」
    社内の募集ポジションに応募する形で、部署を超えた異
    動にチャレンジできる制度です。
    多くの成⻑事業があるCARTAだから、常に挑戦しがいの
    あるステージが⽣まれています。
    新規事業開発プログラム「DASH」
    新規事業開発プログラム「DASH」は⼀⼈でもチームでも挑戦することが可能で
    す。⼊社されたらぜひ挑戦してみてください。

    View full-size slide

  17. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    チームを超えた
    コラボを
    促進する制度
    チームを超えたコミュニケーションだけでなく、チームを超えた「コラボレーション」
    を重視しています。経験の違いを推進⼒に、⽴場の違いを成果へと転換しています。
    制度‧仕組みのご紹介
    年に⼀度、部署をまたいだ混成の選抜チームで、経営課
    題の解決プランを提案します。チームでの準備に約⼀ヶ
    ⽉間をかけて迎えた最終⽇には経営陣に向けてプレゼ
    ン。即⽇、採否を決定します。
    CARTA Generative AI Lab
    ⽣成AI技術は急速に普及期を迎え、多くの事業領域にお
    いてサービスやプロダクトの⾶躍的な進化に繋がると考
    えられています。CARTAでもチームや職種を横断して、
    ⽣成AIに関する研究開発および社内活⽤を推進していま
    す。
    CARTA CAMP
    CARTA CAMPで提案され、誕⽣した事業や制度は数多くあります。この取り組み
    がCARTAの進化につながっています。

    View full-size slide

  18. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    成果を可視化し、
    仲間を
    称え合う⽂化
    CARTAでは仲間を称え合う⽂化を⼤事にしています。個⼈の頑張りも、チームの頑張り
    も、社内の⾒えるところで可視化されます。
    制度‧仕組みのご紹介
    年に⼆回⾏われる全社総会です。
    圧倒的な成果をもたらした個⼈に贈られる個⼈賞と、
    チームや事業部に贈られる団体賞があります。第⼆部で
    は部署を超えた交流の機会にもなっています。
    CARTA EVOLUTiON PROGRAM
    持続的な「事業成⻑」と「事業創出」を⽬的とした仕組
    みです。事業を9つのステージにプロットして可視化。マ
    イルストーン達成時にはインセンティブを設け、祝う⽂
    化を促進しています。
    CARTA EVOLUTiON AWARD
    CARTA EVOLUTiON AWARD開催の⼀ヶ⽉前から社内では、Slack上に優れた成果
    を出した⼈のトピックス投稿で溢れます。

    View full-size slide

  19. 個⼈の成⻑を⽀える
    ⼈事評価制度

    View full-size slide

  20. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    評価グレードについて
    A職
    Accelerator / 総合職
    E職
    Engineer / エンジニア職
    力量 知識・スキルなどの成果創出のための
    リソース
    動き 環境・状況に応じた最適な行動の選択
    成果 仕事を通じて生み出す結果
    総合的に判断
    CARTAが定義する「能力」 評価グレード
    A1
    A2
    A3
    A4
    A5
    E1
    E2
    E3
    E4
    E5
    半期に⼀度、評価グレードを「⼒量‧動き‧成果」にて総合的に判断し
    決定します。E職は能⼒を「技術⼒評価会」にて評価します。

    View full-size slide

  21. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    技術⼒評価会について
    評価会では、他部署のエンジニア2人が能力を評価します。CARTAが
    大切にしている価値観に基づき、ただタスクをやるだけではなく、
    「なぜやったのか」「どう判断したか」「どう実行したか」を見てい
    きます。
    また、実施の度に、全体で評価会について参加者で振り返りをして、
    評価会自体も進化させています。
    チームを横断して仲間と相互にフィードバックしあい、継続的に成長
    することを大切にしています。
    技術⼒評価会とは2011年から運⽤しているエンジニアの能⼒評価の仕
    組みで、CARTAエンジニア⽂化の重要な要素の⼀つです。
    主な流れ

    View full-size slide

  22. 画像未確定
    BUSINESS
    CARTAの
    さまざまな事業をご紹介します
    事業紹介
    03

    View full-size slide

  23. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    CARTAの事業 20年以上の継続的な挑戦、それを実現できる「⼈と組織」を強みに、
    様々な事業を⽣み出し、成⻑してきました。

    View full-size slide

  24. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    CARTAの事業の特徴① CARTAには⼤きく分けて2つの事業領域があり、その中でも事業領域
    やステージなどが違う多様な⼦会社があります
    デジタルマーケティング事業 インターネット関連事業
    クライアント、広告会社、メディアにとってのデジタル
    マーケティング/DXパートナーとして デジタルマーケ
    ティングの進化を推進していく事業 です。
    デジタルマーケティング事業と連携しながら、既存領域の拡
    大と継続的な挑戦を通して「多様な領域での進化」を推進し
    ていく事業 です。

    View full-size slide

  25. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    CARTAの事業の特徴② 新領域へ継続的に挑戦し続ける事業開発⼒。過去4年で「11社」の新規
    事業を設⽴しました。

    View full-size slide

  26. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    CARTAの事業の特徴② 新領域へ継続的に挑戦し続ける事業開発⼒。過去4年で「11社」の新規
    事業を設⽴しました。

    View full-size slide

  27. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    デジタルマーケティング事業とは?
    連携
    デジタルマーケティング事業
    インターネット関連サービス事業
    広告提案
    広告枠販売
    サービス提供
    広告枠仕入れ
    サービス提供/
    コンサル
    サービス提供
    広告提案/サービス提供/コンサル
    広告枠
    仕入れ
    広告枠
    仕入れ
    サービス
    提供
    広告会社向け メディア向け
    ● デジタルマーケティング全

    ● 広告領域やリテール領域
    のDX支援
    ● データコンサル
    ● インフルエンサーマーケ
    ティング 等
    クライアント向け
    ● SSP(広告収益最大化プ
    ラットフォーム)
    ● メディア向けソリューション
    ● 広告枠の販売
    ● データコンサル 等
    クライアント、広告会社、メディアにとってのデジタルマーケティング/DX
    パートナーとして デジタルマーケティングの進化を推進していく事業 です。
    ● コミュニケーション戦略支

    ● メディアプランニング /ト
    レーディングデスク
    ● DX支援


























    TV局
    電通

    View full-size slide

  28. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    インターネット関連サービス事業とは?
    インターネット関連サービス事業
    メディア・コンテンツ
    EC・HR・その他
    連携
    デジタルマーケティング事業
    広告会社
    広告主
    送客
    メーカー
    ECサイト
    店舗
    顧客企業
    ソリューション提供
    送客
    ソリューション提供
    消費者
    ユーザー
    情報提供・サービス
    提供・商品販売
    デジタルマーケティング事業と連携しながら、既存領域の拡⼤と継続的
    な挑戦を通して「多様な領域での進化」を推進していく事業 です。

    View full-size slide

  29. CARTA HOLDINGS 会社紹介資料
    関連リンク
    CARTAコーポレートサイト
    https://cartaholdings.co.jp/
    @carta_holdings
    CARTA TECH BLOG
    https://techblog.cartaholdings.co.jp/
    https://www.youtube.com/
    c/cartaengineering
    技術で事業を進化させる。そん
    な人たちの声が聞こえます。
    オウンドメディア「EVOLUTiON」
    https://evolution.cartaholdings.co.jp/
    @carta_holdings
    CARTAで働く人の様子がみえる
    新卒採用公式です。
    CARTA公式アカウント
    @carta_engineers
    エンジニア向けアカウント
    CARTA公式アカウント CARTA Enginnering

    View full-size slide

  30. ⼀緒に
    時代を
    つくろうぜ
    「人の想い」という情熱とともに行動し、
    「進化」をあらゆる場所につくっていく。
    わたしたちは共に次の時代の進化をつくる、
    多様な力を必要としています。

    View full-size slide