Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

400種類以上のAPI連携を開発・サポートしているデータパイプラインツール CData Sync の中身

400種類以上のAPI連携を開発・サポートしているデータパイプラインツール CData Sync の中身

2021/11/21:JJUG CCC 2021 Fall
CData Software Japan Lead Engineer / Kazuya Sugimoto

https://fortee.jp/jjug-ccc-2021-fall/proposal/eb219810-ed49-45de-b93d-8a3ec40d11e6

https://www.cdata.com/jp/sync/

244963b5eab1dd775692490daea81a7f?s=128

CData Software Japan

November 08, 2021
Tweet

Transcript

  1. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 1. About

    CData Software 400種類以上のAPI連携を開発・サポートしている データパイプラインツール CData Sync の中身 2021/11/21:JJUG CCC 2021 Fall CData Software Japan Lead Engineer / Kazuya Sugimoto
  2. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp CData Software

    Japan の API holic 担当 年100種類以上のAPIを見たり触ったりしています。 Twitter:@sugimomoto Facebook:sugimomoto Blog:http://kageura.hatenadiary.jp/ About Speaker Horizontal SaaS 647種類のAPI提供状況を調査:そこから見えてきた国 産 SaaS APIの今 https://www.cdatablog.jp/entry/horizontalsaasapi
  3. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp CData SyncTM

    ✓ クラウド/SaaS データをノンコーディングでDB に反復 同期できるパワフルなツール ✓ クラウドデータをRDB にコピーして、帳票や分析で データを活用 ✓ クラウドデータのバックアップに ✓ 主要データソースでは、差分更新機能をサポートし、 効率的な同期ジョブを実行
  4. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp And more…

    Salesforce Facebook Gmail Twitter Stripe Google Adwords Dynamics 365 JSON Google Analytics Jira GitHub Twilio kintone Office 365 Quick Books Zoho HubSpot Sugar CRM SharePoint Eloqua Marketo NetSuite Dynamics CRM YouTube Analytics Google Spreadsheets SendGrid SAP Active Driectory Google Contacts XML CData Sync Data Sources 現在「400種類」以上のサービスに対応
  5. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 1. About

    CData Software 本日のお話
  6. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp Horizontal SaaS

    API公開状況調査
  7. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 「45.6%:290サービス」がAPIを公開している 海外では90%

    API公開を行っていた
  8. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 調査の中で最も注目するべき点は「API仕様の多様性」 RESTが多いが

    詳しく見てみると多種多様 国産SaaSはそもそも API仕様すらわからない
  9. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 認証方法のサポートも多岐に渡る

  10. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 不安定かつ多様な「API」と共存している

  11. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 一つの企業が利用している平均SaaSの数が「80」 企業で使うSaaS

    の数が急増:連携ニーズも増加 http://pages.bettercloud.com/rs/719-KZY-706/images/2020_StateofSaaSOpsReport.pdf
  12. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp アプリ側のAPI連携ニーズも拡大 HubSpotアプリマーケットプレイスへの公式連携ア

    プリ登録数が500件突破 freeeアプリストアの掲載アプリ数が 100を突破連携アプリケーション掲 載数はリリースから約2年で4倍に https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000622.000006428.html https://www.hubspot.jp/company-news/hubspot-grows-platform-ecosystem-to-500-apps-20200728
  13. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 不安定かつ多様なAPIと 連携しなければいけないのが実情

    もし、この不安定さが直接的に ビジネスロジックに影響したら? APIへの追従・機能追加がアプリの スケールを阻害する可能性がある
  14. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 不安定かつ多様なAPIの連携に対して どのようにプロダクトとして対応・スケールさせているのか?

    製品としての取り組み、「アーキテクチャ」を軸に解説
  15. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 1. About

    CData Software 大量のAPIサポートしつつ、スケールする アーキテクチャとは?
  16. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 「インターフェース」が超重要

  17. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp なぜなら API追従の衝撃をビジネスロジック側に影響させない

    アーキテクチャ 各チームが独立して、それぞれ機能追加 アップデート・ビルド・テスト・リリースが行える体制 がスケールするための要だから
  18. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp スケールを阻害する要因は「密結合」 密結合とは、細分化された個々のコンポーネント同士が密接に結びついている状態のことで

    ある。 密結合状態のシステムでは、緊密で高速な動作が可能となっているが、一方のコンポーネン トが異常をきたすと、他方のコンポーネントがその影響を受けてしまう。 そのため密結合のシ ステムでは、保守や部品の交換などに際して密接な連携を顧慮する必要がある。 密結合は マルチプロセッサシステムのようなハードウェア的なものから、アプリケーションソフトのようなソフト ウェア的なものまで、幅広く見られる状態である。 https://japan.zdnet.com/glossary/exp/%E5%AF%86%E7%B5%90%E5%90%88/?s=4 APIへの追従に他のモジュールが影響を受けやすいと メンテナンスコストの増加→スケールを阻害
  19. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp CData Sync

    はプラグインレイヤーで APIとの疎結合なアーキテクチャを実現している データソースとなる 多種多様なAPI データパイプラインの メインロジック ビジネスロジックレイヤー APIとロジックをつなぐ インターフェース プラグインレイヤー
  20. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp プラグインA 担当

    プラグインB 担当 プラグインC 担当 Sync チーム ビジネスロジックチームと各プラグインチームが 独立して開発・ビルド・テスト・リリース Sync Logic Module Plugin A Module Plugin B Module Plugin C Module Sync Main Module ※実際にはもうちょっと細分化してます。
  21. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp CData が活用している「インターフェース」とは?

    マイクロサービス的な? REST? SOAP? gRPC? デザインパターン?
  22. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp JDBC JDBCとは、Javaプログラムからデータベースにアクセスするための標

    準インターフェース(API)の一つ。データベースの違いによらず同じ 手順で接続し、データを読み書きすることができる。 https://e-words.jp/w/JDBC.html
  23. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 1. About

    CData Software API仕様のガラパゴスな世界と 常に変わり続ける仕様への追従
  24. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp API連携のスケールを意識し・拡張性を踏まえながら サービスに機能を組み込もうとすると、2つの壁に衝突

    多種多様なAPI仕様の壁 変わり続けるAPI仕様の壁
  25. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp でも、ほとんど「REST API」だから、

    そんなに難しくなくない?
  26. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 「REST」はプロトコルでは無い

  27. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 改めて REST

    ってなんだっけ? REST = Representational State Transfer >Representational State Transfer (REST) は、ウェブのような分散ハイ パーメディアシステムのためのソフトウェアアーキテクチャのスタイルのひとつである。 引用元:Wikipedia REST(https://ja.wikipedia.org/wiki/REST)
  28. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp Web API

    を REST たらしめる“原則“(≠規約) • Stateless:ステートレスなクライアント/サーバプロトコル • Uniform Interface:すべての情報(リソース)に適用できるHTTPメソッドの定義 • Addressability:リソースを一意に識別する「汎用的な構文(URL)」の定義 • Connectability:アプリケーションの情報と状態遷移の両方を扱うことができる「ハイ パーメディア(リソースリンク)の使用」 上記の原則に従っているアーキテクチャを REST ful と言ったりするが あくまで “原則“ であり ”規約” ではない!
  29. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 例えば「Salesforce」の「REST API」

    実体はSOQLというSalesforce内部での 独自規格のSQLを発行するAPI https://developer.salesforce.com/docs/atlas.ja-jp.api_rest.meta/api_rest/resources_query.htm
  30. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 認証方法のサポートも多岐に渡る

  31. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 同じ OAuth

    2.0 でも 例えば Refresh Token の扱いが違ったり POST /{tenant}/oauth2/v2.0/token HTTP/1.1 Host: https://login.microsoftonline.com Content-Type: application/x-www-form-urlencoded client_id=XXXX &scope=https%3A%2F%2Fgraph.microsoft.com%2Fmail.read &refresh_token=OAAABXXXX... &grant_type=refresh_token &client_secret=sampleCredentia1s { "access_token": "XXXXX...", "token_type": "Bearer", "expires_in": 3599, "scope": "https%3A%2F%2Fgraph.microsoft.com%2Fmail.read", "refresh_token": "XXXX...", "id_token": "XXXXX.XXX...", } POST /token HTTP/1.1 Host: oauth2.googleapis.com Content-Type: application/x-www-form-urlencoded client_id=your_client_id& client_secret=your_client_secret& refresh_token=refresh_token& grant_type=refresh_token { "access_token": "1/fFAGRNJru1FTz70BzhT3Zg", "expires_in": 3920, "scope": "https://www.googleapis.com/auth/drive.metadata.readonly", "token_type": "Bearer" } https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/develop/v2- oauth2-auth-code-flow#refresh-the-access-token https://developers.google.com/identity/protocols/oauth2/web- server#offline Azure AD OAuth 2.0 Google Cloud Platform OAuth 2.0
  32. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp API アップデートへの追従も大変

  33. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp Salesforce の

    API Version は「53」
  34. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp Amazon Marketplace

    API アップデートで API仕様が大幅変更・古いAPI終了告知が半年前* https://sellercentral.amazon.co.jp/forums/t/topic/73349 ※現在は2022年7月に延期
  35. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 認証方法・クエリパラメータデザイン レスポンスフォーマット含め全面刷新

    POST /Orders/2013-09- 01/?AWSAccessKeyId=AKIAIKW5JHOTOOWSF43A&Action=List Orders&LastUpdatedAfter=1969-12- 31T15%3A00%3A00Z&MWSAuthToken=amzn.mws.XXX&Marke tplaceId.Id.1=A1VC38T7YXB528&SellerId=A1WD8M4EQL9XVH& Signature=XXXXX&SignatureMethod=HmacSHA256&Signatur eVersion=2&Timestamp=2020-10- 02T00%3A27%3A20Z&Version=2013-09-01 HTTP/1.1 Host: mws.amazonservices.jp Accept: application/xml Content-Type: application/xml <ListOrdersResponse xmlns="https://mws.amazonservices.com/Orders/2013-09-01"> <ListOrdersResult> <Orders> <Order> <LatestShipDate>2018-08- 17T14:59:59Z</LatestShipDate> <OrderType>StandardOrder</OrderType> <PurchaseDate>2018-08- 15T09:59:55.270Z</PurchaseDate> GET /orders/v0/orders?MarketplaceIds=A1VC38T7YXB528& CreatedAfter=2021-08-09 HTTP/1.1 Host: sellingpartnerapi-fe.amazon.com Accept: application/json Authorization:****** x-amz-access-token: XXXXX x-amz-date: 20210809T073105Z x-amz-security-token: XXXXX { "payload": { "Orders": [ { "NumberOfItemsUnshipped": 0, "BuyerInfo": {}, "IsReplacementOrder": "false", "IsSoldByAB": false, "AmazonOrderId": "503-9993250-1405404", "LatestShipDate": "2018-08-17T14:59:59Z", "EarliestShipDate": "2018-08-15T15:00:00Z MWS API Selling Partner API
  36. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp Yahoo Shopping

    API の軽減税率対応等 注文データや商品マスタなど ほとんどのAPIリソースの項目が追加・更新 https://developer.yahoo.co.jp/webapi/shopping/tax.html
  37. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp ここまで多種多様なAPIを相手にしているからこそ API処理を担うレイヤーは実装が重くなりやすい

    Logic API API API API
  38. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp だからこそ 疎結合の「アーキテクチャ」

    それを実現し、かつAPIの変更・追従を隠蔽する 「インターフェース」 が超重要
  39. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 1. About

    CData Software CData Sync における疎結合アーキテクチャの 実現アプローチ
  40. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp プラグインアーキテクチャで疎結合に構成 JDBCインターフェースでAPI追従の衝撃を緩和

    データソースとなる 多種多様なAPI データパイプラインの メインロジック ビジネスロジックレイヤー APIとロジックをつなぐ JDBCインターフェース プラグインレイヤー
  41. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp プラグインは独立したJDBCライブラリ形式 外部から差し込み、追加サービスとしてラインナップ

    ユーザーが必要なサービスの連携モ ジュールを個別にダウンロード
  42. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 追加されたモジュールの一覧は 以下のように配置されている

  43. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp なぜ「JDBC」を採用?

  44. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp そもそもインターフェースのデザインって難しくない?

  45. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 例えば、Interfaceクラスに どのようなメソッドを定義するのか?

    interface SampleInterface { void Create(Parameter param); void Update(String id, Parameter param); void Delete(String id); Record GetRecord(String id); List<Record> GetRecords(Query query); } 返り値・引数のデザインは どうする? 変更した場合、API全部の実装に手を 入れ直さないといけないの? どこまで機能をサポートする?
  46. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 例えば、REST API

    でどのメソッドに どのようにデータ・ビジネスモデルを当てはめるのか? GET POST PUT DELETE
  47. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp データを取得したいのにPOST ・例:Bodyで検索条件を指定するから、

    POSTメソッドでGETする ・基本的にすべてのエンドポイントがPOST仕 様だったり(統一されているならいいが)
  48. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp リソース指向と関数指向がまざってる ・リソース指向、関数指向がまざっている

    例えばURLが https://XXX.com/getXXX https://XXX.com/findXXX https://XXX.com/users ・詳細検索するときだけ、FindやSearchといったURL
  49. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 良い疎結合の実現には 堅牢なインターフェースデザインの採用がポイント

    でも、プロダクトの成長・スケールを見据えて、インター フェースのデザインを固めることは結構難しくない? 柔軟にしすぎると各レイヤーの実装・メンテコストがかさむ 固めすぎると追加機能対応に適応し難い
  50. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp JDBC JDBCとは、Javaプログラムからデータベースにアクセスするための標

    準インターフェース(API)の一つ。データベースの違いによらず同じ 手順で接続し、データを読み書きすることができる。 https://e-words.jp/w/JDBC.html
  51. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp JDBCを採用している理由 •

    RESTのようなゆるい規格ではない。スタンダードかつ認識の齟齬が発生し ない、手続きがきまっている規格である。 • クライアント側は汎用的な JDBC API の仕様のみを意識して実装できる。 使い慣れたクエリ言語、接続定義が利用できる。 • 「APIの振る舞いを読み取るためのAPIの存在」つまり「Metadata」を定義 でき、扱うことができる。 • 独立した利用・動作確認が安易かつ横断的なテスタビリティを確保しやすい。 • CData Sync というRDBライクなデータを扱う製品に向いている。
  52. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp クライアントはAPIの複雑性・不安定性を意識しない APIとのやり取りをJDBCに一任

    し、データセットを受け取る ビジネスロジックレイヤーは JDBCを通じて SQLをリクエストするだけ JDBCレイヤーが APIリクエスト・レス ポンスの解析を担う SELECT [Id],[Name] FROM [Customers] GET /customers? $select=id,name Authorization: Basic XXXX Accept: application/json { [“id”:1,”name”:”Hello”], [“id”:2,”name”:”World”] } Id Name 1 Hello 2 World
  53. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp ? Web

    API HTTP JSON カラムは? 型は? 桁数は? 何個リソースがあるの? どんなリソースがあるの? フィルターやページングはどうすれ ばいいの? どんなHTTPリクエストを すればいいの? GET? POST? 認証方式は? Metadataが無いとクライアントはどうやって APIの多様さを解釈すればいいかわからない Service
  54. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp Metadataがあることでクライアントは APIの仕様の違いを意識せずAPIを扱うことができる

    テーブル定義としてリソースをリス トアップ。ユーザーが動的にアクセ スしたいリソースを選択できる プロパティ、型、桁数がMetadata から読み取れるため、マッピングや バリデーションが行いやすい 認証に必要なアプローチ、プロパ ティ、必須条件を提供しAPI個別の 認証方式の違いを抽象化
  55. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp JDBCのエコシステムを活用することで インターフェース単独で動作確認・テスト・検証が安易

    https://www.dbvis.com/ JDBC用ツールを活用して ビジネスロジックを通さずに 独立して動作確認・テスト・検証が可能 いちいちモックなどを作らなくていい
  56. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp CData Sync

    本体・プラグインは個別にデイリービルド 独立してオフライン・オンラインテストも実施 Sync Logic Module Plugin A Module Plugin B Module Plugin C Module Sync Main Module プラグインでのテストの大まかな区分け ・単体テスト:クラス・メソッド単位のテスト ・結合テスト:API Request Builder の振る舞いのテスト ・インターフェーステスト:JDBC API(SQL)を通じて生成されるAPIリクエストのテスト ・オンラインテスト:実際にAPIを実行して正常性確認を行うテスト
  57. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 内部のインターフェーステストの一例 JDBCとAPIリクエスト検証ファイルの組み合わせ

    @Test public void SampleTest() throws Exception { Class.forName("cdata.jdbc.kintone.KintoneDriver"); String testFile = "requestCheckFile.txt"; Connection conn = DriverManager.getConnection( "jdbc:kintone:User=myuseraccount;Password=mypassword;Url=http: //subdomain.domain.com;" + testFile ); Statement stat = conn.createStatement(); boolean ret = stat.execute( "SELECT RecordId,Revision FROM [顧客管理(営業支援パック)] " ); int row = 0; if (ret) { ResultSet rs = pstmt.getResultSet(); while (rs.next()) { if (row == 0) { assertEquals("3", resultSet.getString("RecordId")); assertEquals("10", resultSet.getString("Revision")); } } row++; } assertEquals(10, row); } RequestLines=3,11 | ValidateRequest=JSON | ResponseLines=16,16 | NextData=18 | ValidateUrl=https://XXXX.kintone.com/k/v1/apps.json | RequestHeaders=3,11 Host: XXXX.kintone.com Authorization: Basic XXXXXXXXX== Accept: application/json Accept-Encoding: gzip, deflate User-Agent: CData Data Provider Engine - www.cdata.com - Accepts: gzip Content-Type: application/json Content-Length: 13 X-Cybozu-Authorization: XXXXXXXXXX== X-HTTP-Method-Override: GET {"limit":100} {"apps":[{"appId":"3","code":"","name":“TimeCard","description":"<div>勤 務時間を記録するアプリです。</div>","createdAt":"2016-10- 26T10:12:04.000Z","creator":{"code":"Administrator","name":"Administrato r"},"modifiedAt":"2017-01-29T10:50:44.000Z","modifier":{"code … リクエストのダミーファイルを作成し ビジネスロジックを通じて生成される想定のSQL とAPIリクエストの整合性をチェック レスポンスの結果もResultSetとして検証
  58. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp とはいえ、それでもやっぱり難しい インターフェースと外部APIの辻褄合わせ

  59. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp APIの複雑性・不安定性をどこまで隠蔽するべきか? どのように隠蔽するべきか?

    Web API Service
  60. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp データ型はどうしようか毎回悩む ・そもそもAPI仕様書に型情報が載っていないものが多い

    ・通貨フィールドが数値型ではなく、円マーク付きで返って くるので文字列になってしまうものも 例:var x = “¥1,000,000”; ・データとしては数値的に扱いたいニーズがあるので、プラ グインサイドで通貨マークの調整処理が必要
  61. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp エラーハンドリングは どこまでインターフェース側でカバーするべきか

    ・Error Code 404 のはずなのに 200 でエラーが返ってくる ことがあった。成功なのに失敗? ・API Limit Error は待機するべきかリトライするべきか ・ページネーションの最後がエラーになるがクライアントにとって はエラーにしないほうがいいものがあったり
  62. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 余談

  63. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 実はリリース当初は密結合だった CData

    Sync ・基本的な製品思想は同じだがAPI側プラグイ ンとロジックサイドが密結合 ・ユーザーは使いたいAPIの数だけソフトウェアを インストールする必要があった ・ビジネスロジックサイドに修正が入ると、全デー タソース分のビルドを作り直し ・各開発チームの担当レイヤーが入り乱れ
  64. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 1. About

    CData Software まとめ
  65. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 不安定かつ多様な「API」と共存している

  66. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 不安定かつ多様なAPIと連携しなければいけない では、どのようにプロダクト・サービスとして

    サポート・スケールするのか? API追従の衝撃をビジネス ロジック側に影響させな いアーキテクチャ 疎結合の「アーキテクチャ」 それを実現し、かつAPIの変更・追従を隠蔽する 「インターフェース」が鍵 その一つのアプローチとして「JDBC」が活用できる 各チームが独立して機能 追加・アップデート・ビ ルド・テスト・リリース が行える体制
  67. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp 1. About

    CData Software 最後に
  68. © 2021 CData Software Japan, LLC | www.cdata.com/jp CData Software

    Japan では 業務拡大につき新しいメンバーを絶賛募集中! https://www.wantedly.com/companies/cdata2/projects ・テクニカルサポートエンジニア ・製品開発エンジニア ・インサイドセールス ・ローカライゼーション etc