Pixar Animation Studiosのテオドール・キムさんの講演を聞いて

Be02a5ccde5138d3edcf47bdda7c5f75?s=47 Chie.F
October 31, 2018

Pixar Animation Studiosのテオドール・キムさんの講演を聞いて

DMVことDwango Media Villageの古澤です。
Twitter: https://twitter.com/Dwango_DMV
HP:https://dmv.nico

VFX-JAPANセミナー: https://vfx-japan.jp/seminar201810/
にて行われたピクサー・アニメーション・スタジオのシニアリサーチサイエンティスト、テオドール・キムさんの講演を聴講しました。
ピクサーの研究と映像制作に関するお話を聞いてきたのでまとめてみました。

Be02a5ccde5138d3edcf47bdda7c5f75?s=128

Chie.F

October 31, 2018
Tweet

Transcript

  1. VFX-JAPANセミナー ピクサー・アニメーション・スタジオのシニアリサーチサイエンティスト、 テオドール・キムさんの講演 Dwango Media Village https://dmv.nico https://twitter.com/Dwango_DMV 古澤 知英(ふるさわちえ)

  2. 2 平成30年10月16日(火)18:30~20:00(18:00開場) 主催:一般社団法人VFX-JAPAN CG-ARTS(公益財団法人 画像情報教育振興協会) 共催:文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究 「多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出」 協力:京楽ピクチャーズ.株式会社 株式会社ボーンデジタル

    北海道大学 Pixar Animation Studiosのシニアリサーチサイエンティスト、テオドール・キムさんによる講演 セミナー概要
  3. 3 今年、SIGGRAPH2018に採択された ドワンゴCG researchの論文の共著者! ドワンゴCG research サイト: http://cgresearch.dwango.co.jp/ ドワンゴとの関係

  4. 4 2つの物理シミュレーションに関する研究・プロジェクトの紹介 Cloth Simulation 短編映画「Bao」で用いられた Skin Simulation 長編映画「Incredibles 2」で用いられた 講演の内容

  5. 5 キーポイント キャラクタのメッシュ上に、めり込みをおさえるインプットとして、ボリュームを与える 講演では、結果の動画の比較が主で、既存のシミュレータやソフト(KillCTM, Kinspring, Houdie)による比 較や導入の仕方などを簡単に説明。 手法内容についてはあまり触れなかった。 SIGGRAPH 2018のTalkセクションにて発表された内容。

    論文情報: Clean cloth inputs: removing character self-intersections with volume simulation. Audrey Wong, David Eberle, and T. Kim キャラクター身体への、布のめり込みを改善したシミュレーションの方法 Cloth Simulation 論文中図1より
  6. 6 シミュレーションの計算時間も時間短縮への貢献 布の不自然な破れや、広がりのある布(スカート)などの無駄な動きをなくすのにも効果を発揮し、 現場ですぐに用いられた Cloth Simulation 本来4時間ほど手直しがかかるシーンも、 本研究で30分ほどで済むようになったと口頭で 報告していた 論文中図2より

  7. 7 Skin Simulation SIGGRAPH 2018のTalkセクションにて発表された内容。 論文情報: Robust skin simulation in

    Incredibles 2. Ryan Kautzman, Gordon Cameron, and T. Kim ダイナミックな動き(変形)にもロバストなキャラクター肌のシミュレーションの方法 キーポイント 従来の方法での変形の際の対応点(アンカーポイント)の誤りを見つけ、改善 こちらの研究は、図を用いて説明をしている部分が多かったので、先ほどのCloth Simulationよりはわ かりやすかった。 (詳しいアルゴリズムは論文を参照)
  8. 9 Skin Simulation しっぽが揺れる際に、毛が動かず、不自然だったものが改善された様子を動画で確認 動きに伴う自然なしわも現れたため、いろんなシーンで使われた! 素人が見ても違いが明らかにわかるほど、変化を感じられたのが感想。 アライグマと赤ちゃんの激しい戦闘シーンで、アライグマが転がる動き のデモ(比較動画)が個人的には最も印象的だった。 従来は、動きが大きすぎて、体が完全に破綻していた(絞った雑巾みたい になる)のが、この手法で形状を保ち、大きく改善されていて感動。

    論文中図1より 論文中図2より