Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

JAWS DAYSで人生が変わった話…その後(@coosukeの場合)

Kosuke ENOMOTO
September 25, 2022

JAWS DAYSで人生が変わった話…その後(@coosukeの場合)

Presented at JAWS DAYS 2022 pre-conference on 25/09/2022
https://jaws-ug.doorkeeper.jp/events/142615

Kosuke ENOMOTO

September 25, 2022
Tweet

More Decks by Kosuke ENOMOTO

Other Decks in Education

Transcript

  1. JAWS DAYSで人生が変わった話 その後 @coosuke

  2. アジェンダ 1. ウォーミングアップ 2. 自己紹介 3. JAWS DAYSで人生が変わった話・・・その後 @coosukeの場合 4. ふりかえりと今後の展望

  3. アジェンダ 1. ウォーミングアップ 2. 自己紹介 3. JAWS DAYSで人生が変わった話・・・その後 @coosukeの場合 4. ふりかえりと今後の展望

  4. 本編開始する前に • あなたがJAWS-UG、またはJAWS-UG以外のコミュニティに 参加して、良かったと思うことをツイートしてみてください。 • ひとり 30個ずつ(1分で2個ずつツイートする計算) • ハッシュタグ #jawsug

    #jawsdays2022
  5. 本編開始する前に

  6. 話すこと・話さないこと 話すこと • 1年9ヶ月ほど前に書いた以下のブ ログの後日談 • エモいかどうかは未定 • 参照先のQRコード付けます 話さないこと

    • 技術的な話(すまん) • いわゆるハウツー〇〇になる話
  7. アジェンダ 1. ウォーミングアップ 2. 自己紹介 3. JAWS DAYSで人生が変わった話・・・その後 @coosukeの場合 4. ふりかえりと今後の展望

  8. @coosuke = 榎本 航介 • 製造業のエンプラ企業でIoT分野のプロダクトオーナー(LSPO) 
 • JAWS-UG 千葉支部

    運営メンバーのひとり 
 • AWS Community Builders 
 • ネコ科の長女(2歳)とヒト科の長男(0歳11ヶ月)の下僕 
 • サウナ/料理/サーバーレス/プロダクトマネジメントが好き 
 • JAWS-UG活動履歴 
 ◦ X-Tech JAWS 運営メンバーのひとり 
 ◦ JAWS SONIC 2020実行委員会 広報・マーケ担当 
 ◦ JAWS DAYS 2021実行委員会 広報・マーケ担当
  9. アジェンダ 1. ウォーミングアップ 2. 自己紹介 3. JAWS DAYSで人生が変わった話・・・その後 @coosukeの場合 4. ふりかえりと今後の展望

  10. ところで進捗いかがですか?もう2,3個ツイートできたかな?

  11. JAWS DAYSで人生が変わった話 とは

  12. 【おさらい】JAWS DAYS 2021までの話 • インフラエンジニアとしての危機感 ↓ • 転職を何度かしつつジョブチェンジ • JAWS-UGとJAWS

    DAYSの認知 • X-Tech JAWS 運営に参画 • JAWS SONIC 2020 運営に参画 • JAWS DAYS 2021 運営に参画
  13. その後① JAWS-UG千葉支部 運営に参画 • 2020年後半に東京 → 千葉へ引っ 越したタイミングで、お声掛け頂い て運営に参画(2020年11月~) •

    以後、千葉支部の勉強会を11回開 催、うち9回で運営として参加 ◦ 残り2回は育休中で休み ◦ 他支部との共催回も含む
  14. その後② AWS Community Buildersに参加 • AWSがグローバルで提供している 技術者向けのプログラム • 2021年から参加(自薦) •

    2022年7月に更新 • プログラム参加後、合計25のアウト プットを公開(と報告) ◦ ほぼ全てJAWS-UGの活動 ◦ 亀田さんセミナーの記録
  15. その後③ DevRel Japan Conference 2021に登壇 • ジャニさんに感謝 • 「ソーシャル(中の人)」に、 JAWS-UGの中の人としてパネル

    登壇 • JAWS DAYS 2021の経験踏まえ ておしゃべり
  16. その後④ X-Tech JAWSのサンセット • 2022年5月に活動終了 • 活動終了の背景はテポ氏のnoteを 参照(左のQRコード) • 最後のX-Tech

    JAWS開催日 =息子の生誕日
  17. その後⑤ AWS APAC Community Summit に招待 ワイのアウトプットは後日公開予定 Summitに参加された皆様の様子はQR コードから見てね

  18. アジェンダ 1. ウォーミングアップ 2. 自己紹介 3. JAWS DAYSで人生が変わった話・・・その後 @coosukeの場合 4. ふりかえりと今後の展望

  19. 進捗いかがですか?20個くらいツイートできたかな?

  20. ふりかえり Keep • 日本国内に留まらず、APACやグ ローバルのAWSコミュニティに参 加することができた • AWS以外の場で登壇する機会を 頂いた Problem

    • インプットの貯金がだんだん尽きて きた(SONIC, DAYS2021) • 家庭と仕事と、育児とコミュニティの 両立
  21. 今後の展望 • 家庭内で徳を積んでコミュニティに参加しやすくする • インプットの機会を増やす • JAWS-UGだけではなく、他のコミュニティでも登壇などでアウトプットできる機会を 模索する 特別なことをやる必要はない ただ日々インプットとアウトプットを

    意識して行動するだけ
  22. なぜコミュニティに参加するのか インプット・アウトプットの機会 • 最新のアップデートに触れる(見る・ 聞く・動かす) • 他者の知見を聞くことができる • 自分の経験をアウトプット →

    スキルのアップデート,   アンラーニング, リスキリング サードプレイス • ネットワーキング • アウトプットを通じて他者に認知し てもらう → 自己肯定感や幸福度の向上 テイカーではなく、ギバーになる ⇒ 学習効果と幸福度の好循環に乗れる
  23. まだテイカーであるあなたへ捧げる言葉 • やってみなはれ by 山﨑さん • (コンフォートゾーンから) 越境する • 考えるな、(やってみてから)

    感じろ • 踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々
  24. ぜひこちらも読んでみてください Sumiさんの「JAWS DAYSに登壇して人生変わった話」

  25. え、まさか30個ツイートできていないとは言わせないぜ

  26. おしまい