$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

2019-04 ソフトウェアライセンス/2019-04 software license

2019-04 ソフトウェアライセンス/2019-04 software license

Cybozu
PRO

May 29, 2019
Tweet

More Decks by Cybozu

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ソフトウェアライセンス 2019/05/29 法務統制本部 & OSS推進チーム

  2. 理想 ▌他者のソフトウェアを使うときのリスクを考慮できる ▌OSS 関連活動を適切に行える 2/32

  3. この講義のゴール ▌ソフトウェアライセンスの法的背景がわかる ▌OSS ライセンスがどんなものかわかる ▌業務での OSS との関わり方がわかる 3/32

  4. 目次 ▌ソフトウェアとライセンス ▌OSS ライセンス ▌サイボウズの OSS ポリシー ▌他者ソフトウェア (OSS) を使うとき

    ▌OSS を公開するとき 4/32
  5. ソフトウェアとライセンス 5/32

  6. ソフトウェアと著作権 ▌ソフトウェア = 著作物 ↓ 著作権法が適用される ▌他人の著作物の無断利用は、著作権侵害になる 6/32

  7. 「利用」と「使用」の違い ▌著作権違反になるのは、著作物を「利用」したとき ▌プログラムの「利用」に該当する行為 ⚫ ユーザー環境にインストールさせるためにプログラムを提供する ⚫ パッケージ製品に組み込んで提供する ⚫ ダウンロードサイトに置く ⚫

    プログラムを改変する ▌プログラムの「使用」に該当する行為 ⚫ ローカルでプログラムを実行して自分で使う ⚫ サーバー上でプログラムを実行し、ユーザーにその機能を使わせる (クラウドサービス) 7/32
  8. ライセンス ▌ライセンスとは、著作権法に基づく利用許諾条件 ⚫ 「私が権利を持っている著作物を利用させてあげる 代わりに、これを守ってね」というもの ▌条件を守らないと、ライセンス違反 = 著作権侵害 となる 可能性がある

    8/32
  9. ライセンス違反で起こり得ること ▌著作権の行使 ⚫ 派生(対象のソフトウェアを組み込んだ)製品の販売停止(差止め) ⚫ ソフトウェアの利用料の請求(損害賠償請求) ▌許諾条件の強制 ⚫ 派生製品のソースコードの開示 ▌レピュテーションリスク

    ⚫ ライセンスビジネスをしている企業としてのブランド価値の低下 ⚫ オープンソースコミュニティで炎上 9/32
  10. OSS ライセンス 10/32

  11. OSS ライセンスとは ▌OSS とは ⚫ ソースコードが無償で公開され、誰でもその改変と 再配布が自由に行えるソフトウェアのこと ⚫ Linux, MySQL,

    Java, Nginx, ... ▌OSS ライセンスとは ⚫ OSS を利用する際のライセンス ⚫ 色々な種類があり、それぞれ条件が違う 11/32
  12. OSS ライセンスに共通する主な条件 ▌同一条件での再配布 ⚫ 再配布の際は、同じライセンスにする ▌無保証 ⚫ 利用については、全て自己責任(脆弱性や不具合など) ▌特許の無償ライセンス ⚫

    ソフトウェアに関連する特許がある場合でも、 特許ライセンスを求められない 12/32
  13. OSS ライセンスの類型 OSS ライセンスの類型 改変部分の ソースコード開示 他のソフトウェアの ソースコード開示 コピーレフト型ライセンス (代表:

    GPL) 要 要 準コピーレフト型ライセンス (代表: MPL) 要 不要 ⾮コピーレフト型ライセンス (代表: BSD License) 不要 不要 13/32
  14. コピーレフト型 ▌特徴 ⚫ 派生製品のソースコードも開示させる → 自由に使えるソフトウェアを広げていく、という考え ⚫ 製品に組み込んだ場合、製品全てのソースコード開示が 必要となる ▌主な

    OSS ライセンス ⚫ GPL, AGPL, EUPL ▌コピーレフト型の OSS ⚫ Linux, MySQL, WordPress 14/32
  15. 準コピーレフト型 ▌特徴 ⚫ 改変した場合、その改変部分を開示させる ▌主な OSS ライセンス ⚫ MPL, LGPL

    ▌準コピーレフト型の OSS ⚫ Mozilla (Firefox, Thunderbird) 15/32
  16. 非コピーレフト型 ▌特徴 ⚫ ほぼ何も気にしない ▌主な OSS ライセンス ⚫ BSD, Apache,

    MIT ▌非コピーレフト型の OSS ⚫ Nginx, Apache, React 16/32
  17. サイボウズの OSS ポリシー 17/32

  18. ドキュメント ▌ポリシー ⚫ 権利帰属についてや、OSS 関連活動をどのように行うべきか が書かれた内規 ▌ガイドライン ⚫ 業務に沿った手引き 18/32

  19. 策定の背景 ▌サイボウズでは製品・サービスにおいて数多くの OSS が利用 されており、従業員も業務や個人活動で OSS 関連活動の機会が 増えている ▌そこで、以下を目的に策定された ⚫

    OSS 関連活動を過大な負担なく行えるよう支援するため ⚫ オープンソースコミュニティにおける良き一員であるため 19/32
  20. 著作権の帰属 ▌サイボウズの著作物 ① 当社の極秘情報を含むもの ② 上長の明示的な指示または承認のもと作成されたもの ↓ それ以外は個人の著作物となる ▌著作権の譲渡 ⚫

    条件に従って承認されれば、著作権が譲渡される 20/32
  21. 努力義務とライセンス違反への対応 ▌他者 OSS を利用するなかで不具合を発見した場合、 速やかに当該不具合を報告するよう努める ▌ライセンスに違反する事実を発見した場合、 速やかに OSS 管理組織に報告しなければならない 21/32

  22. 何かあったら OSS 管理組織(現 OSS 推進チーム)まで 22/32

  23. 他者ソフトウェア(OSS) を使うとき 23/32

  24. ライセンスを確認する 24/32

  25. ライセンスの確認(優先順) 1. ソースコード中のライセンス原文の記載 ⚫ プログラムファイルのヘッダに記載された ライセンス名とリンクも同様 2. アーカイブに配置されたライセンスファイル 3. アーカイブ内の

    README ファイルの記載 4. DLサイト上の記載(根拠としては弱い) ⚫ DLサイト上の記載と、アーカイブ内のライセンス ファイルが異なる場合もある。。。 25/32
  26. 気を付けるポイント ▌ライセンスが明確ではないソフトウェアを使わない ▌パッケージ製品に、コピーレフト型のソフトウェアを使わない ▌クラウド製品に、AGPL を使わない ⚫ AGPL は、クラウド製品に OSS を「使用」した場合に、

    その製品のソースコード開示を求める条件がある ⚫ クラウド製品に OSS を組み込んでサービスとして提供する 行為は「利用」ではなく、AGPL 以外のライセンスでは ソースコード開示は求められない 26/32
  27. 利用までの流れ 1. 使いたい OSS のライセンスが「OSS license リスト」にあるか確認 ⚫ リストにあれば、利用条件に従って利用 2.

    リストになければ、「オープンソースライセンス確認アプリ」 で過去に利用可能判断がされているか確認 ⚫ リストにあれば、利用条件に従って利用 3. 過去の判断が無ければ、「OSS推進チーム依頼箱」 でライセンスの確認を依頼 27/32
  28. OSS を公開するとき 28/32

  29. 気を付けるポイント ▌著作権が自分に帰属している場合 ⚫ OSS を公開する際に「Copyright YEAR Cybozu」のように サイボウズの著作物として表示することはできない ▌著作物が会社に帰属している場合 ⚫

    公開のルールに従う 29/32
  30. 自社 OSS を社外に公開する流れ 1. GitHub にリポジトリを作成する 2. OSS ライセンスを選択し、必要なファイルを配置する 3.

    選択した OSS ライセンスに従って著作権の年号や著作権者を 表記する 30/32
  31. まとめ 31/32

  32. ▌ソフトウェアを利用する際は、ライセンスに気を付けましょう ▌OSS ポリシーを守りましょう ▌困ったら、法務統制本部か OSS 管理組織に相談しましょう 32/32