Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Hyperledger Tokyo Meetup Datachainご登壇資料 (2021/11/25)

6e5a8be2a149d00d8b22cb144a4b1376?s=47 Datachain
November 25, 2021

Hyperledger Tokyo Meetup Datachainご登壇資料 (2021/11/25)

2021年11月25日に開催されたHyperledger Tokyo MeetupにおけるDatachain(YUI)の登壇資料です。

- YUIの詳細についてはこちら:https://github.com/hyperledger-labs/yui-docs
- Meetyの特設ページはこちら:https://meety.net/articles/t2--6prrpol688m

6e5a8be2a149d00d8b22cb144a4b1376?s=128

Datachain

November 25, 2021
Tweet

Transcript

  1. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 相互運用性プロジェクト: Hyperledger Lab: YUIのご紹介
  2. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 Datachainでは、複数ブロックチェーンの相互運用性(インターオペラビリティ)を 
 実現するソリューション開発・実装を事業として推進 
 鳥海 晋 Datachain BizDev マネージャ 複数の顧客向けプロジェクトを推進 YUIなどプロダクト策定にも従事 佐藤 怜 Datachain ソフトウェアアーキテクト プロダクトデザイン・設計および実装を 手掛け、YUIではHyperledger Fabric向けの IBCモジュールを開発 登壇者のご紹介

  3. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 本日のアジェンダ
 
 • ブロックチェーンシステムのインターオペラビリティ
 
 • 相互運用性プロジェクト:YUIに関する概要
 
 • 推進中/具体的なYUIのユースケース
 

  4. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 4 ブロックチェーンの本質的な価値を発揮する上でも、複数ブロックチェーン間でのインターオペラビリ ティ(相互運用性)は必須要素 ブロックチェーンのインターオペラビリティ(相互運用性)
 ブロックチェーンの価値は、複数の ステークホルダーのデータ /ビジネス プロセスを「つなぐ」ところにある しかし、結果的には複数のブロック チェーンが立ち上がり、各々が 「サイロ化」してしまう… …複数のネットワークが立ち上がるのは 避けられない • 既存システムとの接続 • 対象とするサービス/要件 • アセットに関する規制 • 対象の国・地域 メーカー 卸 小売 複数ステークホルダーが合意形成に より、改ざんの難しい形で データを共有 業務効率化などのDXに寄与 メーカー 卸 小売 物流元請 物流 事業者 ネットワークの壁
  5. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 5 ブロックチェーンを「つなぐ」役割を Trusted Third Party(信頼できる第三者機関)に 置くことは本質的な解決にはなっていない インターオペラビリティの難しさ
 チェーン間・システム間の連携には互い の合意形成を検証できる仕組みが必要 「つなぐ」役割を信頼できる第三者機関 に置く手段もあるが… …何らかの妥協が必要となる 「信頼」を作るためのコスト コンソーシアムに関する制約 システムの永続性 他のブロックチェーン 既存システム 等 外部データ/トランザクションを取り込 む際、検証が必要 第三者のメッセージを 参加者が「信頼」
  6. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 Fabric-IBC Besu-IBC Corda-IBC YUI A Project to Achieve Interoperability Between Multiple Heterogeneous Ledgers Middleware Module IBC Module (通信モジュール) Development Tools Explorer etc. Modules to support the development of cross-chain contracts Client (on-chain) modules to support various ledgers in align with the design principles Available in YUI To be included in YUI Relayer Available in YUI a middleware to relay packets between sets of various ledgers. To be included in YUI ブロックチェーンをトラストレスに繋ぐソリューションを開発し、 Hyperledger Labに 「YUI」として寄贈。OSSで提供(https://github.com/hyperledger-labs/yui-docs) インターオペラビリティプロジェクト:YUI

  7. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 7 Trusted Third Party Rely on specific authority Verification of transaction is done in central authority 検 証 Blockchain X Token Blockchain Y Token Verify Verify Relay On-chain verification on each chain Safety of the system is guaranteed by on-chain verification Blockchain X Token Blockchain Y Token Verification on Each Blockchain (conf.) HTLC Hashed timelock of tokens Bound to simple atomic swap of token Blockchain X Blockchain Y Token Hash Value Token Hash Value YUIでは、信頼できる第三者機関に頼らず、オンチェーンで相互検証を行う形でインター オペラビリティを実現 YUI:インターオペラビリティの実現方式

  8. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 Relayer Blockchain X Client (for Y) IBC Connection IBC Channel Blockchain Y Client (for X) IBC Connection IBC Channel Light client protocol Light client protocol Handshake Handshake + Packet transfer Application Application Client: チェーンYからの通信パケットを Light Clientとして検証 Relayer: XとYの間での通信をリレー(双方の台帳にアクセス) 安全性に関する仮定を必要としない IBC-Module Cross Framework Cross Framework 相互検証を行うためのチェーン上の Clientと、情報をやり取りするRelayerが重要モジュール YUI:アーキテクチャ概観

  9. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 9 Example: IBC for Tendermint (ICS-7) Channel Relayer Channel Ledger X Yの検証をオンチェーンで実施 Header/ Packet Header/ Packet 下記を介して、相手方の状 態を検証 ・ブロックヘッダー ・ステートルート Ledger Y Xの検証をオンチェーンで実施 下記を介して、相手方の状 態を検証 ・ブロックヘッダー ・ステートルート オンチェーン検証として、相手方のコンセンサス検証やチェーン上の状態検証を行うための仕組みを実 装(台帳ごとに、個別の設計・実装が必要) (参考)YUI:チェーン上での検証(Verification)
 Illustrative explanation; not represent full technical details Header/ Packet Header/ Packet Validatorの署名 等を通じたブロックヘッダー検証 を実施。ClientStateとして、最新のヘッダーを保持 State Rootなどのヘッダーに含まれる情報を用いてチェーン 上のKey, Valueペアなどを検証 1 2
  10. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 10 Cosmos SDK / Tendermint Tendermint BFT Cosmos Network ブロックチェーンを構築するために必要な コンポーネントを統合的に提供 IBCはブロックチェーン間の通信を担う 様々な種類のブロックチェーンがIBCを通して 繋がるネットワーク ZoneやHubなどの構成要素 Pegzone 固有のチェー ン zone同士を 繋ぐ役割を果 たす IBC Relay Cosmosでは、「ブロックチェーンのインターネット」を目指し、インターオペラビリティプロトコル IBC (Inter Blockchain Communication)などの策定が進められている (参考)YUI:ベースとするCosmosプロジェクト概要

  11. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 11 Application ミドルウェア IBC module (通信モジュール) トランザクション 実行のハンドラ ロック付き データストア 複数ブロックチェーンを跨がるトランザクションのコー ディネーションを行う • 例、チェーンX上のContract Aが成功したらチェー ンY上のContract Bを呼ぶ 等 • 複数Contractの同時実行なども可能 上記の実行のために、ロック機構を備えたデータ ストアを導入 • 同時実行のため、各ブロックチェーンでの状態を 一時的にロックし、成功した場合更新 (コミット処理) 等 IBCの通信上に、トークン転送を含む様々なクロスチェーンコントラクト実行を行うためのミドルウェアと して、Cross Frameworkを開発・リリース(今後、YUIに含める予定) YUI:Cross Framework概要
 Cross Frameworkにより、複数チェーンに跨がる処理 (クロスチェーンコントラクト)を実現可能
  12. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 Hyperledger Cactusとの差異は、相互運用性の実現(クロスチェーンコントラクト実行 等)が、接続し たいチェーン同士のオンチェーンモジュールのやり取りで完結する点 (参考)YUIの設計原理
 • オンチェーン上での相互検証の実現 • 統一的なコミュニケーション仕様の提供 • 特定のチェーン/DLTに非依存 • 任意のデータ・手続きの取扱 • 信頼が新たに必要なコンポーネントを導入しない • 新たなやり取りのためのレイヤを導入しない 1 2 3 4 5
  13. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 13 輸入者
 輸出者
 Asset
 Token
 Trade Platform Payment Platform Packet
 Packet
 DvP取引 Hyperledger Fabric Ethereum(e.g. USDC) Relayer Payment
 Token
 NTTデータ様とDelivery versus Payment(アセットトークンおよび決済トークンの安全な取引)につ いて、YUIを用いて実現 YUI:ユースケース(DvP取引)
 YUI
  14. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 Hyperledger Fabric決 済基盤 Payment token ownership Hyperledger Besu NFT基盤 NFT ownership 日立製作所様と連携し、決済トークン( ERC-20)とNFT(ERC-721)の異種ブロックチェーン基盤上で のアトミックスワップに関し共同研究を推進 YUI:ユースケース(NFT・決済)
 YUI Atomic Swap
  15. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 ソラミツ様と複数のHyperledger Iroha基盤におけるトークンのやり取りについて 共同研究を推進 YUI:ユースケース(Inter-payment)
 Iroha基盤 A(例、Byacco) Iroha基盤 B(例、Bandai) 基盤A、基盤Bの間で トークン交換 等を実現 • 例、異なる地域通貨 基盤の相互乗り入 れ YUI
  16. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 16 医療プラットフォーム デジタル通貨基盤 保険プラットフォーム 保険請求への払込実施 1. 医療情報の 更新 2. 付保疾病 への問合せ 3. カルテの 確認 4. 請求処理 の実行 アセットのやり取りだけで無く、複数のブロックチェーンが絡む複雑なフローも実行可能 YUI:ユースケース(クロスチェーンコントラクト実行)
 YUI YUI
  17. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 サプライチェーン SCM・貿易 デジタル通貨・ポイント 金融・保険 エネルギー モビリティ 電力売買・ グリーン ファイナンス 車両・トレース 決済・付帯 … 今後、デジタル通貨含め、様々な産業でエンタープライズブロックチェーンが立ち上がる事が見込ま れ、YUIを活用し、それらを繋ぐことで新たなサービス創造に貢献 YUI活用によるエンタープライズブロックチェーンの統合
 YUI 認証や、監査/公証 等 相互運用に必要な機能を付 与していく
  18. CONFIDENTIAL Copyright © 2021 Datachain, Inc. All Rights Reserved. 本資料の内容は、現時点での情報に基づく不確定な要素を含んでおり、当社

    がその実現を約束するものではありません。 YUIの開発・ユースケース拡大をご一緒できませんか? Meetyにてお話しましょう! https://meety.net/articles/t2--6prrpol688m