Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

テックブログなんてやるつもりはなかった - テックブログカンファレンス (2020.02.25)

テックブログなんてやるつもりはなかった - テックブログカンファレンス (2020.02.25)

テックブログカンファレンス【2020年2月25日(火)@飯田橋】 - connpass
https://connpass.com/event/162917/
※この資料は、企業のテックブログ運営者向けの勉強会「テックブログカンファレンス」での発表のためにまとめたものです。そのため、同じ「企業ブログの運用担当者」の視点でご覧いただくことを想定しています。

9f1a0c7527c9f3052b06ce9340d53e0a?s=128

Kiyotaka Doumae

February 25, 2020
Tweet

Transcript

  1. 1 © Internet Initiative Japan Inc. テックブログなんてやるつもりはなかった テックブログカンファレンス (2020.02.25) 株式会社インターネットイニシアティブ

    堂前清隆 (doumae@iij.ad.jp) https://twitter.com/IIJ_doumae https://www.facebook.com/kdoumae
  2. 2 自己紹介 • IIJ公式技術blog (てくろぐ) • http://techlog.iij.ad.jp/ • Twitter •

    https://twitter.com/IIJ_doumae • Facebook • https://www.facebook.com/kdoumae 株式会社インターネットイニシアティブ 広報部 副部長 兼 MVNO事業部 事業統括部 シニアエンジニア 堂前 清隆 (どうまえ きよたか) 技術広報担当として、インターネット全般・ モバイル(MVNO)にする技術の普及活動を 行っています。 IIJ入社後15年ほどエンジニアをやってました
  3. 3 IIJの”公式”ブログ ※GIOろぐは終了し、エンタープライズITへとリニューアル https://www.iij.ad.jp/socialmedia/

  4. 4 私 (堂前) が関わっているブログ 本日は以下のブログについて取り上げます。 てくろぐ 2010年12月開始 https://techlog.iij.ad.jp/ IIJのエンジニア、堂前による技術情報ブログ。 (実質的に堂前の個人ブログ)

    IIJ Engineers Blog 2016年5月開始 https://eng-blog.iij.ad.jp/ 技術的な情報や取り組みなど、開発・運用の現場 からエンジニア視点で情報を発信しています。 (広報部が運営するブログ) 現在広報3名で運営
  5. 5 2010年 「てくろぐ」を始めた頃の私 IIJ社内には面白い話がたくさんあるのに、 あまり知られてない。 社外に紹介したら良いネタになるのに。 テックブログ なんてやるつもりはなかった 運営 よその部署の話とか勝手に紹介すると怒られそうだから、

    ブログを立ち上げて”公式”ということにしてしまおう。 当時堂前は広報とは無関係の部署(ソフトウェア開発)に所属。 そもそも「自分が話したい」というモチベーションだったので、基本的 に自分で書くことが前提。(ゲストをお願いしたことも何度かあったが) つまり
  6. 6 2014年度末頃 「てくろぐ」が軌道に乗ってきたある日 今度広報部でテックブログを立ち上げる ことになりました。 広報担当 (非エンジニア) はあ。誰が記事書くんですか? 広報部がブログという場所を用意すれば、 皆さんが自主的に記事を書いてくれると思います。

    …… まあ、やらはったらええんとちゃいますか。
  7. 7 私 (堂前) のきもち そのときの私の考え 関わらないことにしよう…… ブログは書きたい人が自分のために書くもので、 誰かのために書くようなものではない。 場を作ったらコンテンツ(記事)が集まってくる なんてのは、考えが甘過ぎる。

    テックブログ なんてやるつもりはなかった 運営 つまり
  8. 8 2015年8月 人事異動で広報部へ 堂前の異動履歴 • 技術本部 企画開発部 開発課 • 事業推進本部

    サービス統括部 • 営業本部 営業技術部 • ソリューション本部 ソリューションサービス部ソリューションサービス課 • 新規事業企画室 • (出向) 株式会社インターネットレボリューション • サービス事業統括本部 データセンターサービス部 事業企画課 • サービス本部 アプリケーションサービス部 • プロダクト本部 アプリケーション開発部 戦略的開発部 • プロダクト本部 プロダクト推進部 企画業務課 • 広報部 (兼) MVNO事業部 事業統括部 2010年12月 「てくろぐ」開始 2015年8月 人事異動 広報部のテックブログが進んでいないので、一緒にやってくれる? テックブログ をやることになってしまった… 運営 つまり
  9. 9 企画主導で立ち上げられたブログの悩み 会社ブログ最大の悩み「記事が集まらない」 自然に記事が集まるのを待つ 各部署に記事執筆を割り当てる 広報部テックブログ「IIJ Engneer Blog」の初期の状況 あつまらない 上司から指示が飛ぶも、やる気無し

    会社ブログはコミュニティと同じ。 賑わってないところに誰も記事を書かない。 (Qiitaとか個人ブログに書いた方がいいよね) 何人かは書いてくれたのですが、広がらない…
  10. 10 賑わいと良コンテンツ・よくある勘違い コミュニティ立ち上げ期における関係 よくある勘違い 「良いシステム」 「良いデザイン」 では、賑わい・コンテンツ は生まれない (コミュニティ初期においては) 賑わい

    コンテ ンツ • コンテンツなければ賑わいなし • 賑わいなくしてコンテンツなし
  11. 11 最初の賑わいを作るために とにかくブログとして動いていないと話にならない。 運営担当が汗をかいて記事を集めることが重要。 自分で記事を書く 頼み込んで記事を書いてもらう イベントレポートでも何でもい いのでとにかく書く。 仲のいい人にお願いする。 (必要があれば、執筆者の上司に

    も根回しする) 記事を依頼するときは、「何でもいいから書いて」ではなく、 「このネタが面白いから、これを書いて」と依頼することが重要。 やり過ぎると個人ブログになってしまう危険性 社内Wiki(Confluence)に書かれた記事で面白いものがあったら、 「これ、エンジニアブログに書いてもらえませんか?」と突撃。
  12. 12 ヒット記事が出ると社内でのポジションが上がる 初期のヒット記事 Google Public DNS over HTTPS を試す 2016年8月15日掲載

    https://eng-blog.iij.ad.jp/archives/85 当時、執筆者が別件のために調べていた メモを社内Wikiに掲載していた。別件で の発表がボツになったという話を聞いて 「だったらエンジニアブログに書いても らえませんか」と依頼した。 もともと調査中のメモなどを社内Wikiで 公開するという文化があったことに助け られています。 (私自身もいろいろメモを公開しています)
  13. 13 ブログ運営 (編集部) としてできること ネタの発掘 文章・体裁の整理 公開記事の承認 執筆者へのフィードバック • 「このネタが面白い」という提案

    • 社外のトレンド、社内の盛り上がりに 気を配る • HTML化・図版の準備 • できるだけ執筆者の手間を省きたい • 場合によっては文章の整理も提案 • 社外へ開示してはいけない話が混じっ ていないか確認 • 必要があれば社内の要所と調整 • 記事公開の責任を(なるべく)執筆者に 負わせない • どのぐらいアクセスがあったかの共有 • 「次の記事も期待しています」
  14. 14 今後の課題 • リテンションの強化 • 記事によってPVの上下が激しい • テーマのとっつきやすさによってどうしても差が出る • 記事の魅力に頼るだけでなく、媒体力を高めたい

    • 媒体力が高ければ、とっつきにくいテーマにも光(PV)を当てる ことができる • Twitterを軸にしたリテンション策を図れないか? • 記事 →Twitter (@IIJ_ITS)フォロー → 別の記事 • フィードバックの強化 • 「皆さんの記事がこんなによい効果を生んでいます」 • 本人だけでなく、周囲(評価ライン)にも伝えたい
  15. 15 読者獲得のための施策 こんなこともやってみました このちらしのキャンペーンは終了しています。 (取り組みのサンプルとして配布しています) せっかく書いてもらった記事を、 より多くの方に読んでいただきたい。 • リアルイベントでチラシを配って みてはどうか?という試み。

    • O2O (Offline to Online)
  16. 16 最後に やっぱりこの前提を忘れてはいけないと思っています。 • 会社ブログに寄稿をいただくのは、執筆者の厚意 • 少なくない時間を費やしていただいている • 厚意に応えるために何ができるか? •

    ブログ編集部はプロモーター • 寄稿していただいた記事をどうやって広げるか • 「PVを稼ぐ」のは執筆者の厚意に応えるため(でもある) ブログは書きたい人が自分のために書くもので、 誰かのために書くようなものではない。
  17. 17 最近の悩み 二つのブログを回すのは正直つらい