Node.jsで書いた WebSocketサーバを Scalaに書き換えて遊んだ話(仮)

Node.jsで書いた WebSocketサーバを Scalaに書き換えて遊んだ話(仮)

Scala 関西 Summitの懇親会LTです。
http://summit.scala-kansai.org/

LTは3分しかなかったので補足。

スマートフォンをコントローラーにデジタルサイネージで遊ぶゲームをつくるのにつくったwebsocketのサーバをPlay 2.5 で書きました。
以前はNodeJsで書いていたものをScalaで書き直しました。
(ゲーム自体はつくりかけ)

ユーザが一度接続するとユーザ情報を格納するアクターが生成されて、ユーザの固有情報を記録しています。スマートフォンから受け取った情報を元にアクターがakka streamで構築したストリームメッセージをなげて、Unityに渡して描画をしています。

1a679952cdf455ecd6a15cbde7ae80d5?s=128

Tomohiko Himura

October 08, 2016
Tweet

Transcript

  1. 10.

    ざくっと感想 • Play 2.5 つかった • akka & akka stream

    • nodeに比べて • 初期学習コスト高い • 慣れるとやりたいことやりやすい • 以下から学べた • play.api.libs.streams.ActorFlow • play.core.actors.WebSocket
  2. 13.