エンジニア健康サミット 2019 発表資料 BEC

8591562f213a78b5ee258f02244eee1f?s=47 ekuro
November 29, 2019

エンジニア健康サミット 2019 発表資料 BEC

2019/11/29 に開催された「エンジニア健康サミット 2019」での発表資料です。
非トレーニング者もプロテインを栄養戦略として活用すべき理由

8591562f213a78b5ee258f02244eee1f?s=128

ekuro

November 29, 2019
Tweet

Transcript

  1. 株式会社BEC / CTO 黒瀬 瑛之(Eiji Kurose) @ekuro0513 非トレーニング者もプロテインを栄養戦略 として活用すべき理由

  2. 自己紹介 • 黒瀬 瑛之(@ekuro0513) • 株式会社BEC / CTO • 東工大アメフト部

    • エンジニア筋トレ部
  3. Slackチャンネル参加者募集中 Twitter(@ekuro0513)か今回のイベントのLPから公式サイトに アクセスできてそこから参加できます!

  4. 会社での健康推進の取り組み

  5. 姿勢改善

  6. スムージー・コーヒー飲み放題

  7. プロテイン飲み放題

  8. お気に入りの健康アイテム

  9. 何のグラフでしょう?

  10. 厚労省の「国民健康・栄養調査」より 何のグラフでしょう?

  11. タンパク質めっちゃ大事だよ。

  12. タンパク質とは 英語で「プロテイン」、 語源はギリシャ語で「プロティオス」。 「もっとも大切なもの」という意味。

  13. タンパク質とは 筋肉・髪・皮膚・ホルモン・免疫物質などに使われている。 脂質15% たんぱく質20% 水分60% 不足 • 筋肉が減り疲れやすくなる • 肌や髪にダメージが出る

    • 記憶力や集中力が低下する
  14. どのくらい摂ればいいの? 1g / kg 2g / kg 何もしていない人 運動してる人・エンジニア 70kg

    => 70g 70kg => 140g
  15. どのくらい摂ればいいの? 白米150g => 9g 納豆1パック => 8g 卵1個 => 6g

    ハム2枚 => 7g 味噌汁 => 5g タンパク質合計 35g
  16. どのくらい摂ればいいの?

  17. タンパク質の質(アミノ酸スコア) 2005 Japan Food Research Laboratories. All Rights Reserved 人にとって「足りない必須アミノ

    酸」に注目したスコア。 他のアミノ酸が十分に含まれてい ても、一つだけ少ない場合は、そ の値が反映される。
  18. タンパク質は摂っているはずなのに 風邪をひきやすい 肌荒れが酷い 集中できない

  19. プロテイン飲みませんか?

  20. プロテインの良いところ 完璧なアミノ酸スコア 余計なものを含まない 胃腸への負荷が少ない 簡単に構築できる まぁまぁ安価 胸肉2kg => 920円 タンパク質100g

    => 200円 5kg => 7998円 タンパク質100g => 200円
  21. プロテインの種類と選び方

  22. プロテインの種類 ホエイプロテイン 必須アミノ酸が多く含まれ、筋肉を増やすのにも適している。 また免疫力を向上させたり、ダイエットにも効果的との報告がある。 ソイプロテイン アルギニンが多く、抗酸化作用が高い。アルギニンはコラーゲンの元にもなるため、 美容にも良いとされている。 カゼインプロテイン 吸収速度が遅く、血中のアミノ酸濃度を緩やかに上昇させるので、長時間プロテイン を摂取できないときにおすすめ。

    しかし、システインが少なくホエイに比べて免疫効果が薄い。
  23. ホエイプロテインの種類(WPC / WPI) カゼイン カード (ヨーグルト) カード (ヨーグルト) WPC(ヨーグルトの上澄み) 乳糖・乳脂・灰分

    WPI ※ カゼインや乳糖は phが低い(酸性)の時に凝固するため、胃酸で凝固し、吸収を遅らせる
  24. ホエイプロテインの種類(WPC / WPI)

  25. プロテインって身体に悪くないの? 腎臓へのダメージが懸念されているが、最新の研究によるとタンパク質の食物源によっ て異なり、赤身肉からタンパク質を摂取した場合に腎臓へのダメージがあることが示唆 されている。 プロテインは牛乳や植物由来なので、最新のレビューによればダメージはないとされる が、腎臓の機能がもともと低下している人は医師に相談するべき。 参考 - Red Meat

    Intake and Risk of ESRD. - Dietary Protein Sources and Risk for Incident Chronic Kidney Disease: Results From the Atherosclerosis Risk in Communities (ARIC) Study. - Long-Term Effects of High-Protein Diets on Renal Function.
  26. プロテインポジショニングマップ2019 ・鶏むね肉(業務スーパー) ・2,000円 ・8.26g