Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Backlogから始めるe-世界生活

 Backlogから始めるe-世界生活

紙の運用が多かった前社でBacklogを提案し、どう活用したかをご紹介します。 Backlogはチームのコラボレーションツールとしての利用がメインですが、 私にとっては自分の仕事を管理する上でも重宝しています。 個人から組織へ。自分が実感してから、その感動を拡散する。それが私のDX戦略です。

JBUG Summer 2022
2022/7/28

FujiokaHirofumi

July 28, 2022
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. Backlogから始めるe-世界生活 藤岡 博文(Hirofumi Fujioka) 2022.07.28 JBUG Summer 2022

  2. 自己紹介 ▪株式会社DELTAに2022年7月join  ※6月まで化粧品メーカー情シス ▪Web系ITエンジニア, システム担当 ▪島根県出身, 福岡在住 ▪Backlog歴10年

  3. 前社でのBacklogエピソード

  4. None
  5. Backlogを入れたくてウズウズした 紙に書いた日報は、  ・業務終了後に書いて、上司が見て終わり Backlogなら、  ・検索ができる!  ・後で見たときに役に立つ情報を残そうと思う!   ⇒ e-化すれば日報も利活用データに化ける!

  6. 日報がわりの投稿イメージ

  7. None
  8. 利活用するための課題作成時のポイント ・自分が関わる事案・タスクはすべて起票する ・関連課題の番号、関連情報のURLを貼る ・他サービス(チャット等)で投稿されたコメントを引用する ・期限日は必ず設定する ・打ち合わせ予定すら起票する

  9. None
  10. 利活用するためのコメント時のポイント ・自分の行動ログを残すイメージ(何でも残す) ・関連リンク、関連課題、引用コメント、キャプチャを貼る ※明日の自分が見てもわかるように ※他人が見ても参考になるように

  11. するとどうなるか?

  12. データとしての利活用シーンが増える ・自分が握っている仕事量が可視化される ・自分がやらないといけないペースが可視化される ・色合いが出てくる(種別、割合、頻度) ・過去やったことを確認できる ・他サービスに散らばった情報もBacklogから辿れる

  13. そこまで入力するのは大変そう。。

  14. Backlogは近い将来、自分自身を助けます!! ・人間は「忘れる」生き物 ・自分の記憶力をあてにしない ・明日の自分は、他人と思う ・1か月以上続ければ実感しやすい             ※まずは1か月チャレンジ!

  15. オススメな使い方をご紹介

  16. なるべくキーとなる情報を入れる ・キーとは  それがあれば情報を特定できるユニークな情報  (社内システムの顧客番号、製品のシリアル番号、等) ・【理由】検索しやすくなるから    過去に同じ顧客で発生したかどうかを調べるのに、  キーとなる顧客番号で検索すれば確実にヒットする

  17. さいごに

  18. 前社でBacklogを導入した結果・・・ ・上司が効果を実感し、同じことを積極的にやってくれた ・上司が他部署を巻き込み、一緒に社内に広めてくれた ・入社して1年で、日報の提出義務がなくなった ・在籍4年で、プロジェクトが50以上できた

  19. e-世界生活になり、貢献できました

  20. ご清聴ありがとうございました