Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ゲームQAにおけるTPI NEXTの導入とその活用事例

ゲームQAにおけるTPI NEXTの導入とその活用事例

GREE Tech Conference 2022で発表された資料です。
https://techcon.gree.jp/2022/session/TrackB-3

gree_tech
PRO

October 25, 2022
Tweet

More Decks by gree_tech

Other Decks in Technology

Transcript

  1. グリー株式会社 QAマネージャー 福田 圭佑 ゲームQAにおけるTPI NEXT® の導入とその活用事例 グリー株式会社 QAエンジニア 野澤 周平

  2. 講演者プロフィール 2
 氏名と所属 経歴 福田 圭佑(ふくだ けいすけ) グリー株式会社 Customer &

    Product Satisfaction部 2014年 グリー株式会社に新卒として入社 GREE Platformで提供しているタイトルのQA統括 海外展開しているタイトルのLQA統括
  3. 講演者プロフィール 3
 氏名と所属 経歴 野澤 周平(のざわ しゅうへい) グリー株式会社 Customer &

    Product Satisfaction部 医療系情報システムのQAを8年間経験後、 2015年にグリー株式会社に入社 ゲームアプリのQAを5年、直近では、非ゲーム領域のQA業務 を中心に担当
  4. •取り組みの背景 •テストプロセスの診断 •まとめと今後の展望 目次 4


  5. 5
 取り組みの背景 • タイトルごとにQAプロセスの詳細が異なる • テストプロセスについての評価が不透明 TPI NEXT®を用いたプロセス診断を実施 現状の課題

  6. TPI NEXT®とは 6
 ▪TPIを前身としたテストプロセス改善のフレームワーク • オランダの Sogeti が提供するテストプロセス 改善モデル TPI

    (1998) • ビジネス主導のテストプロセス改善モデル  (BDTPI) TPI NEXT (2008)
  7. 7
 導入のステップ テストプロセスの診断 ▪4つの段階を経てプロセス診断を実施 チェックリストの適用 - 1on1ミーティング形式での アセスメント マトリクスの適用 -

    テスト成熟度マトリクスへ のマッピング 改善項目の決定 - テスト成熟度に応じた改善 項目の決定 改善案の適用 - 実業務への改善案の適用
  8. ▪アセスメントにより各項目の達成状況を評価 8
 チェックポイントの適用 テストプロセスの診断 ① ② ③ ④ アセスメント結果

  9. ▪アセスメントにより各項目の達成状況を評価 9
 チェックポイントの適用 テストプロセスの診断 ① ② ③ ④ アセスメント結果 タイトルごとに

    評価
  10. ▪アセスメントにより各項目の達成状況を評価 10
 チェックポイントの適用 テストプロセスの診断 ① ② ③ ④ アセスメント結果 達成済み

    / 未達成を記載
  11. ▪テスト成熟度マトリクスへのマッピング 11
 マトリクスの適用 テストプロセスの診断 ① ② ③ ④ マッピング結果 各タイトルでの

    強み / 弱みを明示化
  12. ▪テスト成熟度マトリクスへのマッピング 12
 マトリクスの適用 テストプロセスの診断 ① ② ③ ④ マッピング結果 次に着手すべき改善項目を特定

  13. 13
 改善項目の決定 テストプロセスの診断 ① ② ③ ④ • 利害関係者のコミットメント •

    欠陥管理 組織の強み • テスト戦略 • 見積もりと計画 組織の弱み 軽量テストプランの導入を決定
  14. 14
 改善案の適用 テストプロセスの診断 ① ② ③ ④ ゲームQAに対応した軽量テストプランを作成 ▪軽量テストプランの項目 •

    テストアプローチ • テストスコープ内 / 外 • スケジュール / 予算 • 品質予測 • テスト開始、中止、再開、終了条件 • 不具合レポート / 合否基準 • プロジェクトリスク
  15. ▪軽量テストプランの導入により弱みだった項目が改善 15
 改善案の適用 テストプロセスの診断 ① ② ③ ④ 評価結果 狙い通り改善が実現

    プロセスへの理解度が上がり評 価が下がった可能性
  16. 16
 まとめと今後の展望 まとめ • TPI NEXT®を用いてテストプロセス評価を実施 • 改善案として軽量テストプランを適用 • 結果として弱みであった項目の改善に成功

    今後の展望 • 継続的なモニタリングの実施 • 改善点に対するアプローチの精査
  17. 17
 ご清聴ありがとうございました

  18. 18