$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

国土地理院からの話題提供

 国土地理院からの話題提供

2022-01-20T14:00/16:00@Online
地理空間情報サービス部門連絡会

Hidenori FUJIMURA

January 21, 2022
Tweet

More Decks by Hidenori FUJIMURA

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Geospatial Information Authority

    of Japan 国土地理院からの話題提供 国土地理院 地理空間情報部 企画調査課長 藤村 英範(ふじむら ひでのり) 2022-01-20T14:00/16:00@Online 地理空間情報サービス部門連絡会 1
  2. 藤村 英範(ふじむら ひでのり) 情報工学で国土地理院に採用され、次世代の標準的ウェブ地図 フォーマットであるベクトルタイルを推進しています。2019 年までの国連出向の際に国連ベクトルタイルツールキットを創 設し、2020年以降はSDGsアクションプランにも掲載された、 地理空間情報によるパートナーシップの推進を行なっています。 2

  3. 地理空間情報部で大切にしていること Ø伝える Ø繋ぐ 3

  4. 地理空間情報部の文化的背景 https://www.gsi.go.jp/REPORT/TECHNICAL/gsiryogijutsu5.htm 4

  5. 印刷地図の 素直な展開としての ウェブ地図 5

  6. 全国一律シームレス重要 スケールと持続性を重視 →やはり、タイルだ 6

  7. https://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/r02/hakusho/r03/html/n2a13c01.html 7

  8. 話題 UNVT 国連ベクトルタイルツールキット 地図に自由を Adopt Geodata 里親ジオデータ データに愛着を EV 地球観測xベクトルタイル

    地球観測は難解じゃない FTS Kit 現場をめざして PtGI 地理空間情報によるパートナーシップ 地理空間情報の専門性で統治に貢献する 8
  9. UNVT 国連ベクトルタイルツールキット 地図に自由を 9

  10. UNVT: 開発の経緯 1. 地理院の本業はコンテンツ 2. コンテンツをウェブ地図にする技術を自由で開かれたものにする 3. 国連事務局での能力構築の機会にツールキット化 4. 既存の

    OSS を組み合わせ、内製でもスケーラブルなウェブ地図を作る ことができるノウハウをツールキットにした 5. ソフトウェアプロジェクトとしては空であることを本質とする 6. オープンで空でノウハウであることから、能力構築に適する 7. 自由で開かれたものであることから、現場展開の可能性を持つ 10
  11. 11

  12. https://unvt.github.io 12

  13. https://github.com/unvt 13

  14. UNVT の位置付け 1.UNVT は国連オープン GIS イニシアティブの一部 2.国連オープン GIS イニシアティブは参加型 →

    産学官の多様なプレイヤーが参加 14 http://unopengis.org/unopengis/main/main.php
  15. http://unopengis.org/unopengis/about/about05.php 15

  16. http://unopengis.org/unopengis/about/about05.php 16

  17. http://unopengis.org/unopengis/about/about05.php 17

  18. http://unopengis.org/unopengis/about/about05.php 18

  19. http://unopengis.org/unopengis/about/about05.php 19

  20. https://speakerdeck.com/ubukawa/2021-12-16-unvt-unitemapconference

  21. https://speakerdeck.com/ubukawa/2021-12-16-unvt-unitemapconference

  22. https://speakerdeck.com/ubukawa/2021-12-16-unvt-unitemapconference

  23. None
  24. 最新の開発:itoma - UNVT ArcGIS REST API 24

  25. Adopt Geodata 里親ジオデータ データに愛着を 25

  26. 未だベクトルタイルになっていない オープンジオデータを UNVTで ベクトルタイルにする 26 里親ジオデータ:コンセプト

  27. https://github.com/optgeo 27

  28. https://optgeo.github.io/antarctica-style/#16.45/-69.004866/39.582607 28

  29. https://github.com/optgeo/antarctica-style 29

  30. https://github.com/optgeo/63ants/discussions 30

  31. https://github.com/optgeo/63ants/discussions/ 31

  32. https://optgeo.github.io/sh2/#15.73/41.31273/19.448128/-0.3/60 32

  33. https://optgeo.github.io/tokyo-story 33

  34. EV 地球観測xベクトルタイル 地球観測は難解じゃない 34

  35. ラスタデータをベクトルタイルに 35 EV:コンセプト

  36. https://optgeo.github.io/hrlulc3d512/#16.78/36.648965/139.037549/44.1/74 36

  37. https://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/jp/dataset/lulc_j.htm 37

  38. 全国シームレス。 速くて、ぼやけない。 地形に張り付く。 ピクセルから音声合成。 38 EV:成果の特徴

  39. FTS Kit 現場をめざして 39

  40. https://github.com/un-vector-tile-toolkit/tsukuba 40 2020年の国連 GGIM 防災会議での 能力構築のために UNVT を超小型 PC Raspberry

    Pi に詰め込んでみた のがはじまり Raspberry Pi を使ってウェブ地図 をポータブルにする → FTS Kit
  41. None
  42. FTS Kit でできるようになったこと • 現場のネットワークに接続して、あるいは現場にネット ワークを作って、現場ローカルでウェブ地図を運用する 手段を得ることができた。 → 例:南極で雪上車内ネットワークでサービスする想定 →

    例:国際会議の会場内ローカルでサービスする想定 • 超小型 PC に USB HDD 等を接続すれば簡単かつ安価に 容量を増やせるので、容量の制約感が緩和された。 → 静岡県のポイントクラウドデータをボクセルタイルに してみよう! 42
  43. https://en.wikipedia.org/wiki/Voxel#/media/File:Voxels.svg 43

  44. https://www.digital.go.jp/posts/M2NB81eg 44

  45. https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/shijokibanseibi/pdf/002_04_00.pdf 45

  46. https://www.nedo.go.jp/content/100937636.pdf 46

  47. 実際にやってみせるのが 国土地理院に期待されている 雰囲気 47

  48. https://github.com/optgeo/kid-c 48

  49. 4m GSD voxels 49

  50. https://optgeo.github.io/cudi/#17.22/35.146441/138.804893/89.6/60 50

  51. 事実の構造→データの構造→標準化 「地理空間」は「ほとんど2次元に縮退する5次元」 lng: 一周 40,000 km かつ高精度・高分解能まで攻めたい lat: 一周 40,000

    km かつ高精度・高分解能まで攻めたい h: ざっくり+- 10km だが、人は地面・海面を離れては生きら れず、精度要求も限定的 t: 随意移動は不可で「戻ることはない」ため、「薄い」 z: 縮尺。ズームレベルが増えるとデータ量・要求精度・要求粒 度が苛烈に増加 lng, lat に比べて h は非常に薄く、t や z は変数というよりは パラメータ 51
  52. データフリーフローの枠として やはりタイルが重要 なのではないか 52

  53. PtGI 地理空間情報による パートナーシップ 地理空間情報の専門性で 統治に貢献する 53

  54. None
  55. 国連イニシアティブや国連専門家委員会、 地方公共団体との連携や産学官連携を 含む国内外のパートナーシップを通じて、 防災など多分野での地理空間情報の 利活用を推進する

  56. Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Geospatial Information Authority

    of Japan 国土地理院からの話題提供 国土地理院 地理空間情報部 企画調査課長 藤村 英範(ふじむら ひでのり) 2022-01-20T14:00/16:00@Online 地理空間情報サービス部門連絡会 56