Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

DIコンテナを学ぶ

40f0651571d172e141b24b34602601d1?s=47 hihats
December 26, 2016

 DIコンテナを学ぶ

PHPフレームワークのLaravelを通して、DIコンテナについて学習します

40f0651571d172e141b24b34602601d1?s=128

hihats

December 26, 2016
Tweet

Transcript

  1. DIコンテナを学ぶ Laravelの肝

  2. このDIコンテナ(サービスコンテナ)を学びましょう • LaravelではDIコンテナという仕組みを使用しており、そこで依存性の解決 を行っています。 • リファレンス本の中でサービスコンテナと書いてあるものが、DIコンテナに 当たります。 • コントローラーに依存関係を持たせなくてよくなるため、コントローラーの 単体テストが容易になったりします。

    • bootstrap/app.php の中で返される $app がサービスコンテナそのもの です。 Laravelを使い始める前にまず
  3. しかし、まずその前に

  4. DIとは? 依存性とは? コントローラー とは? MVCとは? 前提知識も足りていないことが多い そもそも、フレームワークを使う上 での基本からおさらい しときま しょう

    処理フローを学ぶためにフレーム ワークを使う場合と使わない場合の 違いから入っていきます
  5. FW使わない場合 ブラウザで http://localhost:8080/get_user.php?uid=3 public/index.php public/get_user.php public/login.php ・・・・・ fileひとつで処理が完結するpattern

  6. FW使う場合 Entrypointが入り口の全てを引き受ける public/index.phpがEntrypointに当たる (Laravel含め多くのPHPフレームワークで) 全てのアクセスがindex.phpを呼び出し、リクエスト内容(URL)から各コント ローラーに振り分けられる

  7. コンポーネント基礎構造 ⑤ビジネスロジック ④コントローラー ③ Router ① Request ⑥ ビュー ⑦

    Response Laravelも MVC パターンっぽくは見える が、Modelがない 元々はModelsディレクトリが存在してい たが、5.1からなくなる 既存の曖昧な「モデル」という表現を使う ことによるの弊害をなくしたかった もっと限定された語彙を使用し開発を行えば、明確 に定義された責任を持つ、より小さくてきれいなクラ スへ、アプリケーションを簡単に分割できるでしょう by Taylor Otwell
  8. コンポーネント基礎構造 ⑤ビジネスロジック ④コントローラー ③ Router ① Request ⑥ ビュー ⑦

    Response Laravelも MVC パターンっぽくは見える が、Modelがない 元々はModelsディレクトリが存在してい たが、5.1からなくなる 既存の曖昧な「モデル」という表現を使う ことによるの弊害をなくしたかった ② Middleware もっと限定された語彙を使用し開発を行えば、明確 に定義された責任を持つ、より小さくてきれいなク ラスへ、アプリケーションを簡単に分割できるでしょ う by Taylor Otwell
  9. つまり

  10. Model(らしきもの)をどう設計、実装するか は我々に委ねられている

  11. なので

  12. Modelはいったん置いときましょう 設計思想や経験に基づき、各ユーザごとに様々なモデリングが行われている あまりにも理解のための幅が広く、難易度が高い その代わり、コントローラとビューについては、標準で設置されており、役割も定められているので、ここか ら理解していくのがよい (Laravelにおいては)

  13. Controller の責務 ・ユーザからの入力を受け取る ・ビューを選択、生成する この二つだけ Sample(製品モデルを扱うコントローラ) app/Http/Controllers/ProductController.php をみてみる

  14. <?php namespace App\Http\Controllers; use Product; class ProductController extends Controller {

    /** * ProductController constructor. */ public function __construct() { } //一覧 public function index() { $id = request()->get(‘id’); $product = new Product(); $products = $product->find($id); return view('product.index, array('products' => $products)); } } app/Http/Controllers/ProductController.php
  15. <?php namespace App\Http\Controllers; use Product; class ProductController extends Controller {

    /** * ProductController constructor. */ public function __construct() { } //一覧 public function index() { $id = request()->get(‘id’); $product = new Product(); $products = $product->find($id); return view('product.index, array('products' => $products)); } } app/Http/Controllers/ProductController.php 入力を受けとり ビューを生成
  16. ここから依存性の話

  17. <?php namespace App\Http\Controllers; use Product; class ProductController extends Controller {

    /** * ProductController constructor. */ public function __construct() { } //一覧 public function index() { $id = request()->get(‘id’); $product = new Product(); $products = $product->find($id); return view('product.index, array('products' => $products)); } } app/Http/Controllers/ProductController.php
  18. Object(コントローラー)がObject()に依存し ている

  19. <?php namespace App\Http\Controllers; use Product; class ProductController extends Controller {

    /** * ProductController constructor. */ public function __construct() { } //一覧 public function index() { $id = request()->get(‘id’); $product = new Product(); $products = $product->find($id); return view('product.index, array('products' => $products)); } } app/Http/Controllers/ProductController.php
  20. <?php namespace App\Http\Controllers; use Product; class ProductController extends Controller {

    /** * ProductController constructor. */ public function __construct() { } //一覧 public function index() { $id = request()->get(‘id’); $product = new Product(‘has_option’); $products = $product->find($id); return view('product.index, array('products' => $products)); } } app/Http/Controllers/ProductController.php
  21. <?php namespace App\Http\Controllers; use Product; class ProductController extends Controller {

    /** * ProductController constructor. */ public function __construct() { } //一覧 public function index(Product $product) { $id = request()->get(‘id’); $products = $product->find($id); return view('product.index, compact('products')); } } $product = new Product(); $product = new Product(‘has_option’); app/Http/Controllers/ProductController.php どちらも使える
  22. 依存されているObjectを外から引数で渡すことを 「依存性の注入(Dependency Injection)」という

  23. これがDI(パターン)

  24. ちなみにLaravelでは、外でnewしなくても、タイプヒン ティングで勝手にインスタンス生成してくれる(条件 つき)

  25. 結合を緩くする(疎結合)

  26. /** * Productインターフェースとそれを実装したクラスを1ファイルにまとめたもの */ interface ProductInterface { public function __construct()

    { } } class PackageProduct implements ProductInterface { public function __construct() { } } class CloudProduct implements ProductInterface { public function __construct() { } } } ProductInterfaceを実装し た、具象クラスが二つ
  27. <?php namespace App\Http\Controllers; use Product; class ProductController extends Controller {

    /** * ProductController constructor. */ public function __construct() { } //一覧 public function index(ProductInterface $product) { $id = request()->get(‘id’); $products = $product->find($id); return view('product.index, compact('products')); } } 抽象に注入せよ (OODのDI原則)
  28. <?php namespace App\Http\Controllers; use Product; class ProductController extends Controller {

    /** * ProductController constructor. */ public function __construct(Product $product) { $this->product = $product; } //一覧 public function index() { $id = request()->get(‘id’); $products = $this->product->find($id); return view('product.index, compact('products')); } } コンストラクタ インジェクション
  29. <?php namespace App\Http\Controllers; use Product; class ProductController extends Controller {

    /** * ProductController constructor. */ public function __construct(Product $product) { $this->product = $product; $this->request = request(); } //一覧 public function index() { $id = $this->request->get(‘id’); $products = $this->product->find($id); return view('product.index, compact('products')); } } =Request::class
  30. 依存性がどんどん複雑になってくる

  31. 依存を再帰的に解決するなど、複雑な依存関係の 解決を一手に引き受けてくれるのが

  32. DIコンテナ(サービスコンテナ)

  33. まとめ

  34. • コントローラーに責務を追わせすぎないようにしましょう • オブジェクト同士の依存性をできるだけ緩くしましょう(疎結合) • 依存関係がソースコードの奥深くに入り込まないように、DIコンテナに解決 を任せましょう