Value Stream Mapping ワークショップ @ DevOpsDays Tokyo 2019

Value Stream Mapping ワークショップ @ DevOpsDays Tokyo 2019

2019/4/10 に DevOpsDays Tokyo 2019 でやった、Value Stream Mapping で使用した資料です。DevOps の活動に活用してください!
DevOps のコミュニティを盛り上げていきたいという方、出張開催しますので呼んでください。
※ワークショップのため、描き方は普段やっているものより簡易なものになっています。

8b36c7d4d57a3be9e88dd5ab53233e3c?s=128

hiroki-arai

April 10, 2019
Tweet

Transcript

  1. 4.

    Copyright ⓒ2019 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved Value Stream Mapping体験ワークショップ(15:00-16:45)

    • 自己紹介 & チーム作り (10分) • ???(10分) • Value Stream Mappingの説明 (10分) • ワークショップ (60分) • 振り返り (10分) 4
  2. 6.

    Copyright ⓒ2019 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 自己紹介 & チーム作り

    ルール 以下を5分以内に行って下さい。 1. 全員で誕生日の早い順に一列に並びます。 2. 並んだ順番で先頭の方から、1~4の番号を言っていきます。 3. 番号ごとにチームに分かれます。 4. チーム内で自己紹介をしながら、付箋に名前を書いて胸からさげて下さい。 5. チーム内でチーム名を決めて発表します。 6
  3. 8.

    Copyright ⓒ2019 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved What is Value

    Stream Mapping Value Stream Mapping (以下、VSM)とは ソフトウェア開発工程における、始まりから終わりまでの工程と経過時間を 見える化するためのモデリング手法。 始まりから終わりまでを見える化することによって、それまで見えなかった ムダや改善点洗い出すことができる。 8 アイデア 3w 要件定義 顧客 顧客 基本設計 詳細設計 開発 運用 3d 1w 1w 2w 1m 1w 1w Total LT:100Days Total PT: 80Days Value Stream Mappingイメージ
  4. 10.

    Copyright ⓒ2019 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved VSMを記述する目的 DevOps実現に向けた取り組みをスムーズにスタートするために、Value Stream

    Mappingワークショップを実施します。 10 DevOps実現に向け た取り組みをスター ト 何から手を付けたら 良いか分からない VSMワークショップを実施 現状認識/目標決定 改善点の見える化 関係者間の合意 活動開始
  5. 11.

    Copyright ⓒ2019 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 効果 • ムダや改善点の見える化

    • 現状のリードタイムとカイゼン後のリードタイムの見える化(測定指標) • 製品、サービスに関わる全員が一堂に会することによる一体感、連携感の強化、そ の場での意思決定 • ゴールイメージの共有 – ゴールイメージに対して一人一人が考えて行動する状態はDevOpsに必要な組織文化 – 製品開発だけにとどまらない基本的な意識の改革 11
  6. 13.

    Copyright ⓒ2019 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 余談 – DevOpsDays

    Tokyo と Value Stream Mapping 13 2020年4月9日10日 DevOpsDays Tokyo 2020 ???
  7. 15.

    Copyright ⓒ2019 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved 実施の手順 • スコープの定義

    • プロセスの洗い出し • VSM記述 • 分析 • (改善点に対して優先度を決めて、計画に落とし込む) 15
  8. 16.

    Copyright ⓒ2019 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved スコープの定義 チーム内でVSMで記述する対象となるプロジェクトを決めます。 チームメンバのどなたかの実際の業務フローがベストです。

    ※正確な情報である必要はありませんので、機密情報については、 問題の無い形に変換して下さい。また、チームメンバはプロジェク ト内容についてこのワークショップ内で忘れて下さい。 対象が決まったら以下の内容をチーム内でシェアして下さい ➢ プロジェクトの内容(サービス内容) ➢ 環境情報(クラウド/オンプレ) 16
  9. 24.

    Copyright ⓒ2019 CREATIONLINE, INC. All Rights Reserved ムダ/カイゼンポイントの一例 • 待ち時間

    • ムリ・ムラ・ムダ • Value Add Time • 欠陥=>手戻り • 引き継ぎ • フロー効率 • リソース効率 • スタンプラリー • etc... 24