写真で振り返る CES 2019 / Look back on CES 2019

1ec68e792f99c958b8ffbd0aadaa182a?s=47 ikkou
January 21, 2019

写真で振り返る CES 2019 / Look back on CES 2019

Mercari CES 2019 報告会 https://connpass.com/event/112931/ で発表したスライドから自撮りコレクションを削除した一般公開版です。

1ec68e792f99c958b8ffbd0aadaa182a?s=128

ikkou

January 21, 2019
Tweet

Transcript

  1. 写真で振り返る CES 2019 2019/01/21 Mercari CES 2019 報告会 #MercariCES Mercari,

    Inc. 諸星 一行 a.k.a ikkou
  2. LVCC, Central Hall にある CES ロゴのゲート。

  3. Mercari, Inc. R4D XR チームマネージャー ウェブ制作会社、ソーシャルゲーム関連会社を経て 2017年9月より現職。 開発者コミュニティ “xR Tech

    Tokyo” 運営責任者。 日本バーチャルリアリティ学会認定VR技術者。 めぐるーまーで雛乃木神社氏子。 CES の参加は 2018 に続き 2 回目のひよっこ。 諸星 一行 a.k.a @ikkou
  4. We are “mercari R4D” XR Team 「mercari R4D(アールフォーディー)」は2017年12月に設立した、研究(Research)と4つ のD、設計(Design)・開発(Development)・実装(Deployment)・破壊(Disruption)を行動 指針として活動する研究開発組織です。

    R4Dによる研究だけではなく、外部の企業・教育機関などと共同で基礎・応用研究を行 うことで、スピーディーな研究開発とメルカリグループでの事業化、そして社会実装を目 指しています。 現在はXR(AR・VR・MR)、AI、量子コンピューティング、ブロックチェーン、衛星データ活 用などの研究を実施しています。 <本報告会は XR 領域を専門とするチームによる視点が多分に含まれています>
  5. Why CES 2019 出典: https://about.mercari.com/press/news/article/20181220_mercarir4d_smartglass/ 1. フリマアプリ「メルカリ」をス マートグラスに最適化したプロ トタイプ版を出展するため 2.

    メルカリにおける XR を推進す るチームとして、実際に AR/VR/MR 関連のインプット を “直接” 得るため 『百聞は一体験に如かず』
  6. What’s CES ? 出典: Every Company Is a Tech Company:

    CES 2019 - https://www.youtube.com/watch?v=uyAGznJqvQs
  7. What’s CES ? • 概要 ◦ 1967年から続く全米民生技術協会 (CTA)が主催するネ バダ州ラスベガスで開催される“電子機器”の見本市 ◦

    読み方は “せす” ではなく “しーいーえす” • 会期 ◦ 2019/01/08~11 の 4 日間 ▪ 01/06~01/07 はプレス向けイベント • 会場 ◦ Las Vegas Convention Center (LVCC) 他、周辺施設
  8. ラスベガス マッカラン国際空港 CES はこのゲートをくぐるところから始まります。

  9. What’s CES ? • 来場者数 ◦ 180K+ ▪ “通信領域” で近しい見本市

    CEATEC 2018 の実績は 150K+ • 出展社数 ◦ 4,5K+ • 入場料 ◦ およそ1ヶ月前までの登録で 100 US$ ◦ プレスは無償の Press Pass ◦ 多くの場所で Badge をピックアップできる
  10. 空港のゲートを出た先で CES の Badge をピックアップしました。事前にメールで送られてくるバーコードと ID が必要です。

  11. ラスベガスの多くホテルは Hotel & Casino と謳われ、カジノが併設されていますが、最近はその限りではないそうです。

  12. • Tech East ◦ Las Vegas Convention Center (LVCC) ▪

    North Hall ▪ Central Hall ▪ South Hall ◦ Westgate Las Vegas • Tech West ◦ Sands Expo ◦ The Venetian ◦ Wynn 出展: Official Show Locations - CES 2019 - https://www.ces.tech/Show-Floor/Official-Show-Locations.aspx Locations
  13. • Westgate ◦ DigiLens • North Hall ◦ 自動車関連, NVIDIA

    ▪ 自動車関連に付随するAR/VRコンテンツ • Central Hall ◦ Sony, Qualcomm など大企業中心 ▪ メルカリ × Vuzix ブースはこの Central Hall 15036 • South Hall ◦ Home Cinema, AR/VR & Gaming, DRONES, AI & Robotics, 3D Printing 等 Official Show Locations - CES 2019 - https://www.ces.tech/Show-Floor/Official-Show-Locations.aspx Tech East
  14. LVCC, North Hall 外にある CES ロゴの前では多くの人が記念撮影をしています。

  15. Central Hall 15036 の Vuzix ブースで Vuzix Blade を用いたプロトタイプを参考出展しました。

  16. CES 2018 に引き続き Google は巨大なブースを建造、今年はライド型アクティビティを擁した体験を提供していました。

  17. LG ブースの入口に設けられていた大量の “曲がる” ディスプレイを用いた展示は、その必然性は別として圧巻でした。

  18. South Hall の nreal ブースは連日大賑わいを見せていました。

  19. Insta 360 ブースではアクションカムを持ってくると Insta 360 ONE X と交換するキャンペーンを開催していました。

  20. • Sands Expo ◦ Level 1, EUREKA PARK • AR/VR/MR

    エリアに 18ブースがまとまっていた ◦ Level 2, BABY TECH, FAMILY & KIDS TECHNOLOGY, Wearable, Smart Home 等 • The Venetian ◦ Amazon, CES Innovation Awards • Wynn ◦ HTC VIVE Pro Eye / HTC VIVE Cosmos が 発表された HTC は CES に合わせて会場を設 けている ◦ Rokid Official Show Locations - CES 2019 - https://www.ces.tech/Show-Floor/Official-Show-Locations.aspx Tech West
  21. Sands Expo の地階にある EUREKA PARK は多くのスタートアップ企業で賑わい、1つ1つ見るには1日では足りません。

  22. EUREKA PARK で勢いを感じたエリアのひとつがフランスの “La FRENCH TECH” です。いくつか VR 関係もありました。

  23. Twitter で少しだけ話題になったスマートスピーカーにロボットの顔を当てはめたものです。あなたはどう感じますか?

  24. Wynn では CES に合わせて HTC 社がブースを設けていました。このようなケースは他にも見られます。

  25. HTC 社ブースを RICOH THETA V で撮影している様子です。 出典: https://photos.app.goo.gl/5qGBPBzW7TwEmT869

  26. HTC Japan 西川さんの配信にも起用されました:D 出典: https://twitter.com/MiyuWestriver/status/1084056661457686528

  27. Difference from CES 2018 • 全体感として目立っていたのは 5G, AI, Mobility ◦

    5G は Verizon が 2018 年 9 月から商用サービスを開始している ▪ Verizon CEO が基調講演でユースケースをいろいろと発表していた(動画、ストリーミング、 医療現場、ドローンなど)が、いずれも現時点では想像の域を出ていない ◦ AI × Mobility 文脈では引き続き自動運転が目立つ ▪ CES 2019の会期中に Lyft 自動運転車が 30 台走っていた • 目立っていた Sleep Tech はやや縮小するも出展社の質は向上 ◦ 健康志向の高まりからか Healthcare, Wellness が伸長 • VR関連ブースがやや縮小し、AR/SmartGlassブースが大きく伸長 ◦ かつてない程度に自撮り(セルフィー)の機会が多かった • CES Shanghai の高まりからか中国ブースが目立った • 経済産業省の世耕大臣が CES を初視察
  28. Qualcomm は “THE REAL 5G” と銘打ち 5G の文脈を強く押し出したブースを展開していました。

  29. 深夜 CNET が 自動運転車のコンセプトカー Mercedes-Benz Vision URBANETIC に試乗している様子を目撃しました。

  30. Bosch による都市部でのシャトルサービス向け自動運転車のコンセプトカー。

  31. VR との関係も深い NVIDIA のブースでは、自動運転車の構成が見える状態で展示されていました。

  32. 国産である日産の Intelligent Mobility ブースも海外のブースに負けてはいませんでした。

  33. Mobility の文脈ではオスプレイで知られる Bell Helicopter の Bell Nexus が自動運転ではないも異彩を放っていました。

  34. 世耕大臣も訪れた Eureka Park, J Startup 認定企業を中心としたジャパンパビリオン。

  35. Go to CES 2020 (航空券とホテルの手配) • CES 2020 の会期は 2020/01/07~10

    の 4 日間 • 航空券&宿の争奪戦は既に始まっている • CES 2019 手配実績 ◦ 手配開始は 11 月上旬、早めに決めて夏頃には確保したい ◦ 航空券 ▪ 前日 1/7 入り 直行便で @50 万超え、乗継便で @25 万前後 ▪ 前々日 1/6 入り 直行便で @21 万前後、安くないが確保 ◦ ホテル ▪ LVCC 周辺は既に満室、車で 10 分程度の距離で @3.5 万前後 • 宿泊費とは別に期間中 1,500US$ 前後のリゾート税が発生する ▪ 最終的に車で 10 分程度の距離にある家を airbnb で確保
  36. ホテルの一例として、会場のひとつでもある Venetian は建物の中にヴェネツィアが再現されています。

  37. CES 2018 以降にオープンした THE VOID @ Las Vegas はこの Venetian

    の中に入っています。
  38. 会場から車で 10 分程度に位置する airbnb で借りたお宅です。

  39. airbnb にはホテルのようなデイリーでのベッドメイキングはありませんが、現地での生活を体感しやすいのでおすすめです。

  40. 一定人数で出張する場合、むしろホテルではなく airbnb で宿を確保することで、チーミングに役立つこともあります。

  41. Go to CES 2020 (移動手段) • 公式シャトルバス ◦ 主要な会場間を結んでいる&無料だが混む •

    Las Vegas Monorail ◦ 区間単位ではなく 1 乗車につき 5US$ とやや高い ◦ 移動方法によっては 24/48/72 時間券の購入も • 路線バス ( SDX, Deuce ) ◦ 24 時間走行している&アプリ(QRコード)で利用できる ◦ 時間が読みきれない&不慣れなので去年も今年も使わなかった • Uber, Lyft ◦ 空港 to 家や家 to 会場を始めとして移動方法の中心を占めた ◦ 時間帯によって Uber と Lyft で料金が異なるので見極めが重要
  42. Las Vegas Monorail の 72 時間券。有効期限は裏面に記載されている。

  43. モノレールは CES に合わせて Hey, Google や Lyft ラッピングされています。

  44. 現地では Lyft ガチャと呼ぶ人もいた Lyft × APTIV の自動運転車には幸運にも 2 度乗車できました。

  45. 車種は BMW 540 で白と黒の2色、車内は撮影・録画厳禁で乗車後に外からのみ撮影が許可されています。

  46. ご静聴ありがとうございました 質問等があればフォームから投げてください