Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

What's AWE USA 2019

1ec68e792f99c958b8ffbd0aadaa182a?s=47 ikkou
June 10, 2019

What's AWE USA 2019

AWE USA 2019 Recap at Mercari で喋った資料です:D
https://mercaridev.connpass.com/event/129550/

1ec68e792f99c958b8ffbd0aadaa182a?s=128

ikkou

June 10, 2019
Tweet

Transcript

  1. What’s AWE USA 2019 2019-06-10 AWE USA 2019 Recap at

    Mercari @ikkou
  2. None
  3. Mercari, Inc. R4D XR Team Manager ウェブ制作会社、ソーシャルゲーム関連会社を経て 2017年9月より現職 xR開発者コミュニティ “xR

    Tech Tokyo” 主宰 日本バーチャルリアリティ学会認定VR技術者 めぐるーまーで雛乃木神社氏子 諸星 一行 a.k.a @ikkou
  4. AWE USA 2019 とは何か 今日話すこと 会場の雰囲気が伝わるスライドショー 02 01

  5. 今日話さないことはブログに書きました! https://txt.ikkou.com/entry/my-awe-usa-2019-recap

  6. AWE USA 2019 とは何か What’s AWE USA 2019

  7. “AWE (Augmented World Expo) is the world’s most essential AR+VR

    conference and expo, with annual dates in the USA, Asia, Israel and Europe, as well as meetup chapters around the world. AWE brings together a diverse mix of CEOs, CTOs, designers, developers, creative agencies, futurists, analysts, investors, founders and top press in a one-of-a-kind opportunity to learn, inspire, partner, and experience first-hand the most exciting industry of our times.” Ref. https://www.awexr.com/usa-2019/about_awe About AWE
  8. • 会期 ◦ 2019/05/29 〜 05/31 ▪ 5/28 Day 0

    Early Badge Pickup ▪ 5/29 Day 1 Conference only ▪ 5/30, 31Day 2 + 3 Conference + Expo • 会場 ◦ Santa Clara Convention Center ▪ サンノゼ空港 SJC から 15min 程度 ▪ Uber で $25 USD 程度 • 主催 ◦ AugmentedReality.org About AWE USA 2019
  9. Location

  10. • ALL ACCESS PASS ◦ 講演 + 展示 ◦ $1295.00

    USD ≒ ¥140,000 • EXPO ONLY ◦ 展示のみ ▪ 但し、公式の Party や Awards Ceremony などは参加可能 ◦ $199 USD ≒ ¥22,000 今回、我々は Exhibitor としての参加だったので、出展社特典として ALL ACCESS PASS × 2 と EXPO ONLY × 4 が include されていました。 Ticket fee
  11. • ブース数 ◦ Expo ▪ 134 ◦ The AWE Playground

    ▪ 17 ◦ Startup ▪ 39 Scale
  12. 会場の雰囲気が伝わるスライドショー Awesome Slideshow

  13. 5/28 Day 0, AWE ロゴの前で撮影、この後このロゴはメイン会場の方に移されました。


  14. 5/28 Day 0, 初日を翌日に控え、鋭意設営中の Expo ホール入口の様子。


  15. 5/29 Day 1, 会場 Wi-Fi の速度は今ひとつでした。


  16. 5/29 Day 1, 翌日の Expo 開始を踏まえ 08:00~19:00 が準備時間として用意されていました。


  17. 5/29 Day 1, ブースそのものの設営直後の様子、サイズはおよそ 3m × 3m でパネルや壁、テーブルはすべて有償オプション!


  18. 5/29 Day 1, ドリンクコーナーに移動された AWE ロゴはこの後めちゃくちゃドリンク置き場として活用されていました。


  19. 5/29 Day 1, Registration 開始直後は長蛇の列が発生していました。


  20. Conference は左側のような大きな Main Stage と右側のような小さな部屋で複数トラックが催されていました。


  21. 5/29 Day 1, Expo 会場外を含め、会場内のいたるところで Looking Glass が飾られていました。


  22. 5/29 Day 1, 海パン持ち込み必須の AWE USA 2019 Pool Party を体験した日本人は我々くらいではないでしょうか。


  23. 5/30 Day 2, 展示物の準備を終えた Expo 開場直前の様子です。ちなみに展示物は毎日持ち帰りました。


  24. 5/30 Day 2, ゲーム性の高い xR コンテンツは The AWE Playground として別の雰囲気の会場にまとまっていました。


  25. 5/30 Day 2, 小さめのブースは Startup エリアに集まっていました。


  26. 5/30 Day 2, 特に目を惹く2台の Looking Glass をきっかけとして多くの方がブースに立ち寄ってくれました:D


  27. 5/30 Day 2, 予想だにせず North by Focals の移動販売車が来ていて即日で手に入れられる状態になっていました!


  28. 5/30 Day 2, Looking Glass 違いの VR Charging Cart がちょっと便利そうでした。


  29. 5/30 Day 2, 1日の最後に Auggie Awards Ceremony が催されて各 Finalist の中から1つが受賞しました。


  30. 5/31 Day 3, Augiie Awards の1つを受賞した nreal ブースは連日賑わいを見せていました。


  31. 5/31 Day 3, 会場の端っこの埋まらなかったブースはラウンジエリアとして転用されていました。


  32. 5/31 Day 3, 前日に Auggie Awards 各賞を受賞したブースにはトロフィーが飾られていました。


  33. 5/31 Day 3, 参加者投票で1位を獲得した Varjo は2日間とも体験待ち列が途切れることはありませんでした。


  34. 5/31 Day 3, 参加者に配布されていた Looks のバッグは1つ1つが固有のマーカーになっているイベント向きバッグ。


  35. 5/31 Day 3, 2日間に渡る長いようで短い7時間+5時間の出展を終えて我々の AWE 初出展は終了しました。


  36. Fin  現場からは以上です。