Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Effective E2E Test In An Electron Application

B72422afc5f3ffc844f672b59122e16d?s=47 joe_re
April 24, 2017

Effective E2E Test In An Electron Application

第36回 西日暮里.rb 「Electronではじめるアプリ開発」発売記念 LT

B72422afc5f3ffc844f672b59122e16d?s=128

joe_re

April 24, 2017
Tweet

Transcript

  1. Effective E2E Test In An Electron Application @joe­re

  2. Who am I? twitter: @joe_re github: @joe­re 西日暮里.rb オーガナイザ working

    in freee.K.K
  3. 最近本を書きました

  4. 今日はElectron の E2E テストの書き方について 3 つのポイントをお話します

  5. Spectron

  6. What is Spectron? Electron アプリケーションのE2E テストを実行するための テストツール テストコードの中でElectronAPI を叩くことができる ChromeDriver

    + WebDriverIO を通じてアプリケーションの 操作、情報取得が行える
  7. Demo CafePitch https://github.com/joe­re/cafe­pitch Electron 製のマークダウンで書けるプレゼンツール このスライドもCafePitch で作っています

  8. Example const app = new spectron.Application({ path: 'path/to/your/app' }); describe('application

    launch', function () { this.timeout(10000); beforeEach(function () { return app.start(); }); afterEach(function () { return app.stop(); }); it('shows an initial window', function () { return app.client.getWindowCount().then(function (count) { assert.equal(count, 1); }); }); });
  9. Strong Points Webdriver.io を通じて、任意のDOM 要素にアクセスして テストが書ける Electron のAPI をテストコードの中から透過的に呼び出す ことができる

    Electron 内部のChromium をそのまま使うのでセットアップ の手間がない( 基本的にパスを指定するだけ) Travis やAppVeyor などのCI サービスをサポートしている
  10. しかし、E2E テストは 壊れやすくメンテナンス が大変...

  11. Effective1: Using Page Object Pattern

  12. Why maintenance of E2E tests are difficult? E2E テストは画面変更に弱い 画面を変更すると関連するすべてのテストケースに

    影響がある 画面要素へのアクセスが大量に発生するので 修正すべき箇所を把握しづらい
  13. Page Object Pattern is... テストコードをページとシナリオに分ける アプリケーションの1 つの画面をオブジェクトと捉える (Page Object) Page

    Object にはアサーションは含まず、 ページ操作を振る舞いとして記述する アサーションはシナリオに記述する (Page Object はライブラリとして利用されるイメージ) PageObject にはアサーションは含まない 他にも原則があるので、詳しくはSelenium の公式ページへ (https://github.com/SeleniumHQ/selenium/wiki/PageObjects)
  14. Strong Points シナリオから煩雑な画面操作が取り除かれるので、 見通しが良くなる 複数のシナリオから1 つのPage Object を利用するので、 画面変更時にはPage Object

    を変更するだけで良い ( 画面変更に強い) Page Object の振る舞い === 画面操作となるので、 変更箇所の把握が用意になる
  15. Example export default class SlideEditorPage { constructor(private client: Client<void>) {}

    inputText(text: string): WebdriverIO.Client<void> { return this.client.waitForExist('#editor').then(() => { this.client.setValue('#editor textarea', text); }); } getSlideHtml(): WebdriverIO.Client<string> { return this.client.waitForExist('.slide-content') .then(() => this.client.getHTML('.slide-content')) .then((html) => typeof html === 'string' ? html : html.join()); } ... }
  16. 話は変わって

  17. 皆さんE2E テスト 書いてますか

  18. テストが失敗したとき どうしてますか

  19. E2E テストの失敗は 原因を追うのが難しい...

  20. そこで

  21. Effective2: Record the state at the time of test failure

  22. Electron + Spectron のAPI を利用して 失敗時の状態を取得して記録する 画面キャプチャ BrowserWindow.capturePage() ログ client.getRenderProcessLogs()

    client.getMainProcessLogs()
  23. Demo

  24. Example function capturePage(app: Application, testName: string) { return app.browserWindow.capturePage().then((img) =>

    { fs.writeFileSync(`${outputDir}/capture_${testName}.png`, img); }); } function reportLog(app: Application, testName: string) { return Promise.all([ app.client.getRenderProcessLogs(), app.client.getMainProcessLogs() ]).then(([ rendererLogs, mainLogs ]) => { const logs = JSON.stringify({ renderer: rendererLogs, main: mainLogs }); fs.writeFileSync(`${outputDir}/logs_${testName}.txt`, logs, "utf8"); }); }
  25. Effective3: Mock a native API

  26. 現在のSpectron(v3.6.2) では メニューの操作やファイルダイアログの 操作はできない https://github.com/electron/spectron/issues/21 Menu のAPI がJSON にserialize されていないので、process

    間通信が必要なSpectron では操作が難しい アプリケーションの操作をChrome Driver を通じて行うのが Spectron の基本なので、これらのnative なAPI を必要とする 操作に対するサポートはまだ不十分
  27. ところでElectron は ネイティブなAPI 呼び出しも、 JavaScript から 扱えるようにするため、 JavaScript のレイヤーで ラップしている

  28. つまりElectron のAPI を 局所的に差し替えてしまえば テストができる

  29. Electron のrequire オプションを利用する Electron は --require オプションで、起動直前にスクリプト を読み込ませることができる これを利用して、テスト実行時だけ1 部のElectron

    のAPI を 書き換えるスクリプトを読み込む
  30. Menu は作ってライブラリにした spectron­fake­menu https://github.com/joe­re/spectron­fake­menu Spectron から任意のラベルを持つメニューの クリックができる fakeMenu.apply(app); // apply

    fake menu fakeMenu.clickMenu('Config'); // 'Config' Menu click fakeMenu.clickMenu('File', 'CloseTab'); // File->CloseTab Menu click
  31. ダイアログはこんな感じで差し替える const { dialog } = require('electron'); function mockShowSaveDialog() {

    return 'sandbox/test.md'; }; function mockShowOpenDialog() { return [ 'sandbox/test.md' ]; }; dialog.showSaveDialog = mockShowSaveDialog; dialog.showOpenDialog = mockShowOpenDialog;
  32. Demo

  33. E2E テストでモックを使うのは 基本的にマナー違反なので、 あくまで必要最小限にしましょう

  34. おさらい Effective1: Using Page Object Pattern Effective2: Record the state

    at the time of test failure Effective3: Mock a native API
  35. ところでこの話は全部本 に書いてあります( 宣伝)

  36. Thanks for your attention!