Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Ethereum, Hi-Ether and me

B9961f080b313b7187214f7ebb42c441?s=47 june29
September 29, 2018

Ethereum, Hi-Ether and me

Rejectcon 2018 (builderscon tokyo 2018 番外編) https://techplay.jp/event/686258

でお話させてもらったときの資料です。

B9961f080b313b7187214f7ebb42c441?s=128

june29

September 29, 2018
Tweet

More Decks by june29

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Jun OHWADA - @june29 DAOを目指す Ethereum技術者コミュニティ 「Hi-Ether」の挑戦

  2. こんにちは!

  3. わたしについて • 大和田 純 (おおわだじゅん) といいます • 源氏名 @june29 で活動しています

    https://june29.jp • 誕生日が1983年6月29日 • 北海道生まれ、少年漫画育ち、愛妻家 • GMOペパボでウェブアプリ開発やエンジニアリングマネージャ業 • ウェブ大好きっ子
  4. None
  5. Hi-Etherについて • 2017年11月に誕生 • Slackに約800人のメンバーが存在 • 1ヶ月に1回くらいミートアップを開催 • Ethereumのコミュニティ •

    日本発のコミュニティ • 技術者のコミュニティ
  6. DAOを目指す Ethereum技術者コミュニティ 「Hi-Ether」の挑戦

  7. このトークの楽しみ方 • 資料はこのあと公開します • 内容の記録をがんばらなくてもオッケーです • 参考文献リンク集も公開します • @june29 は双方向性の高いコミュニケーションを好みます

    • 思ったことなどあればトークのあとに話しかけてください • もちろん #rejectcon2018 のツイートはぜんぶ読みます
  8. キーワード? • ブロックチェーン • 暗号通貨 (BTC、ETH、XRP、XEM…) • Ethereum • ÐApps、スマートコントラクト、スマートトークン

    • Cryptoeconomics • 非中央集権、自律分散組織 (DAO) • コミュニティ、組織、社会
  9. なにをbuildする話? • 具象としては、 • ÐApps、ブロックチェーンアプリケーション • それらを通じて、 • Hi-Etherというわたしたちのコミュニティ •

    よりよいコミュニティ、よりよい組織、よりよい社会
  10. None
  11. Ethereumについて • Vitalik Buterinによって2013年後半に生み出される • 分散アプリケーションプラットフォーム • 「World Computer」「Web3.0」 •

    内部通貨としてのEtherを持つ • Solidity言語によるスマートコントラクト開発
  12. ウェブの人がどうしてEthereumの話を? • 単に「新しいものは刺激的」というのもありつつ • 「Web2.0」から10年以上が経過している → 次のパラダイムは? • さまざまな形態や規模の組織に身を置いてみて、感じてきたこと •

    コンウェイの法則、ソフトウェアと組織の関係 • Cryptoeconomicsに感じるワクワクを言葉にしたい、共有したい • あなたにとっての Something New でありますように!
  13. Cryptoeconomicsについて • Cryptography + Economics = 暗号経済学??? • 暗号技術の上に経済圏をbuildする •

    個が経済合理性にもとづいて行動したときに、
 
 総体としての系が所望の性質を持つように仕組みを設計すること • 実例としてのBitcoinを見てもらうのがよいと思う
  14. DAOを目指す Ethereum技術者コミュニティ 「Hi-Ether」の挑戦

  15. Ethereumと、Hi-Etherと、 わたしの胸を踊らせるもの。

  16. わたしが挑戦してみたいと思っていること • Hi-Etherの内側の話として、 • ミートアップ開催の可否を投票で決めるシステム • イベント参加費の学割システム • 貢献実績が可視化されるシステム •

    貢献した人に正当な対価が支払われるシステム • Hi-Etherの一員として、世の中に向けて、 • ウェブをよりよいものにするためのシステム
  17. None
  18. None
  19. None
  20. None
  21. None
  22. None
  23. None
  24. None
  25. None
  26. とはいえ、目下の課題はたくさん! • スケーリング問題 • 手数料問題 • ユーザインターフェイスどうするの問題 • セキュリティの問題 •

    ツールセット未成熟問題 • まだまだEtherを保持している人が少ない問題
  27. None
  28. 参考サイト、リンク集 • Ethereum 開発者向けコミュニティを作ったよ
 https://qiita.com/amachino/items/605ff76209d7193dc92c • Gakusei - Universal Student

    Verification
 https://speakerdeck.com/amachino/gakusei-universal-student- verification • ALIS https://alismedia.jp/ • Steemit https://steemit.com/ • バンコクのEthereumミートアップで語られたVitalikのトークまとめ
 https://medium.com/cryptoage/crypto-savetheintenet-cd89d5fac918
  29. 参考サイト、リンク集 • Factchain MVP status report
 https://speakerdeck.com/ymatsuwitter/fact-chain-mvp-status- report • cryptoeconomics:

    crypto-backed mechanism design
 https://m0t0k1ch1st0ry.com/blog/2018/08/05/cryptoeconomics/ • Hi-Con 2018 - Ethereum Developers Conference in Japan
 https://conference.hi-ether.org/