自動化を支えるCI/CDパイプライン

65a3da2a3ea81681b78bd49e85912407?s=47 Junichi
March 19, 2019

 自動化を支えるCI/CDパイプライン

Azure DevOpsツールを使ったCI/CD導入例を紹介します

65a3da2a3ea81681b78bd49e85912407?s=128

Junichi

March 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. 19.

    CI/CDツールにAzure DevOpsを選んだ理由 Azure DevOps とは? マイクロソフトの DevOps ツールで、Git リポジトリやプロジェクト管理のためのカンバンボード、ダッシュボー ド、CI/CD

    のパイプライン作成など、様々な機能を有している https://medium.com/@yuhattor/microsoft-の-devops-への道のり-db59c0848d78より一部抜粋 参考 https://medium.com/@yuhattor/microsoft-の-devops-への道のり-db59c0848d78
  2. 30.

    テストサイズによる分割 Googleが提唱しているTest Sizesの概念を参考にテストフェーズを分割を試みた Test Sizesとは? ▪ Small ネットワークアクセスなどは全てモック化し、外部の依存がないテスト   単体テスト

    ▪ Medium ローカルホストだけからのアクセスがある環境でのテスト ▪ Large プロダクション環境に近い環境でのテスト エンドツーエンドまたはシステムテスト
  3. 35.

    CIパイプライン CIパイプラインのタスクをコードベースで 管理 ↓ テンプレート化ができた 変更に強くなった pool: name: Default-Pool demands:

    maven steps: - task: Maven@1 displayName : 'TEST COVERAGE' inputs: mavenPomFile : ut/pom.xml goals: 'clean verify jacoco:report -Dwebs.mock="mock"' codeCoverageToolOption : JaCoCo codeCoverageClassFilter : '+:**.batch.facade.*,+:**.batch.util.*' - task: Docker@1 displayName : 'Build an image' inputs: azureSubscriptionEndpoint : 'sampleEndPoint' azureContainerRegistry : sampleEndPointRegistory imageName : 'sampleEndPointRegistory/$(Build.Repository.Name):$(Build.BuildNumber)' - task: Docker@1 displayName : 'Push an image' inputs: azureSubscriptionEndpoint : 'sampleEndPoint' azureContainerRegistry : sampleEndPointRegistory command: 'Push an image' imageName : 'sampleEndPointRegistory/$(Build.Repository.Name):$(Build.BuildNumber)'
  4. 37.