Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

リモートリポジトリの操作 / GitHub Remote

A10e41b0a61d59f2258d7f6172c33479?s=47 kaityo256
October 08, 2021

リモートリポジトリの操作 / GitHub Remote

物理情報工学ソフトウェア開発演習

A10e41b0a61d59f2258d7f6172c33479?s=128

kaityo256

October 08, 2021
Tweet

Transcript

  1. 1 リモートリポジトリの操作 慶應義塾大学理工学部物理情報工学科 渡辺 物理情報工学ソフトウェア開発演習

  2. 2 • リモートリポジトリの操作について学ぶ • 特に、以下について理解する • どのコマンドでどのブランチが動くか • どのコマンドでどこが同期されるか •

    ローカルとリモートの状態の変化
  3. 3 • Gitはローカルに全ての情報を持ち、履歴を管理できる • しかし、多人数開発の時には、「開発に関わるみんな」が参 照可能な場所にリポジトリが欲しい • 個人開発でも、「どこからでもアクセスできる場所」にリポ ジトリがあると便利 リモートリポジトリ

  4. 4 .git リモートリポジトリ .git ローカルリポジトリ (ワーキングツリーを 持たないベアリポジトリ) ワーキングツリー .git ローカルリポジトリ

    ワーキングツリー
  5. 5 .git リモートリポジトリ • どこからでもアクセスしたい • 認証をきっちりしたい • 自分で作りたくない ホスティングサービス

    .git .git ホスティングサービス 企業がサーバを貸し出すサービス メールやウェブサーバ、データなど Gitのホスティングサービスを提供するのがGitHub ※ 他にGitLabやBitBucketなど
  6. 6 中央リポジトリ • プロジェクトメンバーで共有するリモートリポジトリ • 通常、リモートリポジトリはこれ一つ • Gitは複数のリモートリポジトリに名前をつけて管理で きるが、通常はoriginというリモートリポジトリ一つで 運用

    • Gitホスティングサービスに置くことが多い • リモートリポジトリは一つ • 名前はorigin • 置き場所はGitHub 本講義では今後、以下を前提とする
  7. 7 ワーキングツリーを持たないリポジトリのこと 通常のリポジトリの.gitディレクトリがトップレベルディレ クトリになったような中身 「プロジェクト名.git」という名前とする .git ローカルリポジトリ ワーキングツリー リモートリポジトリ project

    project.git 例: projectというプロジェクトなら、リモートリポジトリはproject.gitにする ※ git init --bare で作成可能だが、自分で作ることはほとんどない
  8. 8 .git リモートリポジトリ リモートリポジトリにアクセスするためには 「場所」「方法」「本人確認」が必要 場所 方法 本人確認 どこにあるか? どう通信するか?

    確かに本人か?
  9. 9 URL (Uniform Resource Locator) インターネットにおける「住所」 例えば https://www.github.comなど プロトコル ここではインターネットにおける通信手段のこと

    GitHubへのアクセスは、「SSH」か「HTTPS」 SSH (Secure Shell) HTTPS (Hypertext Transfer Protocol Secure) 認証方法は「公開鍵認証」←本講義ではこちらを使う 認証方法は「個人アクセストークン」
  10. 10 .git リモートリポジトリ fetch & merge (初回はclone) push .git ローカルリポジトリ

    .git ローカルリポジトリ commit 赤字がリモートとやりとりするコマンド
  11. 11 main リモートリポジトリ main ローカルリポジトリ ワーキングツリー .git $ git clone

    URL/to/remote.git リモートの「歴史」を持ってきて 最新のワーキングツリーを展開する
  12. 12 URLで指定されたリモートリポジトリから歴史をローカル に持ってきて、ワーキングツリーを展開する $ git clone リモートリポジトリのURL GitHubのappi-githubというアカウントのclone-sampleをクローンしたい場合 $ git

    clone https://github.com/appi-github/clone-sample.git $ git clone git@github.com:appi-github/clone-sample.git HTTPS SSH アカウント名 リポジトリ名 カレントディレクトリにclone-sampleというディレクトリが作成され、 そこにワーキングツリーが展開される
  13. 13 git push ローカルリポジトリ リモートリポジトリ ローカルで変更された「歴史」をリモートに反映させる ローカルリポジトリ リモートリポジトリ

  14. 14 git fetch ローカルリポジトリ リモートリポジトリ リモートで変更された「歴史」をローカルに取ってくる ローカルリポジトリ リモートリポジトリ

  15. 15 main リモートリポジトリ main origin/main ローカルリポジトリ main origin/main fetch merge

    フェッチは歴史を取ってくるだけ リモートのmainは「origin/main」 マージすることで修正を取り込む
  16. 16 • Gitでは、全てのリポジトリが全ての履歴を持つ • リモートリポジトリにアクセスして、歴史の 「同期」を取る必要がある 「上流ブランチ」と「リモート追跡ブランチ」を使う .git リモートリポジトリ

  17. 17 main リモートリポジトリ(origin) main origin/main ローカルリポジトリ 上流 (upstream) リモート追跡 (remote-tracking)

    ローカルのmainの上流ブランチがローカルのorigin/main ローカルのorigin/mainは、リモート(origin)のmainを追跡 上流ブランチはfetch, merge, rebaseでデフォルトの対象ブランチとなる
  18. 18 main リモートリポジトリ(origin) main origin/main ローカルリポジトリ main origin/main + $

    git fetch origin/mainは動くが、mainは動かない HEAD HEAD $ git fetch origin main =
  19. 19 main origin/main HEAD main origin/main HEAD $ git merge

    $ git merge origin/main = ローカルリポジトリ ローカルリポジトリ マージして初めてローカルのmainが動く マージのデフォルト対象は上流ブランチ
  20. 20 main origin/main ローカルリポジトリ main リモートリポジトリ(origin) $ git push main

    main origin/main + $ git push origin main =
  21. 21 git fetch、git pushによりローカルのブランチは動かない 動くのはローカルにある上流ブランチ git merge, rebaseではローカルのブランチのみ動く リモートのmainとローカルのorigin/mainが同じ状態に ローカルのmainとローカルのorigin/mainが同じ状態に

    ローカルのmain,origin/main、リモートのmainが同じ状態に 動くもの、動かないもの 同期するもの どのコマンドで何が動くか、何が同期されるのかを把握すること git fetch: git merge: git push :
  22. 22 main リモートリポジトリ main origin/main ローカルリポジトリ main origin/main fetch merge

    $ git pull フェッチとマージを続けて行う 事故が起こりやすいので、慣れるまでは使わないこと
  23. 23 リモートリポジトリの設定、変更、削除、表示を行う $ git remote -v リモートリポジトリのURLに名前(通常はorigin)を付けて登録 GitHubにローカルリポジトリを登録する際に必要 その後、上流ブランチを設定しながらプッシュする origin

    https://github.com/appi-github/clone-sample.git (fetch) origin https://github.com/appi-github/clone-sample.git (push) 実行例→ $ git remote add 名前 URL リモートリポジトリのURLを表示 $ git push –u origin main
  24. 24 c1 c2 c3 main c1 c2 main c4 リモートリポジトリ(origin)

    main ローカルリポジトリ c1 c2 c3 rebaseによる 歴史改変 $ git push c1 c2 c3 main リベースにより歴史がリモートと矛盾するとプッシュできなくなる
  25. 25 c1 c2 c3 main c1 c2 main c4 リモートリポジトリ(origin)

    main ローカルリポジトリ c1 c2 c3 rebaseによる 歴史改変 $ git push -f 強制プッシュ c1 c2 main c4 強制プッシュ(-f)により、歴史を上書きできる
  26. 26 リモートリポジトリ(origin) c1 c2 main c4 c3 main origin/main ローカルリポジトリ

    c1 c2 c3 上流 (upstream) リモート追跡 (remote-tracking) 改変された歴史が強制プッシュされると、他の人のリポジトリと歴史が矛盾する リモートにプッシュ済みのブランチをリベースしない
  27. 27 Gitにおける作業の流れ 1. git fetch によりリモートの更新をダウンロード 2. git mergeによりリモートの更新を取り込む 3.

    git switch -c newbranchにより新しいブランチを作成して作業開始 4. 作業が終了したらmainにマージ 5. git pushにより、ローカルの更新をアップロード Gitのリモートとローカル • どのコマンドでどのブランチが動くかは慣れるまで 把握しづらい • 「上流ブランチ」と「リモート追跡ブランチ」の挙 動に注目して理解すると良い