Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

How to make good suggestion to your team

4fd9762d684626a2dd6c734c3e17d225?s=47 kasumi8pon
September 28, 2021

How to make good suggestion to your team

4fd9762d684626a2dd6c734c3e17d225?s=128

kasumi8pon

September 28, 2021
Tweet

Transcript

  1. チームによい提案をするには @kasumi8pon 2021/09/18 XP祭り2021

  2. 自己紹介 @kasumi8pon いくつかの職を経たのち 2020/1/1 ~ ESM, inc で アジャイルな受託開発 2年目

    約1年半で現在 5 つめのチーム
  3. チームに提案をしたくなるとき こんなことを考えた経験はありませんか? • チームにアジャイルプラクティスを取り入れたい • 最近流行ってる新しい方法を試してみたい • 新しく入ったチームでこんなやり方をしてるけど、こっちの 方がやりやすくないかな? そのまま口に出してみたら、

    あなたのチームはどういう反応をする?
  4. とあるチームでは… ① 「バージョンが古いまま止まっているライブラリが多くあるの で、定期的にバージョンアップ作業をやる時間をとりません か?」 「まとまった時間をとるのは難しいですが、少しずつ時間をとっ てやってみましょう!」 受け入れてもらえた

  5. とあるチームでは… ② 「プルリクエストやコミットメッセージに仕様についての情報が 少なくて、レビューが難しいです。こんなプルリクエストテンプ レートを使ってみませんか?」 「とりあえず使いたい人が使ってみましょうか」 その後結局定着せず わかってもらえなかった

  6. 相手の反応とその理由を考える 「いいね!取り入れてみよう」 「よく知らないけど、とりあえずやってみよう!」 「うーん、忙しいんだけど…。時間取られたりしないかなあ?」 いろんな反応がある。理由を想像してみよう

  7. 受け入れてもらえたケース • バージョンアップの必要性はみんな認識していた • やりたいけど時間が取れずできなかった • 少しずつ進めるという方法が今のチームにあっていた

  8. 受け入れてもらえなかったケース • すでに長いことチームにいた人は、仕様をほとんど知って いるので必要性を感じてもらえなかった • テンプレートを使うと記述量が増える

  9. いろいろな背景がある • 提案された方法を知っているか • その方法の効果を知っているか • その効果がチームの現状に必要だと感じているか • 現状を変えたいと思っているか •

    提案する側とされる側の間に信頼関係があるか 提案が受け入れられにくい環境でどうすればいいか?
  10. よりよい提案の方法を考えてみる

  11. 3ステップで考えてみる 1. 提案の前に 2. 提案するとき 3. 提案が受け入れられた後も 番外編 • 提案を受ける側としてできること

  12. 提案の前に • 提案が受け入れられやすい下地をつくる ◦ 課題を共有する ◦ 提案するタイミングをうかがう

  13. 課題を共有する • なんのために提案するかをわかってもらう ◦ 現状に問題を感じているから ◦ よりよい方向に進みたいから • この気持ちが共有できていないと、提案を受け入れるの は難しい

    • 課題を共有できていない状態の提案は、逆効果になる可 能性さえある
  14. 課題を共有するには • 自分が困っていることを伝える ◦ 「◦◦に困っています」 • 他のひとも困っているならば、それを引き出す ◦ 「◦◦に困っていませんか?」 •

    問題対私たちの構図を目指す
  15. 提案するタイミングをうかがう • 同じことを提案するのでも、ときによって結果が変わりうる ◦ 最近その提案によって解決できる課題に関する問題 が起きた ◦ 信頼関係ができているかどうか

  16. 提案するとき • 課題と価値を伝える ◦ 何を解決したい提案なのかを伝える ◦ チームにとっての価値を伝える

  17. 課題と価値を伝える • どっちの方が受け入れられやすいだろう? ◦ 「朝会やってみませんか?」 ◦ 「最近コミュニケーションが取れていなくて、認識のず れから作業に手戻りが発生することがあって困ってい ます。認識のずれを減らすために、朝会を導入して、 毎朝チームの現状を共有してみませんか?」

  18. 何を解決したい提案なのかを伝える • 提案が通らなかったとき、原因がわかる ◦ 解決したいことには同意だけれど、手段が受け入れら れないこともある ◦ 手段がダメなら別の道がある ◦ 別の道を閉ざさないために、目的を共有する

  19. チームにとっての価値を伝える • それを導入することによる効果を伝える • これまでに起こったことから具体例を挙げて、この問題が 解決できる、と伝える • その立場の人が求めている効果を伝える ◦ プログラマ、チームリーダー、プロダクトマネージャー...

    などなど
  20. 提案が受け入れられた後も • 提案の効果を計測する

  21. 受け入れられた提案の効果を確認する • 効果がなければ、それを認める必要がある ◦ 手段にこだわりすぎない ◦ 次につなげる • 効果があっても、それを認める ◦

    チームにとっての成功体験 • ふりかえりが効果の確認によい場になる
  22. 提案を受ける側としてできること • よい提案ができるように手助けする

  23. よい提案ができるように手助けする • 否定から入らない • 言葉が不足している場合は、情報を引き出す

  24. まとめ

  25. まとめ • チーム状況によっては提案が受け入れられづらいことも ある • 提案するときは、その前後もセットで考える • 課題を共有することに重点を置く • 自分が提案をうける側になった場合、よい提案になるよう

    に情報を引き出す